2017年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

旧アクセス数
2016/07/10現在
1010825

合計
1021585

Count per Day

  • 24770総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:
  • 122昨日の閲覧数:

Daily Archives: 04/11/2017

桜のシフォンケーキ


桜の花の塩漬けを自分で作ってみた。
市販品よりもやや色目はくすんでしまったが、味と香りは申し分なかったため、それを使い、桜のシフォンケーキを焼いた。
3月から、桜のシフォンケーキを焼くのにはまっている。桜の葉の塩漬けではなく、花の塩漬けを贅沢にも細かく刻んで入れるオリジナルレシピに一人ほくそ笑んでいる。

不思議なことに、この桜のシフォンケーキをを作るときに必ず娘が手伝ってくれる。というか、ほぼ全工程をこなす。
昨日は塾で遅くなる日で、私もいろいろと用事を済ませてから取りかかるのが夜の11時をまわっていた。

娘は、ケーキを作ろうとしている私を見て、
「いまから?」と三度高い声をだした。

「そうやねん。今から二台つくるわ」というと、
「手伝うわ!」と。

思いがけない申し出だった。

もう遅いのに、眠たくないのかと聞くが、なんだか、嬉しそうだった。
「ここがすきなところやねん」といいながら、粉をふるう。
今回はメレンゲを混ぜるのも任せてみた。
なかなか、良い手付きだ。
「のんちゃん、なかなか、うまいで。中三でここまでシフォンケーキが作れる人は、そうそういないんちゃうか?」
娘は満更でもない。

仕事として、ケーキを作る気持ちだったのにレクレーションとしてケーキを作っている。
楽しいねと言ってくれる、こちらが、もっと楽しいのだ。

桜のシフォンケーキは、これから、春の定番になりそう。そして、春が来る度、夜遅くに手伝ってくれたねと嬉しく思いだそう。

本人は一切れも食べないのだけれど。