Daily Archives: 04/10/2015

将棋


亡き父が、驚く方法で残していった将棋の台。
父の自宅が全焼する前に、私が心の中で密かに(この将棋の台ほしいな…)と思っていた。
火事の前に、なぜか車に将棋の台と駒と駒の台を(ちゃんとした名前はなんだろな)積み、そして火事。他のものはまっ黒焦げなのに、将棋だけが残っていた。

そんな将棋の台がうちにあるのだが、使っていなかった。
先日、そうじをしていて、台を目の前にし、「のんちゃん、将棋でもするか」というと、「うん!」といい、やり始めるものの、駒の動きがわからず、「どうやったっけ?ここはあかんのちゃう?」などと、いっこうにすすまない。
そして、遊びは金振りにうつる。しかし、金振りでは物足りないらしかった新中学生はipadを持ち出して、ゲームを始めた。
なんやねん。ゲームかい。ゲームは禁止令が長くひかれておるだろう。そう思い見てみると、将棋のゲーム。
「まま!これでやろう!」

やってみると、何とご親切な!!!
動ける範囲が駒を指で押さえると盤上に表示されるではないか!!
そして、勝負がつきそうになると、そちらには進んではだめ×と駒が動かないようになっている。
完全に「詰み」の状態になるまで、させてくれるのだ。うっかりで負けないというか勝てないというか(笑)

親子の時間を作り出すのが難しい今頃になって将棋ブームがやってきた。
でも、だからこそ、娘との時間があえて持てるようになるという考え方もできる。

きっと亡き父が、娘の中学の入学を祝い、親子の時間を持てるようにと応援してくれているに違いない。