日本人だから言えること

恥ずかしながら 世間のこと に あまり知らない私。(関心がない)

世界のことも 知らない私。


昨日は世界の現状を教えてくれるテレビをみていて驚きました。

(こういうテレビ番組をみることも 殆どない。)

なぜか 昨日はみようという気になりました。

その番組は 世界のそれぞれの国の出身の人が一人ずつ集まっていて 世界の情勢をみて いろいろ意見を交わすという形。

いろんな国の今を伝えてくれていて 驚くことばかりでしたが
その一つに
 
北朝鮮と韓国は まだ 戦争している最中なんだそうで、今休戦しているだけなんですって。
その戦争の発端は どうやら日本らしいのです。

え〜〜〜日本 なにしてんの!!


それから 「核兵器を これ以上 持たないようにしましょう」という 決まりがあって 「今もっている国は しかたないけどね」 という きまりがあるんですって。

なんじゃそれ。

でもでも 「その決まりを作るグループに はいっていないから しらないよ〜〜ん」 といって 核兵器を持っていなかった国が どうやら作ってるみたいで、

その国は 「核兵器を 作る目的じゃないですよ。研究してるだけ。」というようなことをいってるみたい。


そこで アメリカの人が その国の人に 「そんなんあかんわ」というようなことをいったのですが、別の国の人が 「それは アメリカが いうことじゃない。アメリカは 今も核兵器を保持していて そして 日本にもつかっておいて よその国が作るのを止めなさいということを言える立場じゃない それは 日本がいう言葉だ」と いったんです。



日本人だから いえること

原子爆弾を落とされた国。

世界中で 日本だけが二つも落とされた。

その日本人がいわないで 誰が言うのか。


日本人だから言えること 


それを聞いたら 

私だから言えること というのが みんなひとりひとり あるんだと 思いました。

自分が言わないで 誰が言う。


私は 驚きのニュース(私にとってははじめて知ったことばかりだったので)をみながら

私だから言えること を 発信していきたいと思ったのでした。 

浄化熱?

浄化熱 そんな言葉あるか わかりませんが。


5月27日 朝3時50分  私は ふと 目覚めました。

なんの合図があったのか ふと 目が覚めました。

昨夜 娘が 明日の遠足の準備をなかなかしようとせず 私は それに付き合う気力がなく 主人に任せて 早々と眠りに着いたので 朝早く目覚めるのは 当然でした。

私が目覚めてすぐ 携帯のアラームが 鳴りました。

3時50分にあわせています。

(3時50分少し前に 目が覚めたのね・・・・)と 思いました。

いつもなら もう少しねようかな と なるところですが 起きました。


久しぶりの4時起床。


外は まだ 真っ暗でした。

背伸びをしたり 少し体を動かしました。


パソコンを立ち上げて チェックしていると 直に外が明るくなってきました。

4時半でした。

明るくなってきて、なんだか 体がムズムズしてきて 

何かしたいなぁ と 思いました。

そうだ!!と 朝風呂にはいることにしました。

久しぶりの朝風呂。

夜は 娘と一緒に入るので 自分のペースで入れません。

主人が娘と入ってくれるときは 自分ひとりで入りますが すると 夜で もう 疲れていて ゆっくりバスタイムを楽しむ なんてことできません。

朝に 沸かして 入る

なんと贅沢な。

贅沢な朝風呂を久しぶりに体験しました。

お湯につかったとたん ものすごく お湯があったかく 感じました。

いつもと同じ温度なのに 体が冷えているのかな?と 思いました。

私は お風呂の中が 読書の時間で タオルを風呂の蓋の上に敷いて本を読みます。

案外 濡れたりしませんよ。


先日 教えていただいた 五行が 書かれている本を開くと 今までよりも そうかそうか と頭に入ってきて(何度も開いている本です)話を聞いたすぐに 復習するのは 頭にはいるなぁと 思いながら 読んでおりました。

朝5時から風呂にはいって 1時間ほど 入っていたでしょうか。

それでも6時。

ここから 朝の用意が余裕でできます。

朝の早起きは これだから いいのよね。と 思いながら この日は 娘も遠足なのでお弁当が必要でしたので 主人と二人分をつくりました。

作っているとき 

なんだか 体が 痛くなってきました。

(痛いなぁ・・・・凝っているのかな?)

一番 痛いのは 腕のひじの外側から 腕の先に向かっての筋。

人間は おもしろいもので 痛いところに 手がいくんですね。

手でもんでみて 

うわ!!痛ッ!!と おかしいことに気がつく。

両腕。


娘は 遠足なので 早く起きてきて もう 早く行きたいといって 集合場所に15分も早く到着。

風が吹いて寒い。上着も着てこなくて 寒いなぁと 思いながら 集合場所で待ちます。


いつもの朝と 違うことだらけを 体験して 娘を送り 家に帰宅したときは 体中が 痛くなってきました。

これは 熱がでる 痛さだな。

と わかりました。


熱が出始めて体が痛くなることはありましたが 熱が出る前に体が こんなにも痛くなるのは 今までになく、熱が出る前に 横になりました。

お昼までに 案の定 熱が出ました。


あららら 明日は 料理教室で 家を開放する予定なのに・・・

あららら もう先生は 材料の準備してはるかもな・・・・


いやいや もしかして これで 熱が下がれば 大丈夫か 

いわなきゃ わからんか


いやいや 熱が出たのは 何か 風邪の菌があるんかもしれんから 

子供さんたちにうつしたら 悪いしな・・・・


延期するなら 早く言った方が いいよな・・・・


ぐるぐる ぐるぐる 思いをめぐらせて 


結局 お昼すぎに 延期の連絡を したのでした。

お料理教室に参加される予定だった皆様 先生 
どうも 申し訳ありませんでしたm(。≧ _ ≦。)m


夕方 娘のお迎えを 主人にお願いし つれて帰ってもらいました。

娘は 私のおでこをさわり あつっ!!と いい 

私の布団に入り ぬくっ!! といい

そして 一緒に入って スースー眠り始めました。


夜になり 目を覚ましたら 熱は ピークを越えたようでしたが 体がまだ痛く もう一度熱が出るのかな?と 思いました。

食欲が 全くなく 盃一杯のおかゆしか口に入りませんでした。

食卓の上には 母が買ってきた たこ焼きや 回転焼きがおいておりました。

元気ならぺろりと食べるんだけどな・・・・

食欲がないというのは おもしろいな お腹は空いているのは分かるんだけど 欲がない。

欲というのは すごいな。

いつも お腹が空いてるからたべるとおもっていたけれど 欲があるから 食べていたのか・・・。と 考えました。

口に入るのは 買い置きしてあった スポーツ飲料でした。

主人が枕元に スポーツ飲料と ゼリー飲料を 置いておいてくれました。


あまりに食欲がないので 大高酵素を 飲んでみましたが 飲んでみると胃が痛かったです。

胃も弱っているようでした。


一晩寝て 朝起きると 体の痛みが取れて すっきり しておりました。

丸1日 で 回復しました。が 殆ど食べていないので フラフラしました。


で なんだったんでしょうか?この 熱は。

風邪の症状は ありません。

そして 食欲が 熱が下がっても もどりません。



27日は 何かが ゴロッと 変わる日だったんでしょうか?





 

『まんじゅう こわい』

昨夜 主人が 娘のリクエストで 鳥の唐揚げを揚げた。

鳥の唐揚げを 食べた後 娘は 急に 糸電話をだしてきて 

主人に渡し 糸をはり

何を話すのかと思いきや

絵本を 1冊 読み始めた。

その本が

『まんじゅう こわい』

落語絵本を 一冊読み上げ終了。

なんだったのか?

意味深である。

ちなみに 鳥は鳩ではありません。

能ある鷹は爪を隠す

昨日は 体の養生教室をひらいておりました。

そこに集まったメンバーで 最初に盛り上がったのは パソコンの話。


一人のメンバーが最近ブログを開設されてその話。

一同 その ブログの作り方に感心。

美しいものを 作っていく方は そこまでこだわるんだなぁ・・・・

世に出すまでに 何度も 何度も手直しをするのか・・・・と

私とは まるで正反対の 几帳面さを知って 驚き そして、分からないことは ちゃんと分かるようになりたいと思って 生活されているのが よく分かりました。

私は なんて 適当に 生きているのか・・・と 思いました。


しかし 単純な私は 早速影響を受けたようで 昨夜 教えてもらったように いろいろパソコンを触っていたら、一つの問題が 解決。

直接の解決方法を聞いたわけでもないのに またまた解決。

あ〜〜ありがたや。

あなたのおかげです。


彼女のパソコンの話にちんぷんかんぷんといっていた もう一人の友人は パソコン用語はちんぷんかんぷんらしいですが 他のことは ものすごく詳しく、昨日は ガラスが水を通さないけれど空気を通すということが どういう理屈なのか教えてくれました。

ここでも へ〜〜〜〜〜 なるほどね。

ある一つの物事を知っていると 新しいことが 入ってきても 関連させて理解するということができるんですね。


もう一人は 炊飯器で甘酒を作る方法を知っており 昨日の講座の先生はそのことはご存じなく へ〜〜〜 と 感心。

先生は 体の養生のことはもちろん 昨日は豆料理まで教えてもらって みんなで昼食。

と それぞれ 得意分野を 紹介してくださった 体の養生講座なのでした。

そして そのことは みんなが集まったから 分け与えることができた 知識や情報で みなさん いいもの もってるんだなぁと 感心しておりました。

それを あんまり 披露しようとは なさらない 恥ずかしがり屋の 方達ばかりで・・・・


たとえるなら 私は 

紙粘土で 綺麗な丸を作るとして それができたとしたら 

すぐに そばにいる人に 「みて みて こんなんできたよ」と いい、

周りにいる人は 「できたね〜〜」という。

けれど そのまわりのみなさんは すでに丸なんて作っていて 違う色のもできていたり 違う形を作ってみたり しているんだけど 

これって 人にいうほどでもないよな。 と 家になおしている という 感じ。


そう考えると 私って おバカ?(笑)

おバカな私は 今日も 「こんなんできました!!」と 爪を 出しまくり。


能ある鷹の皆様 

能があることは もう お見通しなので もったいぶらないで みせちゃってくださいません?

 


 

調弦

調弦は 基本の音を 聴きながら あわせる

自分の感覚だけだと 結局 あっているのかどうなのか わからない

全体的に あっている と おもっても うまい具合に少しずつ ずれていたりする。


基本の音は ぶれることがなくて いつもそこにいる。


時々は 基本の音を きいて 自分の調弦を してみるといい。


生きているのだから ずれてあたりまえ。

生きているかぎり 調整しつづけるのです。


人とあって 初めて 調整できる気がします。

人との交流は 自分を知る ことなんですね。

ねこ と ねずみ

ねこ と ねずみは いつから仲が 悪いのか
どちらが先に 仕掛けるのか?
ねこが 悪いと思いきや 発端は ねずみだったりするのよね

うめ
うめめ
子供のいろんな姿を撮影 まとめる
子供の今日の姿は 今日しかみられないのである
私は もう二度とみれないものを 毎日みている

白いはとのバスは ナンバーも810
810は ハト と 読めますね

ライアーの音 聞きたいな
調弦は 必要ないね できてます


黒部名水ロードレース

明後日の日曜日

黒部まで行ってきます。

何しに行くのか。それは 娘がメダルが欲しいといったので メダルがもらえるマラソン大会を検索し、そして、見つけたからでした。

ホノルルマラソンで 私がもらったメダルが うらやましかった娘は 

「のんちゃんも ホノルルでたい」と 言っていましたが、いきなりフルマラソンをサポートする力量が親になく^^;

短い距離で メダルがもらえないかと 探したのです。

娘の 今までのマラソンの経験は 幼稚園のマラソン大会 と 小学校のマラソン大会と あと京都の宝ヶ池のマラソン大会に親子で出場。

そのときには 給水もこなして 余裕かと思いきや 途中で 膝の裏に汗をかいて かゆいかゆいと 気になって 途中で歩き 最後ゴールが見えてから走り始めるといった様子でした。

今回は 彼女にとって 人生初めての距離 3キロ。

主人とともに走ります。


レースの申し込みのとき 私は申し込まなかったのです。

それは 娘に申し込んだらあかん と いわれて。

なぜかというと 私も走ったら メダルが2個になってズルイのだそうで、

みんなで一つずつになるように・・・ということで。


さてさて どんなレースになるでしょうか?


主人は黒部 宇奈月温泉観光協会に資料を請求していたようで それをみてみると、最近私たちが汲みに行っている弘法さんの水があちこちにあるみたいなんです。

弘法さんと縁あるのかな?


というわけで 

娘メダル獲得への旅 行ってまいりま〜〜〜す

回復力

ぎっくり腰は 安静が第一。

昨晩は寝返り時 それほど 痛みませんでした。

朝起きると 歩くスピードが 元に戻っていまして、椅子から立ち上がるときも スムーズに。

治っていくんですね〜〜ありがたい。




販売スタート

本日 でじたる書房さんから 『女40ホノルルマラソン旅』を出版していただけることになりました。

電子書籍出版です。

http://www.digbook.jp/product_info.php/products_id/12189




私が 電子書籍を販売するようになるとは・・・・

世の中 おもしろいものですね。


みなさまどうも ありがとうございます。

パフェの定義って?

先日 私が頂いた ミニパフェ というパフェは

ソフトクリームと アイスクリームと フルーツのサイコロカットしたものとチェリーとポッキーが一本ささってました。そして 一番下に クラッカーが1枚。

パフェとは なんぞや?と 気になりました。

調べてみると 

生クリームと アイスクリームが層になっているもの。

アイスクリームにフルーツやチョコレートを添えたもの と ある。

しかし はっきり これと これが 揃って 初めてパフェですよ。というのは ないらしい。

ちなみに パフェは パルフェ 完璧 という意味らしい。

ということは 自分で作ってみて 

「この組み合わせ 完璧!」と 感激!するものができたら パフェとよべるのか。

と 考える。

パフェ研究会ひらくか。


震える

最近 唇が 震えるんです。

これって なんでしょう?

粉砂糖 と 黒胡麻

娘が黒胡麻のクッキーが大好きで 

それならよし!たくさん作れるように材料をたくさん用意してあげましょう と 買ったら、

黒胡麻のクッキーのブームが去ってしまいました。


というわけで、どなたかご入用の方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。


カップ印 粉砂糖 100グラム 36円

九鬼いりごま (黒) 100グラム 90円  です

フルマラソンが残したもの

それは 体重。

去年1年間 フルマラソンに出場するべく なんとか 走行距離を延ばす努力をしていた。

毎日は走れないが 2.3日おきには走っていたし、大会も時々設定したりして 走ることを続けていた。

で、結局 1年間で 3〜4キロ 体重が減っていた。

減っていたけど あまり減ったという自覚はなく もともと 太いので それでも まだまだ 体重ありますよ という 感じで 喜んでもいなかったのだが・・・・

1年間で減らした体重が 半年で戻った。

走らなくなって おまけに 母と同居して おいしいご飯が食べられる。

チョコレートにはまったり 急に ホルモン が食べたくなったり これだけみてみると 妊娠のはまり食いのように聞こえるが 残念ながら 妊娠はしていない・・・・。


ある日 ふとみたら わたしの顔が 丸くなっていた。

もともと丸いが さらに丸い 

あれ?こんなだったっけ?

そして、体重をはかってみた。

増えている。

あたりまえ。

体重が落ちていったときは あまり 自覚がなかったが 増えていくというのは つらい。

体が つらくなるのだ。

今までの体重に戻ったと思えば つらくなることないのだが 一度 楽をかんじた後は つらいですね。

そして 今朝 とうとう ぎっくり腰に なっちゃいました。

私は 何回か ぎっくり腰に なっているのですが 思い起こせば 体重が増えたときに なっているようです。

去年は ぎっくり腰にもならないし 外反小趾 も痛まないし 歩いても 足が疲れないし いい事だらけだったような 気がする。

マラソンは フルマラソン出場のために していたけれど 今後は 健康維持のために しないといけなそうだ。

腰痛がなおったら 再デビューしよっと。


ちなみに 

私の家族にとっては、私がホノルルマラソンに出場したのがきっかけで 主人は今年出場する予定。

娘は 私がメダルをもらったので それがうらやましいらしく 今度の日曜日 メダルがもらえるマラソン大会に出場する。

富山までいって。

私は出場してはいけないそうだ。メダルが二つになっちゃうから。

というわけで フルマラソンは 私には 体重を。後の二人には 走ることを残したのでした。

『カールじいさんの空飛ぶ家』

昨日は同志社大学の多目的ホールで 無料映画上映会がありました。

無料に弱い私^^;

17時15分からの回もあるので 娘を迎えにいってその足で 会場に向かいました。


同志社大学の京田辺校 今出川校では ハローホール(多目的ホール)で、コンサートや映画上映などの文化プログラムを行っているそうです。

ふらっと 立ち寄ってください ということで、京田辺校は 『♭』(フラット)と名づけて入場無料でされています。

ということで 昨日は ディズニー映画の『カールじいさんの空飛ぶ家』でした。


昔々その昔 公民館や学校の体育館で映画上映などがあり 参加したことがありますが スクリーンがあまりよくなかった記憶があり、今回も そういう感じかとおもったのですが 普通の映画館と変わりなく美しかったです。

ただ 一番前の席でしたので スピーカーに近く、音が大きすぎる印象を受けました。

映画館は いくつもスピーカーがあって 横からでますもんね。

まあ これは しかたありません^^;


というわけで、母と娘と3人で、映画鑑賞。

あっ 座席はパイプ椅子です。


ここから映画の内容に少し触れますので DVDでみようと思っている方は 読まないでくださいね。

ストーリーは 冒険家にあこがれていた幼なじみが 結婚し 夢に描いていた家をつくり 人生いろいろありながらも おじいさんおばあさんになるまで 仲良く暮らし、その後 妻のほうが先に他界。残されたおじいさんは 妻との思い出の家で 寂しく暮らす。

妻の幼い頃からの夢は 南米奥地の秘境の滝のそばに 家を建てて住む事。
おじいさんの家の周りが開発されて買収されているが、おじいさんは 家を売り渡さず 一件だけぽつんと残っている。

事件があり 強制的に老人ホームへ収容される日の朝。

おじいさんは 人生最後の冒険に旅立つ。


ここから いろいろドラマがあるのですが、

最近 気になっている 犬や 椅子 や GPSというキーワードまで出てきて、

内心「なんじゃこりゃw(゚o゚;)w」と 思っていました。


そして 最後のクライマックスに おじいさんが家を手放すのです。

こだわり続けてきた家を 手放す。

誰かと通じるところがあります^^;

ここで、泣けてきました。


娘は 学校帰りということもあり じっと椅子に座ってられなくて、私に抱かれていたので、私が 泣き始めたのが 体に伝わって、娘も号泣し始めました。


先日も 私が 感動して泣いたら 娘もつられて泣いたので、感情というのはすぐとびひするんだなぁと思っていました。


おじいさんは 家の中の たくさんの荷物を 家の外に放り出し そして、家を軽くして 移動します。

家はたくさんの風船の力で 浮きます。

浮力が弱まったので、荷物をすべて出すのです。

そして、最終的には 仲間を助けるために 家までも手放すのです。


本当に大切なものを 守るために すべてを手放す おじいさん。

手放すときの台詞「たかが 家だ」


ここで 泣けました。


おもしろい話かと 思ったのですが 感動の結末でした。

お話を作る人って すごいなぁと また 思いました。



今後も 映画上映や 音楽コンサートなどがあるようで 参加したいと思いました。

京田辺校は一般の人も無料で開放されています。



この日の晩 寝る前に 娘が 「カールじいさん また みたい」といいました。

そして「家を はなさはったとき かなしかったな・・・」と。

私が泣いたとき つられて 泣いたと 思っていたのですが 本人も 同じところで 感動していたのか!!

いやいや 泣いたのが先で 感動した場面も 同じだと 錯覚しているのか?

真実は分からないのですが、もしそれが 全く一緒だとしたら、驚きです。

親子はそこまで似るものでしょうか?

ちなみに 隣にいた母は 私たち二人が 号泣していたのも気がつかず いろんな感嘆の声をあげて映画を見入っていたのでした。


荷物を手放したり 家を手放す話なので 母が一番感動しているかと思ったんですが 親子は似るとは限らないようです(笑)


『たんぽぽ』

    『たんぽぽ』
                  ひらやまかずこ


たんぽぽは じょうぶな草です。

はが ふまれたり つみとられたり しても、また 生えて きます。

ねが生きていて 新しい はを つくり出すのです。


たんぽぽんの ねを ほってみました。長いねです。百センチメートルいじょうの ものもありました。

春の晴れた日に はながさきます。

花は 夕方 日がかげると、とじてしまいます。

よるのあいだ、ずっと とじています。つぎの日、日がさしてくると また ひらきます。

花を よくみてみましょう。

一つの花のように 見えるのは、小さな花の 集まりなのです。

小さな 花を 数えてみたら 百八十もありました。

これより おおい ものも、少ないものも あります。

この小さな花に みが 一つずつ できるようになっています。

花がしぼむと みがそだって いきます。

みがじゅくすまで、花のくきは ひくく たおれています。

みが じゅくすと、くきは おきあがって、 高くのびます。

晴れた日に わた毛が ひらきます。

たかくのびた くきの 上の わた毛には 風がよくあたります。

わた毛は 風に ふきとばされます。

かるくて ふわふわ した わた毛は 風に のって 遠くに行くことが できます。

わた毛が 土に おちると、わた毛に ついている 種が やがて めを出します。

たんぽぽは そこで おおきくなることでしょう。

このようにして たんぽぽは、いろいろなところに 生え なかまを ふやして いくのです。



*****************************************


一つの花のように見えるのは ちいさな 花の 集まりだとは しりませんでした。

みがじゅくすまで 低く倒れて また起き上がってくるというのも しりませんでした。


身近な 草花 なのに 知らないことが あったんだと おもいました。

ものすごく感謝された日 A

というわけで 準備も ウキウキで済ませて 車に乗り込み 出発しました。

車の中では うれしいうれしいと 感激の言葉を 言い始めます。

娘は プールに入るのが 一番嬉しいようですね。

1時間ほどかかって 目的地に到着します。

後何分?後何分?と 到着寸前には 何度も聞かれました。

そして、いよいよ 到着するとき、

「ありがとう まま。 こんなに 遠くまで 運転してきてくれて。帰ったら 肩揉んであげるしな」

「やったぁ ついた!」

「まま ありがとうヽ(≧▽≦)/」

この台詞を リピートします^^;


こんなに 感謝されること 普段 余りありません^^;


平日の健康ランドのプールは ほぼ 貸し切り状態で、娘は 水を得た魚のごとく 自由に泳ぎまわります。

最近 人魚姫のDVDを見ていて 潜ることを覚え、自分はメロディ ままはアリエルと人魚の親子ごっこをさせられます。

潜ったり 泳いだり 2時間ほど プールに入っていました。

温泉に入ったり テレビの部屋で 休憩したり またプールに入ったり・・・。

さあいよいよ かえろうと 精算をしようとしたら、なんと 私のお財布にお金が入っていませんでしたw(゚o゚;)w

その時に 母は近くにいなくて 娘だけがいて 

「どうしよ お金がないわ」というと

「のんちゃん おかねあげるで」といいます。

「こぜにがいるの?」というので

「おおぜに やで お札がほしいわ」と答えました。

結局 小銭をかき集めて 払うことができました。

「のんちゃん お札のお金も もってるから かえったら ままに あげるわ」とこの時の娘は 言ってました。


無事 お支払いも済ませることができ、車に乗り込んで5分も経たないうちに 娘は夢のなか。

今朝まで 熟睡しておりました。


朝になり 娘に 「肩を揉んでくれるはずじゃなかったぁ?」

と いじわるを 言ってみました。

娘は 「だって 寝ちゃったもん・・・」と 涙目。

いやいや 冗談ですってば^^;


それから しばらくして 娘が 

「はい まま」と

お札のお金を持ってきました。

主人はそれを見て びっくりw(゚o゚;)w


娘の感謝の灯は 次の日までも 消えることがなかったのでした。

自分のお小遣いも差し出すほど うれしかった娘(お金の価値あまり分かっていないようですが)

平日 学校が休みのときは ぜひ つれていってやろうと 思うのでした。



ものすごく感謝された日

今日は 娘が学校の代休でお休みでした。

私は 平日ということを利用して 土日なら混んでいるところに連れて行きたいと思いました。

で 奈良健康ランド を 思いつきました。

プールと温泉が 一緒に楽しめるところで、最近リニューアルしたそうです。


朝 そのことを 提案して 娘は大喜び パパにも承諾を得て 母とともに3人で出発です。

ところが 娘は まだ 宿題をしておらず 宿題も時間割も 何もかもできたら行くわ。というと やり始めました。

日頃は 学童で宿題をしてきていて 家でやる宿題は 国語の本読みと 鍵盤ハーモニカの練習です。

プリント類は 毎日出ているようですが、答えがあっているかと 確認しないのですが 今日は プリントの宿題を家でしたようで 確認してくれと 言われました。

みてみると なんと ところどころ 見事に間違っています。

全部 間違っているなら分かるんですが どうして 所々なんだろう?

くり上がりの計算が分かっていないようですが あっているところもある。これがおもしろい。

私が教えようとしますが なんだか ちゃんと 聞こうとしません。

わからんねんもん。

という感じで くさってます。

しかし 今日は 餌 が あります。

「ちゃんと きかへんねんやったら 健康ランドいかんと 計算のプリントばっかりしとき」

これは 効きます。

話を聞く 態度になりました。

話を聞いて もう一度したら できるんです。

ここで 面白いことが一つ。

私が 計算を間違った箇所をチェックして そして やり直しをさせたんですが、一箇所 間違っていないところまでチェックしていて、娘は

「何回やっても 88になるねん」と 

最初の答えと 同じになるので どうしていいかわからなく なったようです。

「あ〜〜これは88で あってるわ。ごめん。」といって おわりました。


宿題もでき 時間割も済ませ プールの準備を始めます。

「これも いるよな? 浮き輪も持っていってもいいんやんなぁ」と ウキウキしながら準備します。

「お風呂にはいってから 着替えるの? 同じ服で 帰ってくる?」と聞くので、

「自分の好きなようにしなさい」 と 答えます。

最近 このセリフが多い私。



感謝されたことを書きたかったのに 長くなりそうですね。


つづきます。


車が家になる時代

昨日は 娘の学校の授業参観があり 午前中は学校へ行きました。

娘が帰ってくるまでの間に 弘法大師の霊泉から 湧き出ているお水を頂きに行きました。


帰りに ちょっとお茶ができるところはないか?と探したら 看板を見つけ 看板を頼りに喫茶店に向かいました。

看板に 火曜日定休日とかいてあったのと 珈琲と アイスクリーム と書いてあったのが印象的でした

大通りに看板を出すって 勇気がいるよなぁ と 思っていました。
でも こうして 看板だけを頼りにくるお客がいるのだから 看板を出したことは正解といえます。
細い道を入っていくと 喫茶店がありました。
まず目に飛び込んできたのは 火曜日定休 という大きな文字 店の名前より 大きく書いてあります。
よっぽど火曜日に間違って お客が来たのでしょうか?
「うちは 火曜日はやすんでいるんですってば!!」と いっているようでした。

 住宅街にたっている喫茶店で 敷地を広く取ってあり、大通りに面しているわけでもないのですが、珈琲チケットなどがたくさんコルクボードに張られていて、常連さんがここでモーニングにこられているというのが分かりました。

2001年にオープンしたようで、もう9年もされているんだなぁと思いました。

時間は2時過ぎで ランチの時間が終わったばかりで お客は誰もいませんでした。

私は そこにおいてある雑誌に目が留まり 京都で優しいパン屋さん という本でした。

その本をもって席に着き そして私はミニパフェ 主人はケーキセットを注文しました。

アイスクリームが売りなので アイスクリームを食べないとね。

ミニパフェには ソフトクリームと自分で選んだラムレーズンのアイスとさくらんぼと缶詰のフルーツとポッキーが一本挿してありました。

ケーキセットには パウンドケーキ?と思われるケーキとアイスクリームとリッツと生クリームとさくらんぼでした。

ソフトクリームもアイスクリームもとてもおいしかったです。


私たちは こんなにたくさんの席で メニューもたくさんあって それを一人でこなしてはるなんてすごいなぁと 感心しながら 頂きました。

そして、本をぱらぱらとめくってみてびっくり 先日母といった グランビアのレストランが載っているのです。

本に載るぐらいだから 母が3つもパンを食べたのは正解だったなと 帰って教えてあげようと思いました。

それにしても またグランビア か・・・・と 思いました。


家に帰って 娘が ミッキーマウスののDVDをみました。

そこで キャンピングカーが出てきました。

いつもDVDを 家族みんなでみることはないのに、そのキャンピングカーの部分だけ 娘が
「このおうち 車になるねん」といったので 母と主人と私は テレビの画面をみました。

すると 家が キャンピングカーに変身するのです。

お〜〜〜すごいな。これだったらどこにでもいけるな。といいながら 

そういえば 山村美沙さんが 念願だったキャンピングカーを手に入れたエピソードがこの間の展示の一番最後に書かれていました。

また キャンピングカーだ。と おもい、私も 小さい頃キャンピングカーで旅してみたいと思っていたことを思い出しました。

父も母も九州に田舎があり 時々車で帰省していました。

その頃から キャンピングカーがあれば いいのになぁと 思っていたのです。


最近 TOYOTAも気になっており、夜、

グランビア キャンピングカー で検索してみました。

すると

なんと

グランビアキャンピングカーというのがTOYOTAから出ているではありませんかw(゚o゚;)w


いよいよ 家を持たずに 車で生活する時代がやってきたように思いました。

春は 野草が取れる場所に移動し、次は 潮干狩り 海で魚を採って 秋は実を採る。

そういう場所に移動して暮らす?


そういえば 先日 ニュージーランドでは 使われなくなったバスを家に改装して 電気もガスも通して住んでいる人が たくさんいるらしいです。

家があってもセカンドハウスで バスの家を作っている人もいるみたい。


車が家になる時代が 近いということかなぁ?と 思いました。 

褒められて・・・・

今朝 嬉しい知らせがうちに届き 私たち家族は とっても喜びました。

そして 今日 数人の友人に そのことを お話しました。

みんな 喜んでくれました。

本当に とっても嬉しい知らせで 私が がんばったことが 認められたような気分になったのですが

どうやら 喜んでばかりは いられないようでして・・・・

ちょっと 雲行きが怪しい感じです。

はっきり くっきり ご説明はできないのですが 今日 お会いして 喜んでくださった皆様には 例の件は事情がかわったと ご理解ください。

話がなくなったわけではないのですが 少し 考えたほうがよさそうです。

というわけで、

なんか ぬか喜びさせてしまってすみません。


人間褒められると 嬉しいものですね。


でも 最近 少し今回のことのような 似たようなことが起こっています。

褒めておいて 実は その奥には 違う思惑がある・・・・というような

今まで こんな経験がなかっただけに いろんなことを 考える人がいるんだなぁと 思います。

ということで 褒められて 単純に喜んだ私ですが 少し 世間をしった出来事でした。




地球で一番

先日 青空ブルース&ソウル に 参加した時、

ハワイに1年間仕事で住んでいたという男性と知り合った。

主人は 私がホノルルマラソンに参加した事などを話していたようで、話は盛り上がり、

穴場の店などを教えてくださった。


「私も 住んでみたいんですよ」というと、住むところではない と いい、早く帰りたかったと 話してくれた。

やっぱり 日本が一番いい。

そうか そうかもね。

時々 少しの時間 行くから ハワイは特別な場所なんだね。

住むのは ここが一番いいのかも。


青空の下。

たくさんの人と 料理をしながら 話を していたら、なんだか ここが 地球上で 一番住みやすい場所のように 思えた。

私は ハワイが大好きで ホノルルマラソンに挑戦したのも ハワイに行きたいから マラソンを口実にいけると いうことからだった。


着る物もあって 食べるものもあって 帰る家もあって 自分の好きなことができて・・・

住めば都というけれど 本当に ここは 最高に住みやすい地球で一番の場所ではないか?と おもえた。

そんなことを 自覚したら すごく 嬉しくなった。

わたしって 一番住みやすい所に住んでるかも!

わたしって めでたい?

でも 自分がそう思ったんだから それで いい(笑)


春には野草が生えている場所に住んでいる。


昔ある人が言った。

京都にも大阪にも奈良にも 遠いね。

しかし私は

京都にも大阪にも奈良にも 同じくらいの時間でいけるな。と 思っていた。

やっぱり めでたいか?

でも いいや。

地球で一番 いい場所だ(笑)

歌を歌うように生きる

歌を聴いて 鳥肌がたつことが 立て続けに起こっている。


5月2日は 青空の下でのブルース&ソウル 最後は立ち上がりリズムをとる。

「笑う」とは 両手をあげて踊っている様子を表した字らしい。

そのことを 思い出しながら 今 私 笑っているかな?と リズムをとる。


3日は朝から 映画を見に行く。

その中で 歌が歌われる。ここでも ゾゾゾ〜〜ッと 鳥肌がたつ。

昼からは 友人の娘さんが アイドルグループに所属しており、初めて イベントを見に行った。

一生懸命 歌う 踊る 娘さんをみて 胸が熱くなった。

私の娘じゃないんだけど、一生懸命 歌い 踊っている。

自分が好きなことを 精一杯 やっている姿に 泣きそうになった。感動だ。

自分の娘でもないのに こんなに感動してちゃ もし 自分の娘だったら 号泣だ。


そして 夜 先ほど 

今日はなかなか眠くならず 録画していたものでもみようと リストを探していると 

ハモネプを 撮ったまま 見忘れていたのを発見。

また 歌を聴くことになった。

楽器を使わないで 自分の声だけで、楽器のような音を出し 仲間とあわせて曲を歌う。

演奏するといった感じだ。


決勝に3組が合格した。そして敗者復活で1組が決勝に出ることができて、4組でもう一度歌をうたう。

1度目に歌った歌とは 違う歌をうたわねばならない。

はじめの3組はどれも 本当にうまい さすがだ。

鳥肌がたつほど うまい。

そして最後に敗者復活のチーム。

男の子5人のチームで、大学を皆一緒に卒業するらしい。

学校の卒業式でいつも伝統的に歌われる歌を 歌った。

みな 卒業するのでみんなで この歌を歌いたいという。

それまでの3組 甲乙付け難かった。

そして、この組も 同じようにうまいのだがハーモニーのよさから考えると他の3組のほうがうまかったかもしれない。でも うまい以外に 特別なものが伝わってくる。

審査員の人たちも この組の歌で泣いている。私も泣いていた。

他の組では 泣く人はいなかった。

ハーモニーがすばらしい 以外の 何かが 確実にあるのである。



私は この何回も歌をきいて感動することを体験した中に どんなメッセージがあるのかが だんだん溢れてきた。


ただ ただ 己のしたいことを 一生懸命すると いうことは ただ そのことだけで まわりに何かを伝えることになっている。

誰かに 「こうしなさい」と いわれたことを するのではない。

誰にも なにも言われていないのに 「こうしたほうがいいのでしょ?」と 思いながら動いているのではない。

歌は 歌いたいから 歌うのだ。

歌うと自分が嬉しいから歌うのだ。

相手が喜んでくれるようにと 歌おうとしていないか?

自分が 歌いたいなら 歌うのだよ。


歌を歌うように 生きて生きたいね。

自分が歌いたい歌をね。

どんな歌が好きか どんな歌が歌いたいか

人それぞれなのに。

まだ 自分の歌を 歌おうとしないで 外に 自分の歌がないか 探している。

歌う歌は 自分の心の中に あるんだよ。

自分の心にきいてみて 歌いたい歌 

どうしても 歌いたい歌。

必ずあるんだよ。

自分の心の中にね。


自分の歌を 歌おうよ 

歌を歌って生きようよ

自分しか歌えない歌 歌おう 


 

便利グッズ使いこなしてる?


先日 野外でみんなで食事を作り 頂く会というのに参加しました。

食事をして お腹一杯になったところで、バンド演奏もあるという 夢のような企画。

題して「青空ブルース&ソウル」

そこで、ちょっと 気になったことを。


いろんな料理を作り デザートが フルーツポンチで ボウルにいっぱいのフルーツポンチが出来上がりました。みんながよそえるように ボウルにお玉が用意してありました。

最近のお玉は 考えられており、引っ掛けるところがついているので、ボウルの中にお玉が落ちていかないようになっているんです。

うちの家には このような便利グッズはありませんが、このお玉の存在は知っていました。

「便利ですね〜〜〜このお玉。」とそこにいた 何人かの方たちとは 話したのですが、その後、私はなぜか そのお玉のことを みていました。

すると 大人の女性がフルーツポンチをよそい 何も気にすることなく お玉をボウルの中に入れ、去っていきました。

「どうしよう・・・ボウルの中に お玉がおちちゃうな・・・」と躊躇する様子は ありませんでした。

その後 小学生の男の子が 落ちかけたお玉をとり、よそい その後 ちゃんとボウルのふちに引っ掛けて 立ち去りました。

何かに 気付くって 年齢には 関係ないんだな と 思いました。

大人の女性は いつも 自分の後の人のことを考えていないのか?

あわてていたのか?

そんな便利グッズを知らなかったのか?

知らなくても 「柄がおちちゃうな・・・・」と 少しでも考えたら 気がついていたかもしれないのにな・・・・と 思いました。

便利なお玉を考えた人が みていたら 残念がったことでしょう。


その様子をみて あることを 思い出しました。

昔々 私は缶切りを始めて使ったとき、どうやって使うのか分からなかったのです。

あれ?あれ?どうするの?と おもって いろいろ試してもどうも分からない。

すると その様子をみた 母が

「せっかく 缶を簡単に開けられるのを考えてくれた人がいるのに それを使えないなんて 作った人が 泣くで」

私は ほんとにねぇ・・・・と 納得したのでした。


知ることができたら 気づくことができたら 簡単なのかもしれません。

私は まだまだ 便利グッズを使いこなしていないのかもしれません。

今のこの世を生きる のも 同じことがいえるのかもしれないな と 思いました。

便利グッズ考えた人 じつは 自分です。

ただ そのことを 忘れているだけなのかもなぁと 便利なお玉をみながら 思っていたのでした。

Profile

image
摩耶
京田辺在住です。

New Entries

Comment

Categories

Archives(1460)

Link

Search

Free