2017年12月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

旧アクセス数
2016/07/10現在
1010825

合計
1021585

Count per Day

  • 23903総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 18昨日の閲覧数:

躾はじめました

初の高校見学① ~また、育て方が問われるの巻~


中3の娘と初の高校見学に行ってまいりました。
中3になると、いろんな高校のチラシをもって帰ってくるようになりました。
こんなん、私の時代にはなかったです。
いつから、こんなことになっていたのか。
わかりやすくていいですね。

というわけで、娘が行きたいとチラッと口から出ている高校が同じ日に説明会があったので、説明会の梯子をすることになった。
この日もいつものごとく、私がどのように娘を育ててきてしまったが露呈することになる。

前の日に、「明日は、のんちゃんが案内してや。何時に行くとか次はここやとかいうてね」と言っておいた。
そういわれてから娘は、調べ始めた。のんきな娘である。
先日、神戸に研修に行くのに、班長となって引率をしたらしいが、ほんまかいなという気がしてくる。
学級通信では、どの班長もよく頑張ってくれた書いてあったが、その準備をするための時間を学校は設けているのである。
日頃の生活では、その時間を設けるということが一番難しいのだ。
自分の時間の中で、やるべきことをやれる時間をどう作るかが一番の難関だ。
私だって、お膳立てしてもらえれば、なんだってできる。たぶん。

というわけで、私にそう言われて調べはじめた娘。

「なんていう駅で降りるん?」と聞く娘に、
「だから、それを調べるんやんか」と返す私。

(持っていくものとか、わかってんのか?娘さん)と思い、ふと思い出す。
「あっままちょうど、上靴持って帰ってきてるわ!天才や」と言ってみた。

明日は9時10分の近鉄にのるので、「8時45分くらいに家を出る?」と娘が言った。
そう、『娘が言った』のだ。

つづく。

考えたら、わかるやん


数日前から、娘が弁当箱を流し台に出さなかったのをきっかけに、洗い物を全部やりなさい!とほおっておいた。家人にも手を出さぬよう伝えた。

土曜日部活から帰宅した娘に、洗わなければ増える一方だと告げたが、洗う気力がないといい、放置。
私も放置。
日曜日も娘は部活。
家にいるものが皿を使い洗い物は増えていくが放置。
私一人、夕方から出掛けることになっていた。
夜、帰宅したときにどうなっているだろうと山積みの皿たちを横目に家を出た。

夜帰宅すると、シンクは美しくなっており、娘は日焼けした顔でこたつで寝ていた。
一人で洗ったのだろうか?
我慢しきれず家人が洗ったか?

翌朝、目を覚ました娘に聞いてみた。
「食洗機さんにも手伝ってもらった」とニコニコしながら言った。
食洗機をあけると、驚くほど食器が詰め込まれている。
こんなに詰め込んだら、洗えないではないか。
取り出してみると、案の定あちこち、洗えていない。

娘が学校に行ってから、「こんなに詰め込んだらあらえへんということを、知らんのやなぁ」と言いながら洗えていない食器と洗えているものに分けはじめたら、家人が言った。
「重ねても洗えるでと言って重ねるようにいうた」と。
「こんなに入れたらあらえへんのわかるやん。考えたらわかるやん」というと、「入れられるようにしてあるから、そこに入る分は入れていいってことやろ?」という。
アホですか?
「考えたらわかるやん。下から水が出るようになってて洗うのに、重ねすぎたら水が当たらへん部分が出てくるやんか。ほら、これが証拠や。汚れとれてないやろ?」

汚れがとれていないのに乾燥までしているので、余計に汚れがこびりついている。

どうして、こういうことがわからないのだろう?

見たらわかるやん。どうやって洗うのか。

それに、食洗機に洗わせたら苦労してないやん。

「家のことは、誰かがそのつど綺麗に保つように動いてるから綺麗な状態になるんやで、勝手になってるんじゃないねんで」
「洗う気持ちがないときに、洗うの嫌やったやろ?だから、いまだしなさいと言うたときに、出してほしいねん。気持ちわかったか?」と学校に行く前に娘に伝えた。

この日の夕方私が仕事から帰ると、
洗濯物は取り込まれ、弁当箱を出して、水につけてありました。

いつまで続くかな?