Daily Archives: 02/12/2017

みんなと同じがよかった


娘がスキー合宿に行っていました。
引率の先生が、様子を逐一学校のホームページに載せてくれるので、頻繁にアクセス(笑)
でも、現地での生の声が聞きたいですね。
公衆電話があったらよかったのにと思いましたが、あっても、かけてこないのでしょうね。

ところで、娘はいまだにアレルギーがあります。
卵とエビや蟹を除去してもらおうと思っていたら、直前に、体調をくずし、念のためにと訪れた病院で鶏と小麦のアレルギーだといわれので、スキー合宿中の食事の大半が代替食になってしまいました。

娘が帰宅し、ご飯おいしかったか?というと、目に涙をためて、みんなと同じご飯がよかったといいました。

体調が悪くならなくてよかったのではなく、ほとんどのものが代替食だったことにショックを受けていました。
麦茶もやめとこう。ワカメのおにぎりもやめとこうと言わはった。そんなんもあかんかったん?と念には念をいれてくださったことへの感謝の気持ちはなく、また、自分だけ違うのかと思うことの方が大きいのです。

スキーの楽しい思い出よりも、嫌な思い出が多かったようで、インストラクターの先生がジャニーズというあだ名をつけて呼んできたことも、出し物の発表の舞台が思いのほか狭くてのびのびと踊れなかったこと、自分の部屋だけ5人ギリギリ眠れる大きさだったことなど、こちらが聞けば聞くほど、どんどん出てきました。

帰宅後、唯一笑顔になったのは、長野のリンゴを使ったシュー生地のお菓子が美味しそうだと思い買って帰って食べたら、ほんとに美味しかったと喜んだとき。

誰一人、怪我もなく事故もなくみんな無事で帰ってこれただけでありがたいのにね。食べられるものを用意してくださったことも、ありがたいことなのにね。
そんなところに感謝できるのはまだ先なのでしょうか?

なにかと、不満を口にする今日この頃の娘です。

でも、母は娘がこんなに不満を口にしても、無事で帰ってきてくれただけで神様に感謝です。

娘の声がまた、聞けてよかった。