Daily Archives: 01/06/2017

まさか私が・・・


47歳になって、どうやら私についていた神様が変わったらしい。

年末、母とアルプラのパン屋さんでお昼を食べることになった。
12月23日。朝、娘のテニスの試合を母と見に行き、そのまま一緒に昼からクリスマスコンサートに行くことになっており、その間にアルプラに向かったのだ。早い時間で食べられて、母が喜ぶものが、パンだった。

母はパンが好きだ。
アルプラのパン屋さんはイートインスペースがあるので、買ったものをすぐに食べられる。
そこで食べるのは初めてだった。
「コーヒー飲む?」とコーヒーを飲まない母に聞いてみた。
引き立てコーヒーの自動販売機が目に入ったので聞いてみたのだ。
母は、「うん!飲むわ。一日にコーヒーは3杯までのむとからだにいいねんて。4杯はあかんらしい」
母は、この手の話が大好きだ。
「キウイは一日に二分の一を毎日続けるとよい」とか、
「野菜から食べる方がいい」とか、
「納豆は夜食べる方がよい」とか、そういう情報をよく教えてくれる。

コーヒーが体に良いと言われても、嫌いなものを3杯も飲めない。1杯だって飲みたくない。
しかし、母が飲むというので、買ってみた。
(どうするんやろ?これ)
まあボタン一つ押せばいいので、難しくはなかった。
着席し、コーヒーを母に渡した。
母は、いつの間にかストローをコーヒーにさし、私がしゃべり続けている間に、ストローでホットコーヒーを飲んだ。
「あつっ!!」
その声で、母の動作を改めてみた。
「なにしてんの!熱いコーヒーをストローで飲んだら、やけどするやんか!」
こんなことをするとは・・・
コーヒーは、熱湯ではなかったのでよかったが、あぶないあぶない。
こんなところに危険が潜んでいるとは・・・。
私が目の前にいながら、話に夢中になって母の行動をみていなかった。
ぼけ始めた老人は、何をしでかすかわからない。注意しなければならない。

とまあ、ここまでは前置き。
そういうわけで、コーヒーが目の前におかれた。
1杯しか買わなかった。
母が飲めばいいと思っていたが、私の飲み物がなかったので、ちょっと一口頂戴と飲んでみた。
あれ?おいしい・・・
美味しいと感じた私。
人生初めてだ。
この歳にして、コーヒーをおいしく感じる日がやってくるとは!!
すぐに自分の分を買いに行った。ついでにパンも買い足した(笑)

挽きたてのコーヒーというのがおいしいのかなぁ?
初めてだなぁおいしいと思ったのは・・・と考えていた。

次の日、コンビニに行く用事があり、挽きたてコーヒーの販売機が目に入った。
買ってみよう。
この私が、コンビニでコーヒーを買うなんて。
美味しかった。
すると、また別の日。
ここのコンビニはどうだろう。
3件コンビニでコーヒーを飲み比べた。一日に1件です(笑)
それぞれ、コンビニによって味が違った。
私の中でランク付けをする。

この話を、今日職場の先輩に話すと、コーヒー大好きすぎて、毎日あまり飲まないように気を付けているといい、スタバのコーヒーが大好きだと教えてくれた。
そうか、スタバ。今度機会があれば行ってみようとおもったら、今日さっそく行ってみた。機会は自分で作るんですね。
確かにおいしかったが、値段が4倍だった。
4倍美味しいかといわれると、そうでもなかったので、軍配はアルプラが上という位置づけになった。

それにしても、今まで、コーヒーが嫌いだったのに、これはどういうわけか。
その筋の友人が、10年前に話してくれた。
私は昔、コーヒー農園に嫁ぎ、収穫によって大変な苦労をした。それも一度や二度ではない。
「だから、コーヒーがきらいなんだよ」と教えてくれたが、
その前世の辛い出来事が、今世47年生きて癒されたというのか?
私に今までついていた神様が、私の担当を外れ、コーヒーで苦労した記憶のない神様が新しく私の担当になったような、そのような感じ。

12月23日。冬至があけて、お昼の長さが長くなり始めたこの日。
新しい神様、どうもこんにちは。
これからどうぞよろしくお願いしますという心境だ。

コーヒーって紅茶と違って、細胞のひとつひとつにパンチがある感じですね。
密度が濃い?なんというか、情報が濃い?
分子レベルの話(笑)

なんだか、生まれ変わったような心境です。

まさか、私がコーヒーを買いにスタバに行くなんて。でした。