Daily Archives: 07/08/2016

星に願ったわけじゃないけれど


ニュースで、一房110万円のブドウがあるといっていた。
私は果物全般が好きでブドウも大好き。
昔初めてのボーナスで高級ブドウを自分のために買ったことがある。
最近では…一番好きなのは桃かなぁ?と思っていた。

一番好きなのを思い描くとき、口に入りそうなものを選んでいるなぁと最近感じていた。
さくらんぼも大好きだが、国産のは高いのでめったに買わない。めったにというか、何年かに一度ぐらいなものだ。
好きなら毎年楽しみに買って食べればいいと思うが。
逆に、あまり好きではないのに、雰囲気で好きと思っているものもあることに気がついた。
苺だ。
色も香りも見た目もかわいいけど、甘いのにあたらないと、本当に残念な気持ちになる。
甘くないよりも酸っぱいのはもっと残念だ。これも高級なものを買えば、いつも甘いのだろうか?
マイナーな枇杷は大好きだ。
私の中ではメジャーだが、幼稚園の子どもたちにこれなんだと思う?と聞いても、答えられる子がいなかったので、マイナーなんだなと認識した。
そんなこんなを最近考えていたので、すべてを総合して【一番好きなのは桃かなぁ】と思ったのだ。

最近、図書館に通っているので、昔好きでよく読んでいた旅日記の最新刊を発見した。
最新刊ではないかもしれない。ずいぶんご無沙汰していたので、何刊も出ているはずだ。
そう思って、調べてみると、オアフ島とハワイ島を旅した刊も出ていることを知った。
【これ読みたいなぁ】

それぞれ、そう思った当日、または翌日に、私の手元にやってきた、桃と本。

星に願ってないけれど、時々こんなことをしてくれるお星さま。

いやいや、時々ではなく、いつも願いを叶えてくれてばかりかもしれない。
今の現実は、いつかの私が願ったものなのだろう。

お星さま。
すべてのことを叶えてくれてありがとうございます。

一言メッセージ
【笑点】【枇杷】

2016年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

旧アクセス数
2016/07/10現在
1010825

合計
1021585

Count per Day

  • 25599総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 13昨日の閲覧数: