Monthly Archives: 7月 2016

なぜか枚方へ


なぜか枚方に行くようになっているんです。
自分から、枚方に行こうと思って訪れたことはなく、
友人が、お店の名前を間違えて、私はそれを知らずにその場所に行ったら、枚方市駅の目の前だったとか。
今日は、バレエのレッスンの振り替えで、いつもと違う場所。それが枚方市駅前。
昨日は、突然連絡をくれた友人のお宅に急に行くことになり、引っ越しされたので初めての場所へ、それが枚方市駅の隣の駅でした。
そして、明日も親睦会が枚方の近くの樟葉で行われます。

初めて乗る電車のシートのデザインや車窓からの眺めを見ながら、まだ、この歳で初めてを体験することあるんだなぁと感じておりました。
枚方市駅の前に新しくできた、枚方T-SITEにも立ち寄りました。大きな本屋の中に、カフェも生活雑貨も公園も銀行も入っているようなところでした。こんなにたくさんの本が世の中にはあるんだと見せてもらった気がしました。

若者が集うところかなと思いきや、お年を召した方もたくさんいらっしゃって、物も人間も店も何もかも複合しているような場所でした。

なぜ枚方へ?いつかその訳がわかる日が来るでしょうか?

毎週水曜日の楽しみ


毎週水曜日の夜は、実家に行って晩御飯を作ることにしています。
といっても昨日で3度目ですが。
晩御飯を作るときも食べるときも、母は私のそばで、私のやることを見て、何かを話してくれます。
今、この世で一番、私のやることに注目してくれるのは、この母かもしれません。

家では、私が作っている様子に特に誰も注目しませんし、作ったものに対しての感想も、何もありません。
それが日常です。
私が、料理教室で習ってきた料理を初披露したとしても、特に何もありませんが、母は、いろいろリアクションをしてくれます。
私は、こっちがうれしいです。
なので、毎週水曜日が楽しみです。
晩御飯を作って一緒に食べたら、私はバレエにお稽古に出かけます。
いつもはその後、帰宅するのですが、昨日は、実家に戻って泊まりました。

実家は、マンションの三階です。
ごろりと寝転ぶと、視線の高さに山の稜線がみえるのです。左側には建物。右側には木があるのですが、ちょうど真ん中は、ストーンと山が見え、そして空があります。
昨夜、ふと目を覚ますと、朝の始まりの時間で、山の稜線に紫が生まれたところでした。
目を開けると、そこに、この世のはじまりの色が見えるなんて、なんてすてきな寝床なんでしょう。
この時間に目覚めないとみることができない色です。
私は、この色が大好き。

実家に来て、料理を作るのも楽しいし、母がなにかと話しかけてくれるのもうれしいし、お泊りしたら、素敵な色もみられるなんて。
毎週、水曜日が、ますます楽しみです。

2016年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

旧アクセス数
2016/07/10現在
1010825

合計
1021585

Count per Day

  • 25602総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 13昨日の閲覧数: