2017年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

旧アクセス数
2016/07/10現在
1010825

合計
1021585

Count per Day

  • 24804総閲覧数:
  • 13今日の閲覧数:
  • 13昨日の閲覧数:

Daily Archives: 01/05/2017

八人でババ抜き


正月3日。実家に弟家族が来るということで、私たちも行った。
母はおせち料理を作る人だったが、作らない人になり、それでも私たちが大好きな、中華五目飯と名付けたご飯を作ってくれた。
作るまでに、何度も買い物に行ったらしい。何度も買い忘れがあったのだ。
一番衝撃だったのが、おつゆにネギしか入れなかったこと。
これを、弟家族にも出すあたりが、今までには考えられないことだった。
脳の機能が正常に働かないと料理はできなくなるのだ。
それでも作ってくれただけいいのかも。
母のお雑煮、白みそで具もたくさん入ってて好きだったんだけどなぁ。

食事の後、トランプで遊んだ。
最初は7並べをした。
8人もいるので、駆け引きなどせず進んでいった。
それぞれが何かしらのカードが出せるのだ。
「人数が多いと、こうなるのね~」と言いながら遊んだ。
面白かったのはババ抜きだ。

テーブルを囲んで、8人が座る。
私の左が家人だった。時計回りに、その隣が娘中2。母75。甥小1。姪小3。弟45。弟の嫁自称20。そして、私だった。
カードを引くのも時計回りで進めた。
それが、なかなか終わらないのだ。
皆のカードが残り少なくなってから、なかなか進まない。
家人のカードだけ異様に多い。
「これ、カードがなくなったら勝ちやで。たくさん持ってる方が勝ちやとおもってるんちゃう?」と冗談を言っていた。
よく見てみると、家人から、姪までの5人は、自分の前の人がどのカードを引いてどこに並べるかなど全く気にせず、自分の番が来たら、隣からカードを引くという、行動を繰り返している。
ババ抜きって、よく見てカードを引くゲームではないのか?
相手の目線とか、癖とかを見抜くのではないのか?
弟、嫁はその辺を心得、プレーしている。
家人に至っては、いつも右の端をとるということを繰り返している。
あなたたち、ババ抜きをしらないのか?
いうなれば、私から左の皆様は、小1レベルなのだ。
娘よ。おまえもその場所におるのか?
トランプなんてする機会がないのだろう。家では全くしないし、学校でもしていないであろう。
私が中学の時は休み時間トランプをして遊んでいた。
もっぱら『大富豪』ばかりだったが。

それにしても、家人のカードが減らない。
覗いてみたら、私が持っているこのカードを引けば、揃うなとわかった。
仕方ない、カードを右に置いといてやるか。と移動させ、まんまと引かせてやったのに、
「そろわへんなぁ・・・」と言った。
「は?ちょっとみせてみ!」とみると、なんと二組もそろっているのに、カードを大事に持っているのだ。
「なにしてんの!揃ってるやんか」というと、
「ほんまや・・・」と
母の頭よりも、こっちの頭の方がヤバい。
後日聞いてみると、同じマークで同じ数字が揃わないといけないと勘違いしたらしい、そんなん一生そろわんやんか。
おかげで、正月だけで、1年分の会話を終えたような気がする。
ここで、ないはずのカードをもっているので、みんなのカードもそろわず、減っていかないのである。
元凶は我の左にあり。
母はちゃんとルールを理解して楽しむことができている。目はものすごく細めているが。

それから、毎回、家人が私のカードを引くたびに、
「同じ数字があったら、出してくださいね」と言葉を添えた。
甥は毎回、カードを引き、自分の持ちカードと合わないと、のたうち回っていたが、またすっと自分の場所にもどり、カードを引かせるなどのパフォーマンスもはいりながら、楽しく進んでいった。
どれだけ、どんくさい行動をしていても、ババ抜きの勝敗とは無関係で、弟が負けた。

後日、「ババ抜きって相手がどのカードを引いたか、どこにカードを並べたかみて自分が引くんやで、そんなこと考えへんかったん?」と二人にきいてみると、「うん」と二人とも答えた。

そんなババ抜きのやりかたがあったとは!!

衝撃の8人ババ抜きでした。

【一言メッセージ】
今、このブログを書いているときに、娘がテレビの録画をみていたら、嵐がババ抜きをしているので、

ババ抜き

です。

このテレビみていたら、ババ抜きの仕方わかるはずちゃう?