Daily Archives: 04/07/2016

うたうたいへの道~バンドを組む②これまでのお話~


感動していただくためには、少しこれまでのいきさつをお話しておかないといけません。
ふり返って、以前からの【うたうたいへの道】のカテゴリーの記事を読み直していただくと、より、これからお伝えする話がリアルに感じられ、うまくいけばゾゾゾッと鳥肌がでた~~と、体の反応も見られるかもしれません(笑)

わざわざふり返って読み返したくないという方、初めてこのブログにたどり着いたというあなたのために、ダイジェストでお話しすることにいたしましょう。

私が「うたうたいになります」と宣言したのは、今から一年前の2月。旧暦の新年を迎えたころ、とある場所での新年会の出来事でした。
その場所というのは、近鉄丹波橋駅から徒歩1分のところにある『ゆらね』さん。
推拿(すいな)という陰陽五行をベースにした中国伝統手技療法とレイキという日本発祥のエネルギーワークを伝えることをされている場所。
推拿(すいな)やレイキのほかに、「暦と体のお話会」をされており、我が家にお越しいただいてこのお話会を何度かしていただいていたつながりで、旧暦の新年に『ゆらね』さんでの新年会に参加したというわけでした。
新年会では、ゆらねの哲哉先生と奥様と、哲哉先生のお友達という男性と私の4人が集まりました。
暦と体のお話会では、「春に蒔いた種は秋に刈り取ります。なので、春に物事を初めて秋に発表しましょう。実らせて刈り取るのです」と教えてもらい、新年の決意表明となったわけです。
哲哉先生のお友達という方は、ギターのアンプを作ることが趣味で、ギターの教室の先生もされているという方でした。
そんな話を伺っていると、私の頭に、『秋の発表はギターの伴奏で発表しよう…歌はあの歌だ!』とイメージが広がりました。
私の知り合い宅でのホームパーティの時に、知り合いのご主人が食後にギターを奏でてくれたました。その時のクラシックの曲が、私が大好きな曲だったことを思い出しました。
ゆらねさんの新年会に、アンプ作りが趣味だという方が来られていなければ、イメージがわかなかったかもしれません。

というわけで、新年会後すぐに、私の歌の伴奏をしてくれないかと知り合いのご主人に交渉し、交渉成立。秋の発表会に向けて練習をすることになりました。

人前で歌を歌うなら、ちゃんと習ってから歌いたいと思っていると、4月にボイストレーニングの先生に出会い、春に蒔いた種を秋に刈り取るべく練習してきました。
月日は流れ、いよいよ秋が近づいてきたある日、諸事情により『ゆらね』さんでの発表に参加できなくなるという事態になりました。そのことを知った、ボイストレーニングの先生が、教室のクリスマス会の発表会に伴奏者の方と出てくれていいと言ってくださり、教室で習っていない伴奏者の方も飛び入り参加させてもらって、練習してきたことを発表することができました。

そのことを、後に『ゆらね』さんに、「ゆらねさんでは発表できませんでしたが、無事に春に蒔いた種を秋に刈り取ることができました」と報告しました。

私としては、ここで、物語は完結していたのですが、そうではありませんでした。

その後、今度はバンドを組むという話になり、前回のお話に続くのです。

そして、2月11日。
会場の四条大宮の会場に到着した時のことです。
階段を上りながら、ふと前を見上げると、ドラムの男の子が、ご家族と思われる方と前を歩いていました。
男の子も私に気がつき、一緒に来ている人に(バンドのボーカルの人だよ)と知らせ、その場ではじめましてのご挨拶をすることになったのです。
そう、「はじめまして」のはずでした。

つづく。

桜が咲いたというだけで


桜が咲いているというだけで、お弁当を用意して出かける。
一番いいポイントを探したりして、シートを敷いてお弁当ひろげて。
食べて撮って笑って飲んで
桜が咲いたというだけで。

2016年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

旧アクセス数
2016/07/10現在
1010825

合計
1021585

Count per Day

  • 26679総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 16昨日の閲覧数: