幸せな気持ちがした娘


「『のんちゃんのままって料理凝ってるな』っていわれてん」
と、夕食後突然娘が言った。

今日の弁当は父親が作ったカレーで、美味しそうやって言われたからみんなに少しずつあげたといったので、カレーがおいしいという話かと思ったら、そうではなかった。

日頃のお弁当をみて「のんちゃんのお弁当は農薬とかがないようなお弁当やな」と友達がいい、「のんちゃんのおうちの子になりたいわ」とどの子も言ってくれたという。

中学になると、自分のお弁当とよその家のお弁当を見比べて、そんなことを感じるのだ。

「のんちゃん。それいわれて、どんな気持ちやった?」と聞くと
「幸せな気持ちがした~」とニヤケながら言った。

「わたしのところは買ってきたものをいれるだけやで」そういった子もいるらしい。
おそろしや。
娘は「大きいおかずを入れるところに買ったものを入れることもあるけど、ほとんど手作りのものいれてるからちゃう?」そういったが、ほとんど手作りってわけでもないんですけどと思いながら、「そやな」と答えておいた。

私は「わが子は、どうおもってるんでしょうねぇ。のんちゃんにとってはいつものお弁当は当たり前のお弁当やもんなぁ。でもほかの子にとったらそうじゃないねんなぁ。友達の言葉を聞いて、初めて自分のお弁当はどんなお弁当か自覚するやろ?」そう言っておきました。

娘は幸せそうでした。
私もうれしくなりました。
日頃の努力が報われたような気持ちです。
「ままは、しふぉんけーきもつくるっていっといたで」と宣伝してくれたらしい。

明日も弁当を作らねばならないですが、いつもより早起きして作り始められそうな気がします。

この記事は良かったですか?

2 Responses to 幸せな気持ちがした娘

  • hanakobaby says:

    そういうことがあると頑張ってる甲斐を感じられるね。
    息子にこないだ、なんかひとつチンとして入れられるものでも買っとこうかと言うたら、そんなんまずいで、と言うねんな。
    みんなそんなん入れたはるやろ、と言うたら、いや、みんな手作りやで全部やて(´ д `)
    そんなわけないやん、とおもったわ。
    息子もそれが普通やと思ってることになんのかんしゃもないもーん涙
    わたしも報われる時がくるのだろうか。。

  • maya says:

    男の子のお母さんが何でも手作りやったらお嫁さんが苦労するなぁと思うことあるわ。
    もしくは、何でも手作りが好きな娘さんを捕まえてきてくれるのが、望ましいな^^
    男の子は、結婚した時にありがたみがわかるかもね。
    それか、一人暮らしか。
    でも、いつか必ず、お母さんって僕のためにいろいろ作ってくれてたなぁって思うやろね。ハンバーグに、何を入れてたか、大人になってから開示してあげて(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2018年6月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

旧アクセス数
2016/07/10現在
1010825

合計
1021585

Count per Day
  • 27770総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 21昨日の閲覧数: