Daily Archives: 08/14/2015

飲み会という名の勉強会


夏休みの始まりに、飲み会という名の勉強会に参加した。

勉強会という名の飲み会か(笑)

そこで、同い年くらいの子どもを持つ3人の母親達と話をすることができた。

みな、結構子どもに頑張らせて日々を過ごしているようだった。

私のように、テスト前に寝ている子どもに対して「よく寝てるなぁ。疲れてるんやなぁ」と見守り、起こしもしないなんてありえない話だ(笑)

いろいろ話す中で、「今は昔と時代が違う」というキーワードが出てきた。

私は、自分が勉強を親に応援してもらったこともないし、どの学校に行くかとか面倒を見てもらった記憶がない。

もちろん夏休みの宿題なんて、親が把握しているはずもなく、やるかやらないか本人次第。

これが、あたりまえだと思っていた。

しかし、最近の事情は少々異なるらしい。

集ったメンバーの一人が、「今は親が付いて勉強を見てあげないといけない時代だ」と先生が教えてくれたと話してくれた。

そういえば、先日の娘の三者面談でも先生が、「中学2年生の初めごろまでは、試験勉強をする習慣が付くように親が見てあげてください」と言われたのだ。

「え??先生。それ、ほんとの話ですか?」私は思わず聞き返したのだった。

「夏休みの宿題も、みてやらないといけないんでしょうか?」そう聞くと、先生は、それは別にかまいません。という返答。

受験をするならば、受験勉強ができるように今から勉強する習慣をつけなければならないということだ。

そうだ、娘は受験をするのか。そうだったそうだった。試験前に寝ていたら、起こさないとだめだったのだ。

この日の勉強会メンバーは4人で、そのうち二人が、子どもに対して特に期待をしておらず、どうなるか楽しみだという派。

あとの二人は、期待してしまい日々おしりをたたく派。であった。期待してしまう派は楽しみ派の子どもに対する接し方に驚く場面も多々あったようだ。

勉強会の翌日。

私は、昔はこうだった。とか、私は、そんなことやってもらった覚えはない。ということに囚われてすぎているのかもしれないなぁと自分を顧みた。

「今は時代が違う」ということばが、すんなりと私の心におちた。

私はよく、幼いころの自分と、今の娘を比較するところがある。しかし、育っている時代が違うのだ。

出勤前に、まだ起きてこない娘に手紙を書いた。

どうも私は、寝ている子を起こしたくないのだ。

小さいころ、寝なくて苦労したことがいまだに影響しているのだろうか?

*********************************

のんちゃん

中学の宿題、たくさんあるみたいだから、ままはいっぱいいっぱい手伝ってあげるからね。

だから自分でできることは、一人ですることはどんどん自分で終わらせていって、ままが手伝ってもいいものは、ままが力を貸すよ。

(中略)

小学校の時から言っているけど、一晩で一気に終わらせられるものと、毎日コツコツしないと取り返しのつかないものがあるよ。

よく見極めて、頭に入れて行動してね。

では仕事に行ってきます。

*********************************

私が出勤した後に起きてくると思って書いておいたのですが、書いている途中に起きてきて、読みはじめ、読み終わると、

どこから出したん?その声。というくらいかわいい声で、「ままぁ ありがと」といいました。

この出来事が、夏休みのはじめ。

そして、今、まだ一度も「まま手伝って~」と言わず、頑張って宿題をこなしているようです。

こんなことで、娘のやる気スイッチが入るなら、小学生の時から言ってあげればよかった。

4年生5年生と夏に大きな雷を落としたと記憶していますが、

夏の初めに「いっぱいいっぱい手伝ってあげるからね」の一言でよかったのかもしれません。

子どもって親が応援してくれると思うだけで、頑張れるのかもしれないなぁ。

今までは、敵同志の関係だったけど、今年からは、味方の関係になったような、そんな感覚になりました。

それもこれも、飲み会メンバーの皆さんとお話しできたから気が付けたこと。

飲み会という名の勉強会は今回も大きな実りがありました。

母は心を入れ替えて、娘の味方になりますよ。

今までも味方のつもりだったんだけどね。

さっ また勉強会企画しなくっちゃ(^_-)-☆

おしまい。