Daily Archives: 07/26/2016

はしおき


箸置きを置いて箸をおく。

目の前はご飯茶碗にご飯がよそってあるだけだ。
たったそれだけだけど、娘は茶碗をかかえ、箸の上げ下げの所作をみごとにやってのける。
箸置きを用意するような料理はしていなくても、お茶碗の目の前に箸置きだけでも、身につくものなのだと知った。

普段、行儀が悪くご飯を食べている娘だが、箸置きに箸をおいて置くと、たまにスイッチが入り、きれいな箸の上げ下げをする。

今日の、「とと姉ちゃん」でのワンシーン。
皆で食事する場面があった。
さあいただこうという掛け声で、皆が一斉に箸をあげるのだが、登場人物6人中、2人がきれいな所作だった。
この場面に演技指導は入っていたのだろうか?と考えた。主人公と、そのすぐ下の妹役の二人が、美しく、あとの年上の男性、男性、年上の女性、一番下の妹の4人は、まず箸を持ち上げ皿を持っていた。
何の演技指導もなかったのだとしたら、二人の女性は日頃から、美しい所作を心得ているということだ。
手つきが自然だったので、そうかもしれない。
やはり、美しい所作はみていて気持ちの良いものだ。

とと姉ちゃんたちの食事も特に豪華のものではなかった。
娘も毎日とうもろこしご飯がメインの食事だが、それでよいのだ。
マナーは、どんな状況でも身に付けることができる。

迷い箸がいけないと、教えるほどの鉢の数がないので、娘が迷い箸をすることは永遠にないかもしれない。
もしかしてよそで食事をよばれるときに、娘の持つ箸は、迷いに迷うかもしれない。

なぜか枚方へ


なぜか枚方に行くようになっているんです。
自分から、枚方に行こうと思って訪れたことはなく、
友人が、お店の名前を間違えて、私はそれを知らずにその場所に行ったら、枚方市駅の目の前だったとか。
今日は、バレエのレッスンの振り替えで、いつもと違う場所。それが枚方市駅前。
昨日は、突然連絡をくれた友人のお宅に急に行くことになり、引っ越しされたので初めての場所へ、それが枚方市駅の隣の駅でした。
そして、明日も親睦会が枚方の近くの樟葉で行われます。

初めて乗る電車のシートのデザインや車窓からの眺めを見ながら、まだ、この歳で初めてを体験することあるんだなぁと感じておりました。
枚方市駅の前に新しくできた、枚方T-SITEにも立ち寄りました。大きな本屋の中に、カフェも生活雑貨も公園も銀行も入っているようなところでした。こんなにたくさんの本が世の中にはあるんだと見せてもらった気がしました。

若者が集うところかなと思いきや、お年を召した方もたくさんいらっしゃって、物も人間も店も何もかも複合しているような場所でした。

なぜ枚方へ?いつかその訳がわかる日が来るでしょうか?

2016年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

旧アクセス数
2016/07/10現在
1010825

合計
1021585

Count per Day

  • 28358総閲覧数:
  • 21今日の閲覧数:
  • 17昨日の閲覧数: