2015年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

旧アクセス数
2016/07/10現在
1010825

合計
1021585

Count per Day

  • 24770総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:
  • 122昨日の閲覧数:

Daily Archives: 06/03/2015

続々 どくだみ効果


というわけで、私の足の湿疹。

すっかりつるつるになったのですが、油断した。

つるつるになって、触れるくらいになったのをいいことに、掻いてしまった。

いったん掻き始めると、そりゃあもう気持ちいいのなんのって。

やめられないとまらない。

掻きたかったんだよ。かゆかったんだよ~。あ~~ここまで掻けるようになるまできれいになったんだ~とカイカイしちゃいました。

すると、案の定、ぷつぷつと気持ち悪い感じで皮膚が破けて、点々と細かい汁がにじみ出る。

あ~~お食事したところの方。もしくは今から食べる方。申し訳ございません。

やってしもた…。

でも、私にはどくだみちゃんという強い味方が付いているんだから、大丈夫!

そう思い、またシップ状態にしてみましたところ。

次の日、なんだか、内部にブツがあります。

つい先日ツルッとなっていたのに、なんだ?この内部の物体は??

そして、今度はまたどんどん悪化の一途をたどっていきました。

どくだみちゃんが怒ってしまったのか。

こんなに一生懸命治してるのに、掻くかぁ?と愛想をつかされたのかもしれません。

私は、しばらくどくだみちゃんと距離を置くことにしました。

私の湿疹は、パリパリに乾燥し、ひび割れ状態になりました。

また、【ふり出しに戻る】といった感じ。

そして、また、今、かゆみを抑えられるので、どくだみちゃんシップをしています。

前回のように、一度でうわ~~治ってる!という感じにはなりません。

面白いですね。

治る様子、悪化の様子だけ見てみると、ステロイドの治り方、再発の仕方と似ているではありませんか(笑)

もしかして、どくだみはステロイドなのか?

いやいや、自然のものなのです。私の家の庭に生えている葉っぱなのですよ。

今日、友人に、「毒を出してるんやんなぁ」と言われました。

「いっぱい毒持ってるもんなぁ~」とも。

私、自分が毒をもっているなんてまったく思っていないのに、失礼な奴です。

ところが、先ほど、風呂上がりにさて、ドクダミを積んでまた貼ろうと庭に葉をつみに行き部屋に戻って患部を見ると、小さい小さいハネアリみたいな虫が患部にくっついており、払いのけようと思いましたが、しばらく様子を見ていると、なななんと、私の患部から染み出た液体のせいなのか、フラフラフラフラと私の足の患部を歩き回ります。

元気ではない様子。

そして、ポトリと落ちた。

ひえ~~~~~~~~

ほんまに毒なん?私のここから出ている汁は!!!

そういえば、再発してから、臭いにおいを感じるようにもなりました。

毒が、本当に毒が出ているのかもしれません。

かわいそうな虫さん。私の体の毒によって生涯を終えるとは…。

もう、治すことをあきらめます。毒は出し切らねばいけません。

どくだみが庭からなくなるころまでには、毒が出きってほしいと思います。

どのような結末が待っているのか。

こうご期待。