Daily Archives: 12/05/2016

鳥は木にとまる


私がいつも座っている場所から、外が見える窓がある。
正面の窓も、左側の窓も、窓の外に木がある。

そこに鳥がやってくる。

鳥がやってきて、木の枝をつんつんつついている。
何羽も来る。

その姿を見ると、嬉しくなる。
娘がそばにいるときには、
「ほら、みて!のんちゃん。鳥さんが来てる」と必ず言ってしまう。
娘は、「うん」と言ってチラッと見るけど、私ほど感動はしていない。

年を重ねると、こんなことがうれしくなる。
鳥が来た~~とか、花が咲いた~~とか、
若い時は、何とも思っていなかった。この私も。

木の枝を啄む鳥の様子を見ながら、ふと思う。
(ここに木があるから鳥が来るんだよなぁ・・・)と。
もし、窓の外が一面砂漠だとしたら、鳥は来ないだろう。
この場所に木があるから鳥が来る。

そう思ったとき、
鳥に来てほしいと思ったとき、鳥にお願いをするべきではないのだと気がついた。
あ~~鳥さん、どうか、私の家の窓辺へ来てください
と、何度お願いしたところで、鳥さんには通じるはずもない。
来てもらいたかったら、来れるように環境を整えるのが先決なのだ。
すると、願わなくても鳥は来る。
そうだ!そうなのだ!!と思い、パソコンを開いて、文章ソフトを立ち上げる。
ここまでが、木を植える作業だ。
あとは、鳥さんが来てくれるのをまとうではないか。

そんなことをしていると、私のところへも鳥さんがやってきた。
なんだ、そうだったのか。
そんなことでよかったのか。

木を植える作業は人間がしなければならない。
あとは神様に任せればよいのである。

鳥は木にとまるのだ。

【一言メッセージ】
北海道
キャッチー
ビッグマック

2016年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

旧アクセス数
2016/07/10現在
1010825

合計
1021585

Count per Day

  • 27240総閲覧数:
  • 1今日の閲覧数:
  • 13昨日の閲覧数: