2017年12月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

旧アクセス数
2016/07/10現在
1010825

合計
1021585

Count per Day

  • 23903総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 18昨日の閲覧数:

日記

初の高校見学④ ~見学の順番~


劇場のようなエントランス。
そう、エントランスと言いたくなるような昇降口。

まず最初に飛び込んできたのは、制服の見本の展示。
色がかわいい。大好きなボルドー。
 
案内されたホールは、今から何を見せてくれるんですか?と思うような座り心地のよい椅子と傾斜。
高校って、こんなんなんだと思ってしまったのが間違い。

説明してくださった先生は、「どこに決めるにしても、いろんなところを見て、自分が納得してきめてください」と締めくくられた。
わが校に来てくださいではないところが気に入った。

その後授業参観があった。

まず最初に向かったのが英語の授業のクラス。
沢山の人なので、教室の後ろではなく、サイドまで入り込んで見学したら、目の前に、同じ中学の先輩がいたようで、
「まま、あの人、知ってる人や」と耳打ちしてくれた。
もちろん娘だけが知っている人で、体育祭の団長をしていた人らしい。
娘の中学から、5人くらいしか通ってないらしいのだが、その人が目の前にいたとはねと驚いた。
英語の授業は、何をやっているのか分かったが、数学の教室にうつったら、ちんぷんかんぷんだった。
一体何をやっているのだろう?古典は面白そう。化学も面白そうであった。

一通り見て、娘は、「英語だけ勉強できるところがいいなぁ」といった。
私も、数学を勉強したいとおもわへんなぁと思った。

この高校に見学に来たのは、女子サッカーがあるからなのだが、女子サッカーは、もうすでにクラブチームに入って、うまい人達がやっているのかどうかを質問したいと娘は言った。
質問をする順番を取りに行ったら、ずいぶん番号が高くて、しばらく待っていたのだが、この後、もう一つ別の高校の説明会に行く予定だったので、キャンセルし、学校をあとにした。

帰りは下り坂だったが、歩道橋はあった。
よく見ると、歩道橋を利用しない道もあり、そっちがよかった・・・。と思いながら、、電車に乗り込んだ。

次の説明会の前に昼ご飯を食べた。
懐かしい、高の原イオンで。
月に何度も料理教室で通ったが、料理教室が新大宮にうつったので、それ以来一度も訪れていなかった。
お昼を、お腹いっぱい食べてしまったのも行けなかったのだろう。
そこから歩いて数十分。こちらも緩やかな坂道。緩やかだったのだが、歩くスピードは相変わらず上がらない。歩く環境は午前中の高校よりよかった。
ところどころに生徒さんが立っていてくれて挨拶してくれたり、手書きの地図を渡してくれたので、迷わずに行けた。

午前中に素晴らしいエントランスを見てしまった私たちは、ショックを受けた。
普通だったのだ。
普通の体育館。そう、これが普通だよ。娘もショックを受けたそうだ。
私たちはパイプいすに座り、歓迎の吹奏楽の演奏を鑑賞した。
それから、二人とも、睡魔と戦うこととなった。
一番前の席で吹奏楽を聞きたかったので前の中央に陣取ってしまい、舟をこいだら丸見えだ。
説明を聴きに来たのに、全く説明が頭に入らない。睡魔が次から次へと襲ってくるのだ。
娘も同じく隣で戦っている。

説明してくれた生徒さんや先生には、本当に申し訳なかった。
しかし、睡魔は手ごわかった。
説明会が終わり、
必死の思いで高の原イオンに戻り、休息。
「まま、説明会の梯子はやめとこな」娘は言った。
疲れた。

梯子もやめるべきだが、高校の見学に行く順番も考えた方がいい。
最初に普通を見て、そして、次にすごいのを見た方がよい。
逆の場合のショックの方が、普通の評価が上がると思う。
また、私学に行けるのかどうなのか話し合ってから見学に行った方がよい。
行かせられないのに、いいものを見せられたら、残るのはストレスだ。

両校とも留学の説明が主だった。
今の時代は留学するのがあたりまえなのか。
娘はさっそく、留学したいと言っている。
留学したいなんて、言い出すのが驚いた。

高校が、どんなものかというよりも、自分の体力のなさに驚いたことの方が勝ってしまった。
2年後、日本一の山の頂上に立つことができるのであろうか?
娘の高校選びと共に、私の体力増強が課重大な課題だということが分かった初の高校見学でした。

おしまい。

初の高校見学② ~育てたように子は育つ~


娘が、8時45分と言ったのに、朝からスマホをさわり、テレビもつけている。もちろん、寝巻のままだ。
(今日は、何も言うまい…)
私は、何も言わず、自分の準備を済ませ車に乗り込んだのが約束の2分前。
さて、娘は、何分遅れで出てくるだろう。
3分も遅れたら、承知しないぞと思っていた。
なんと、8分も遅れて現れ、そして、車に乗り込んでから
「上靴どうしよう・・・」といった。
私は、黙っていた。
数秒の沈黙の後、娘は取りに戻った。
なぜ、数秒沈黙するのだ。
私の指示を待っていたと思われる。
そういう風に育ててしまったということである。
約束の時間にも遅れ、持ち物も用意しておらずに、朝から、スマホとテレビ。
初めて高校の見学に行くというのに、何の緊張もないのだ。
また、ここで、説教かと思ったが、初めての高校見学なのに、怒りながら行きたくない。
今までの、私の育て方が、ここに現れているだけなのだ。
娘は、わざと機嫌のよいような声を出してきたので、私もそれに乗っかった。

一週間ほど前から、スマホ終了時間を超えてスマホを触っていたため、私の中では、娘のスマホを取り上げる準備を心の中で着々と進めている。
娘には、何も告げていないが、勝手に執行猶予を設けている。
スマホを触っていたとしても、けじめある生活をしているのなら、大目に見ようと思っていたが、このありさまだ。

駅まで運転しながら、できれば電車に乗り遅れたいと思っていた。
そして、説明会に遅刻するという経験を娘に味わわせたい。
しかしながら、予定していた駅前の駐車場も空いており、スムーズに駐車し、乗ろうと思っていた電車に乗れてしまった。
なんだか、釈然としない。
8分遅れたが、間に合ったのだからいいやと思えない。
ここでの問題は、出発しようと言った時間に8分も遅れたことである。
そこを、すり替えてはいけないのだよ。と自分に言い聞かせる。

京阪の桃山南口という駅で降りて、そこから徒歩だ。
同じ部活の子も途中で合流する形となり、一緒に歩き始めた。

ここから、思わぬ出来事が待ち構えていた。

つづく・・・。