サンタさんやからいいやん


2年前のクリスマスにドラムがうちにやってきて、娘はドラムの旅に出発しました。
次の春、ある理由から高槻のドラム教室に通うことになり、一年半ほど通ってまいりましたが、
この度、とある理由から、やめるつもりなどなかったのですが、半ば衝動的に退会することとなり、娘は今度は家の近くのドラム教室に通いたいといいました。自分から、ドラム教室に通い始めたわけではないですが、一年半たって少し上達したという実感があるのか、ドラムはやめたくないらしい。
そして、今年のサンタに願うプレゼントは電子ドラム。

家の近くのドラム教室に行ってみて驚いた。
教え方が全く違う。
基本の体の形が、娘はなっていないらしい。
ドラムのパーツの名前も今まで聞いたことがなかった。
バスドラム(足で鳴らすドラム)の叩き方が、安定していないらしい。
でもすぐになおるということだった。

もう一軒別の教室に体験しに行った。
ここでは、腕の位置について注意された。
ということは、足も腕も全く形がよくないということだ。

今までの教室をやめてみなければ、ほかの教室を体験することもなく、形ができていないことなど知らずにいただろう。
病院で言うならば、セカンドオピニオンをうけないで、最初の診察を信じて、そのまま治療を続けるようなものではないか。
今、何の疑いも持たず習い事をさせている皆さま、機会があれば違う教室を体験してみるのもよろしいかとおもわれます。

娘は、二度のドラム体験でぐんっとレベルアップを果たし、家でもドラムをたたくという姿に変化した。
新しく通う教室は、私が歌を習っているところと同じ教室になった。同じところにしようと思っていたわけではなくいろいろ体験してみていい先生に決めようと思っていたのだ。それがたまたま同じ教室だったというだけですが。今まで月1だったドラムの日が、月3回になるという、なんだかますますレベルアップしそうなドラム2年目の冬なのだ。

サンタさんがドラムを届けてくれた冬には想像もできなかった世界に娘は生きており、そして、今年電子ドラムを頼むという。
今度通う教室に何台か電子ドラムが展示してあり、試すことができるので叩かせてみたところ、娘がこれがいいといったのは、一番上等のドラムであった。
「のんちゃん、これ、3倍の値段するで」というと、
「なんで?サンタさんやからいいやん。サンタさん値段関係ないやん。あっ!ままやな!ままが買うんやろ!」といわれ、
「そ、そうやな、サンタさんやったら、値段関係ないもんな。願ったらいいだけか。ははは…」という会話が行われたのでした。

サンタさんへ
今回は、【ドラムがほしい』という願いではなく、【この電子ドラム】というピンポイントでのお願いとなります。
どうぞ、よろしくお願いいたします

この記事は良かったですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2018年5月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

旧アクセス数
2016/07/10現在
1010825

合計
1021585

Count per Day
  • 27221総閲覧数:
  • 46今日の閲覧数:
  • 8昨日の閲覧数: