Daily Archives: 07/19/2016

中2 1学期三者面談


終わった途端、「よかった~泣かないですんだ」
そう娘は言った(笑)

中1の1学期も2学期も泣いたのだ。三者面談で。
3学期は泣かなかったように思うが、本人の心は泣いていたのであろう。

一年かけて、試験の前の期間をどう過ごすか学んできたように思うが、結局は、4月から塾に通いはじめ、その塾が試験前の一週間、毎日勉強を見てくれたので、必然的に勉強時間を強制確保したようなものだ。

睡眠学習をしたり、音楽療法を取り入れたり、卓球の腕前をあげることなく、今回は試験に取り組んだ。

特別成績が上がったというわけでもないが、だんだん落ちてきていた成績が元に戻ったぐらいだったのだが、担任の先生は、もっとがんばれという風ではなかった。
平均点ぐらいとれていたらいいという感じだ。そんなもんでいいのか?
しかし、この時驚くべき事実が発覚した。
家庭科は勉強しないで試験を受けたらしい。
そして、散々な結果。
「のうべんはあかん」と先生が言った。
のうべん?一瞬そう思ったが、すぐさま私の頭はNO勉と変換した。
勉強しないで試験を受けることをNO勉というのかと初めて知った。

話はそれるが、最近の先生は、適当な言葉遣いをしている印象を受ける。
私が、正しい言葉遣いをしているとはいわないが、先生ならば、丁寧な日本語を使ってほしいものだ。
部活の顧問の先生も、娘が差し入れを持って行き、先生に手渡すと、
「何?これ意味わからん」と第一声を発したらしい。
その言葉遣いの方が意味わからんと言いたい。

教師の言葉遣いはさておき、夏休み、がっつり宿題があるそうだ。
今まで、がっつり宿題があると言われていないのに、なかなかすっきりと宿題ができたためしがない。
部活もあり、塾も夏期講習あり、そして、がっつり夏の宿題。

去年の夏は、どうしてたんでしたっけ?
そうそう、線香花火を作ると言って、アルミ缶をやすりで削ること丸一日。
しかし、まだまだ砂鉄がいるとわかって途中でほおり出して、氷が水になる実験をひとりでしていたんだったっけ。

今年は、どんな夏の風景になるのだろう。

娘の笑顔がたくさんみられるといいなぁと思う。

2016年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

旧アクセス数
2016/07/10現在
1010825

合計
1021585

Count per Day

  • 25599総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 13昨日の閲覧数: