あこがれの存在


いつも思う。
あなたのようになりたいと。
すべてのものを受け入れて、そして、一つにまとめ上げる。
個性的なものたちを一つのボウルに次々と投入する。
色もバラバラ、味もバラバラ、
動物性でもいい植物性でもいい。
すでに火が通っているのでもいい。生でも乾物でもいい。
食べられるどんなものでも一つにまとめ、そして、美味しく仕上げてくれる。
あなたは小麦粉。
いつも具材を混ぜながら、私も、あなたのようになりたいですと思う。
お好み焼きという名前を作った人もすごいなと思いながら混ぜる。
小麦粉は小麦粉だけでは力を発揮せず、水というパートナーが必要だ。
双方全く違う性質のものなのにお互いが協力し合い、個性的な面々をまとめ上げる。
単体では食べてくれない、なすびも青菜もお好み焼きに入れると食べてくれる妙。
小麦粉と水、そしてお好み焼きという食べ方を作ってくれた人に感謝とあこがれの気持ちをもって作っている。
私もあなたのようになりたいです。

この記事は良かったですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2018年6月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

旧アクセス数
2016/07/10現在
1010825

合計
1021585

Count per Day
  • 27770総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 21昨日の閲覧数: