さるびの温泉

昨日 三重県の大山田というところにある

『さるびの温泉』に 行ってきました。

知人に割引券をもらったので、行ってきました。


ここは、娘が1歳の頃に知った温泉で、母が、

アトピーにいい温泉があるらしいよ と 教えてくれて、すぐに出かけたのでした。


娘が1歳の頃。私は、今より10キロほど体重が少なかったのを思い出します(笑)


娘がアトピーで、体が、かゆいため夜も寝られず、昼寝もせず、一日中 おっぱいを吸っていたという感じで、今から思えば そのころが一番つらかったです。

お米さえもアレルギー反応があった娘に母乳を与えていましたので、私がアレルゲンとなるものは摂らないようにしていました。

その頃は アトピーに良いと効けば なんでも試していました。


そして、さるびの温泉にも 行ってみました。

自宅から1時間半ほど かかりました。

お湯は ヌルッとしていました。

娘と一緒に入って そして、出てきたら、まとまった昼寝などしたことがなかった娘が、30分座布団の上で寝てくれたのです。

嬉しかったですね。

その30分のために 毎日来ても良いと思いましたね。

それから、主人は、仕事が終わってから2日に一度ほど、ここの温泉のお湯を汲みに行ってくれました。

お湯を浴槽にはると、たくさんのお湯がいるので、ビニール袋の中に温泉のお湯を入れて、その周りは普通のお湯にして、娘だけを温泉のお湯に入れ、温泉のお湯を節約して使ったりしていました。

もちろん 休みの日には さるびのに出かけました。

その頃の体重が 今から10キロほど少なかった(笑)

戻りたくないですね。あの頃には。

ところで 娘のアトピーはというと さるびののお湯が効いたのかはわかりません。

けれど、その頃は さるびののお湯に娘をつけるということで、しのいでいた という感じです。

ひさしぶりに さるびの温泉に行って あの頃を思い出しました。

今から6年前のお話でした。

のんさま 名づけ物語 D

【のんちゃん】

【のんちゅけ】

【のんちゅ】

【のん】

娘も そうよばれるのが 嬉しいようでした。

この中で【のんちゃん】以外は 私たち親だけに許される呼び方のようで、他の人が、【のんちゅ】と呼ぶのは 娘は嫌がります。


「まま やさしく のんちゅ って よんで のんでもいいよ。」

そういわれます。




主人は 時々 

「のんさん」

「のんさま」と呼んでいます。



そして 先日 ある本をみつけて 驚いたのです。

おつきさまのことを

「のんさま」と 昔の人は よんでいたそうなのです。


わ〜〜〜

漢字の 「望」だけでなく

呼び方までも 月をあらわしているのか!!!



今日は 新月。

うちの のんさまの手をにぎり のんさまを 仰ごうと思います。



のんさま 名づけ物語でした。

おわり。





のんさま 名づけ物語 C

娘を 「望愛 のぞみ」と名づけましたが、自分の娘を 「のんちゃん」とよぶのに最初は こっぱずかしさを 感じておりました。

半年前に 友人が女の子を出産し、その子は「こっちゃん」と呼ばれていたので、結構 「こっちゃん」の話題を家でしていたものですから、自分の娘が生まれてすぐは、我娘を「こっちゃん」と呼んでしまい、真剣に落ち込みました。

わが子を呼び間違えるなんて 最低だわ!!

産んだばかりの産婦さんは そんなことで落ち込めます(笑)


助産所から 実家に戻りしばらくは 実家で過ごしました。

のんちゃん のぞみ と 呼ぶ恥ずかしさは つづいており、わたしは なぜか 

「のんきちくん」と よんでいました。

すると 母が

「のんきち?おかしいわ。のんすけやなぁ?」といいました。

きちではなく すけ? どっちもかわらんと思うけど。

「のんすけ のんすけ」 といって喜び 自然と 「のんちゅけ」 「のんちゅ」 と なっていきました。

産んだばかりの産婦やその家族は こんなことで 盛り上がれるのです(笑)


私は この のんちゅけ と 言う呼び方が とても気に入っており、生む前は のんちゃんと呼びたくて 望愛(のぞみ)とつけたのですが、それから、
【のんちゃん】とも 
【のんちゅけ】とも 
【のんちゅ】 とも 
【のん】ともよぶようになり 
私たちの周りには それらの音が飛び交うようになりました。


驚くことは 娘が2歳になった時に ありました。

私は、二人目の子供が欲しいとおもっており、友人に話すと、月の満ち欠けのカレンダーをトイレにかけると いいと 聞きました。

私は 早速 購入しかけてみました。

そして、よくみてみると・・・・・

なな なんと!!!!

満月をところに 漢字が一文字 書いてあるのです。

「望」



え〜〜〜〜〜〜〜〜w(゚o゚;)w

望って 満月をあらわす字だったん?


私は 月に関する名前をつけたいと思っていたのですが、満月のことを「望」の一文字で表すとは 知らなかったのです。

しらずに そのものをつけていたなんて!!

わたしってすごくない?

いや 私の娘が 月に関する名前が着くというのは 初めから 決まっていたことなのか?


なので ほんとに 月に関する名前を 娘につけたということが 初めて分かったのです。


そして、今回、もう一つ おどろくことが、わかりました。


つづく。

のんさま 名づけ物語 B

「望」という字を使おうか・・・・と なんとなく思っていました。


漢字は バランスの取れる字がいいと 思っていました。


そして、妊娠8ヶ月か9ヶ月の頃でしたか、車に乗って、音楽はもちろんライオンキングをかけて、出先から帰ってくる道で、急に

あ〜〜〜〜〜〜〜

と 思ったのです。


あ〜〜〜〜〜〜


すごい!!

すごいこと 発見した!!!!

「望」という字の中に、月 が 入ってるやん!! ちょっと斜めやけど。

それに それに 王 も 入ってる!! ライオンキングの 王 やん!!!!

これは 望 という字に 決まりやな。

私が 結婚前から ひそかに思っていた 月に関する名前にしたい と 思っていたことも、叶っているような気がして、すごく嬉しくなったのです。


運転している主人に 私が発見したことを興奮気味に伝えたのでした。



♪望みと 愛と〜〜〜〜


だから 望みと愛で、「望愛」これで、のぞみと読ませる。

いいやん。

これでいこう。と 決定しました。

字のバランスも 取れるなぁと思いました。

画数などは 全く気にしていませんでした。


そして、めでたく 娘が誕生し、「望愛 のぞみ」とつけたのです。



ここで、名づけ物語が 終わると おもうでしょう(笑)

この後 驚くことがあるのです。



私が ものを知らないだけなのかもしれません。

知っている人だったら、初めから わかってたよ。って かんじなのかも知れないです。

でも 知らなかったのに・・・・・と、思うことがあったのです。



つづく。

Profile

image
摩耶
京田辺在住です。

New Entries

Comment

Categories

Archives(1460)

Link

Search

Free