2015年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

旧アクセス数
2016/07/10現在
1010825

合計
1021585

Count per Day

  • 23903総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 18昨日の閲覧数:

Monthly Archives: 10月 2015

あこがれの存在


いつも思う。
あなたのようになりたいと。
すべてのものを受け入れて、そして、一つにまとめ上げる。
個性的なものたちを一つのボウルに次々と投入する。
色もバラバラ、味もバラバラ、
動物性でもいい植物性でもいい。
すでに火が通っているのでもいい。生でも乾物でもいい。
食べられるどんなものでも一つにまとめ、そして、美味しく仕上げてくれる。
あなたは小麦粉。
いつも具材を混ぜながら、私も、あなたのようになりたいですと思う。
お好み焼きという名前を作った人もすごいなと思いながら混ぜる。
小麦粉は小麦粉だけでは力を発揮せず、水というパートナーが必要だ。
双方全く違う性質のものなのにお互いが協力し合い、個性的な面々をまとめ上げる。
単体では食べてくれない、なすびも青菜もお好み焼きに入れると食べてくれる妙。
小麦粉と水、そしてお好み焼きという食べ方を作ってくれた人に感謝とあこがれの気持ちをもって作っている。
私もあなたのようになりたいです。

防音の扉越しの笑顔


6年生の春から、高槻にドラムを習いに行きはじめ、気がつけば一年以上通いました。
はじめは月に一度一時間のレッスンにしていましたが、一時間は長かったようで、一回30分のレッスンに切り替えました。
家では全く練習しないので、娘がどれほど上達しているのか全く知りませんでしたが、先日、レッスンを少しのぞいてみると、もう私にはまねができないほどスティックが踊っているではありませんか!
友人が、『少しだけでも習うといいよ』と教えてくれたおかげで、こんなに叩けるようになるとは驚きです。
叩き終わると、娘はニッコリ笑っています。
先生の指示を聞きながら、うなづいたりニッコリ笑ったりする顔が見えます。
防音の扉越しに見る娘の笑顔。
音が聞こえないからか、目に映る娘の笑顔がいつもより輝いて見える。
【この笑顔を今見ることができる。私の今までは、何一つ間違っていなかったのだ】
そんな思いがこみ上げてくる笑顔でした。

育児に疲れたら、両耳をふさいでわが子を眺めてみるといいかもしれません。
普段見過ごしていた幸せがそこに見えて来るかも。