全員集合!白浜の旅 12 ~共感~


なぜ今まで、テンションが上がらなかったアドベンチャーワールドが今回、楽しいと感じたのか。
それは、今までになく、多くの共感を得られたからだと気がついた。

動物を見て、「ほらほら、みて、〇〇してる~~」
「ほんとや~あははは」と、言い合う確率が、今回は高かったのだ。
自分自身が、動物にそれほど興味がない場合は、共感することでしかテンションが上がらない。
動物大好きの人にとっては、ただ、自分が動物を見ている、動物のそばにいることに対してテンションが上がるであろう。
しかし、それほどでもない場合は、共感することで楽しくなるのだ。というかそれしかテンションは上がることはない。
これは、アドベンチャーだからということに限らず、どんなことにでもいえるだろうが、今回それを再確認。

12人の家族で行った場合、共感率も高くなる。
そして、話しかけて、話が帰ってくる確率が高い。
これは、確率の問題?ではないでしょうが、普段、こちらが話しても、特に何の反応もない日々を送っていると、普通に返事が返ってきたり、私が発したことを受けて話が膨らむなんていうことが、起こるのがとてもうれしかったのだ。
(サファリパークの遊覧バスに乗って、こんなに楽しいとは…)と驚いていた。
また、イルカのショーを見た際、一番最後にイルカが観客に水をかけてくれるというサービス?コーナーがあった。
妹の上の子が行きたい!といったので、私はその子と一番上の席から、水槽の目の前までダッシュで降りて行った。
こういうことは、うちの子ではありえない。
(ええわ…)と着席派である。
バッシャン バッシャンと水がかかって、キャーキャー騒ぐ。ただそれだけだが、水槽前には子ども中心に人であふれる。
十分お水をいただいたので、自分の席まで帰ると、なんと、弟、妹そして、うちの子以外の子たちは、みんな参加していたようで、それぞれずぶぬれ状態の格好を披露していた。
私だけが、妹の上の子を連れて下に降りたと思っていたのに、みんな来ていたのだ。というか、そういう状態でもうちの子は来ないのだ。
人それぞれ、性格があるからね。仕方ないけどね。
もし、これ、うちの家族だけで行ってたら、私だけが水にかかりたくて、ほかは、(別に…)という反応で、(あら、そう?)という感じで、私も着席したままだったと思われる。
まあ、そういうことひとつひとつが楽しいにつながるのだと、今回改めて感じ、また、私は常日頃、あまり共感を得られない方々と共に生活をしているんだなと思った。私一人が浮いていると思っていたが、いやいや、ただ、共感の種類が違うだけなのだ。もし、この大家族12人で一つ屋根の下に暮らしているならば、私は多数派の方に位置するので、浮いている状態ではないではないか。と検証してみる。

唯一、娘と共感できるのは、ジェットコースター。
フリーパスを使って、何度も何度も乗り、何度も何度も共感できました。
私が、ジェットコースター好きでよかった。
うちの母は、かわいらしいジェットコースターなら乗るのですが、今回アドベンチャーでのジェットコースターは体験せず、母が共感できそうな相手は、一番下の孫と同じものだと思われたので、うちとは別行動をとっていました。
母は、共感できたかな?

さて、全員集合!白浜の旅もあっという間にお別れの時間が近づいてきました。

次回、最終回です。たぶん。

つづく。

この記事は良かったですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2018年6月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

旧アクセス数
2016/07/10現在
1010825

合計
1021585

Count per Day
  • 27796総閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 16昨日の閲覧数: