2018年1月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

旧アクセス数
2016/07/10現在
1010825

合計
1021585

Count per Day

  • 24623総閲覧数:
  • 8今日の閲覧数:
  • 23昨日の閲覧数:

躾はじめました

手を合わせて「いただきます」


娘が、明日からバランスのとれた朝御飯を用意してくれといった。
味噌汁をつくっても、てをつけないから、おにぎりだけの朝御飯だった。年明けは餅ピザを毎日。

娘のいう通り、ご飯に味噌汁、おかずにデザートを用意した。

すると、食べる前に手を合わせて「いただきます。まま」とこちらを向いていった。

おにぎり一個を食べるときは、挨拶なんてしなかった。

今まで、手を合わせて挨拶をするのを見たことがなかったのは、ちゃんとしたご飯を用意してなかったからなのかと気がついた。

はしおき


箸置きを置いて箸をおく。

目の前はご飯茶碗にご飯がよそってあるだけだ。
たったそれだけだけど、娘は茶碗をかかえ、箸の上げ下げの所作をみごとにやってのける。
箸置きを用意するような料理はしていなくても、お茶碗の目の前に箸置きだけでも、身につくものなのだと知った。

普段、行儀が悪くご飯を食べている娘だが、箸置きに箸をおいて置くと、たまにスイッチが入り、きれいな箸の上げ下げをする。

今日の、「とと姉ちゃん」でのワンシーン。
皆で食事する場面があった。
さあいただこうという掛け声で、皆が一斉に箸をあげるのだが、登場人物6人中、2人がきれいな所作だった。
この場面に演技指導は入っていたのだろうか?と考えた。主人公と、そのすぐ下の妹役の二人が、美しく、あとの年上の男性、男性、年上の女性、一番下の妹の4人は、まず箸を持ち上げ皿を持っていた。
何の演技指導もなかったのだとしたら、二人の女性は日頃から、美しい所作を心得ているということだ。
手つきが自然だったので、そうかもしれない。
やはり、美しい所作はみていて気持ちの良いものだ。

とと姉ちゃんたちの食事も特に豪華のものではなかった。
娘も毎日とうもろこしご飯がメインの食事だが、それでよいのだ。
マナーは、どんな状況でも身に付けることができる。

迷い箸がいけないと、教えるほどの鉢の数がないので、娘が迷い箸をすることは永遠にないかもしれない。
もしかしてよそで食事をよばれるときに、娘の持つ箸は、迷いに迷うかもしれない。