2016年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

旧アクセス数
2016/07/10現在
1010825

合計
1021585

Count per Day

  • 23903総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 18昨日の閲覧数:

Monthly Archives: 12月 2016

SMAPが紅白に出た夢をみた


12月の中頃、SMAPが紅白に出て、みんなが喜んだ夢を見た。
私は特にSMAPのファンだと思ったことはないが、5人の名前は知っている。

何年か前の紅白のトリを飾った時には、SMAPはすごいなぁと感動した。
すごくファンだというわけでもないのに、SMAPが活躍した同じ時代に生きていて幸せだとも思ったことがある。
これは、ファンなのか?(笑)

出演の番組を欠かさず見るということもないのだが、死ぬまでには一度コンサートに行ってみたいと思っていたのに、今日で解散するらしい。私が行けないのではなく、向こうがなくなるのだ。そんなこと考えもしなかった。

いろいろあったのだと思うが、12月31日で解散するならば、紅白に出てくれてもよかったと思う。

というのは、紅白は日本以外でも放送されるようだし、SMAPファンも日本以外にもいて、SMAPが紅白に出るとなると、日本以外の人も喜んで、地球規模で、「わぁうれしい!」の気持ちが集中して、それは地球にとってとてもいいことなんじゃないかとおもったのだ。

信じられないほど、たくさんの人を喜ばせることができる人たちが、喜ぶことがわかっていることをしないというのは、大変残念だと思う。

私の夢では、みんな喜んでいましたよ。

それなら、12月31日に解散でなくてもよかったのにね。

というわけで、明日には書けないSMAPネタで、今年は終わります。

今年もここに訪れていただきまして、ありがとうございました。

また、来年もよろしくお願いいたします。

【一言メッセージ】
ふりだし
ドラクエ

小銭舞う年の瀬


私の財布の中に、思いのほか小銭がたくさん入っていた。
脳の働きが鈍った人は、小銭で支払いをしにくいときき、なるべく、半端な金額も小銭で払うように気を付けていたのに、なぜ、こんなに小銭がたまってしまったのだろう?とそのことが思い出せないのであれば、ボケは相当進行しているといえる。
それはさておき、本屋で支払いを済ませようと財布の小銭入れの部分のファスナーをあける。
店員さんが、「〇〇カードはお持ちでないですか?ポイントが入ります」と言ったので、「あっ はい、あります」と言ったとたん、私の足元に、その思いのほか溜まっていた小銭が一気にばらまかれた。
あららら。私は、小銭入れのファスナーを閉じずに、その口をひっくり返し、カードをとろうとしたのだ。
あららら。やはり、ボケは進行しているのか。
バラバラバラバラバラ~~~と小銭が落下、周りにいたお客さんも驚いて、わあ~~と声を出す。
私も、あらららと拾ったが、お客さんたちも拾ってくれて、渡してくれた。
幸い、床が絨毯だったため、小銭はそれほど転がらずに、足元でジャンピングした状態だったといえる。
まさに小銭の舞い踊りだ。
こんなに小銭を落とすなんて、一生のうち一度あるか、ないかじゃない?と思いながら、本の支払いを済ませると、
「これも違うかな?」とまた別のお客さんが私に10円を渡してくれた。
その場でジャンピングせず、ちょっと遠くまで小旅行した小銭もあったのだ。
「あっすみません」と会釈し受け取った。
ご親切な方たちにお世話になり、その場を後にした。が、カウンターの中にいた店員さんだけは、何事もなかったように、
「ありがとうございました。またお越しくださいませ」と私の目を見ようともせず機械的に言葉を発していた。カウンターの中と外では温度が違っていた。

その後、別の売り場に行って商品を物色していると、
チャリーンという音とともに、
100円玉が、弧を描いて床の上を転がり、私の前へ。
私の元へスーッと転がってきた100円玉。
もちろん私はとっさに手を出し、ナイスキャッチ。
この売り場の床は、フローリングというのか、摩擦のない床であったため、小銭も大冒険できたのだ。
この時は、小銭を落としたお客さん。そばにいたお客さん。カウンターの中の定員。そして、拾った私。
みんなに笑顔が。
ここでは、その場にいた人みんなが同じ温度。
思わず、ほんの数分前に、私が大量の小銭をばらまいた話を皆さんに語って聞かせようかと思いました(笑)
私の財布の中の小銭たちはこの時、「落とされるなら、この場所がよかった~もっと冒険できたのに!!」と言っていたに違いない。

それにしても、一時間もたたないうちに小銭をばらまき、拾う体験をするとは。
そして、よくもまぁあんなタイミングで、私の足元に100円玉がスーッと転がってきたもんだ(笑)
はい、よーいスタート!で、もう一度やろうと思っても、100円ちゃんが上手い具合に私のところにはやってこないだろう。

あわてんぼうのサンタクロースが、今年最後の面白エピソードを届けてくれたのかもしれません。
皆さんにも何らかの想いが届いてくれたら、嬉しいです。
サンタさんありがとう。すごく面白かったです^^

【一言メッセージ】
人魚姫
バナナ