Daily Archives: 06/12/2016

幸せな気持ちがした娘


「『のんちゃんのままって料理凝ってるな』っていわれてん」
と、夕食後突然娘が言った。

今日の弁当は父親が作ったカレーで、美味しそうやって言われたからみんなに少しずつあげたといったので、カレーがおいしいという話かと思ったら、そうではなかった。

日頃のお弁当をみて「のんちゃんのお弁当は農薬とかがないようなお弁当やな」と友達がいい、「のんちゃんのおうちの子になりたいわ」とどの子も言ってくれたという。

中学になると、自分のお弁当とよその家のお弁当を見比べて、そんなことを感じるのだ。

「のんちゃん。それいわれて、どんな気持ちやった?」と聞くと
「幸せな気持ちがした~」とニヤケながら言った。

「わたしのところは買ってきたものをいれるだけやで」そういった子もいるらしい。
おそろしや。
娘は「大きいおかずを入れるところに買ったものを入れることもあるけど、ほとんど手作りのものいれてるからちゃう?」そういったが、ほとんど手作りってわけでもないんですけどと思いながら、「そやな」と答えておいた。

私は「わが子は、どうおもってるんでしょうねぇ。のんちゃんにとってはいつものお弁当は当たり前のお弁当やもんなぁ。でもほかの子にとったらそうじゃないねんなぁ。友達の言葉を聞いて、初めて自分のお弁当はどんなお弁当か自覚するやろ?」そう言っておきました。

娘は幸せそうでした。
私もうれしくなりました。
日頃の努力が報われたような気持ちです。
「ままは、しふぉんけーきもつくるっていっといたで」と宣伝してくれたらしい。

明日も弁当を作らねばならないですが、いつもより早起きして作り始められそうな気がします。