上へ

明日 9月1日

大切なものを 高いところへ

水に気をつけて!

類推の効果

今日は 久しぶりに 自画自賛。

自画自賛をしない日々が続いていましたね そういえば。

ちょっと前までは 自画自賛 よくしてたのに なんでかな?


というわけで 久々の 自画自賛は・・・。


夏休みにはいって すぐかな?

久しぶりに 昔の仕事仲間と会って はなしていたら その人が ミキサーを使うのは 簡単だ。と いったんです。

今まで ミキサーは 洗うのが面倒 という人ばかりで おき場所がないとか マイナスばかり聞いた覚えがあるんですけど、その人は、朝ごはんに 娘さんが ご飯をちゃんと食べなくなったから 野菜と果物と豆乳ジュースをつくって飲ませるようにした。と いっていて 

「ミキサーさえ洗えばいいから 簡単」と いったんです。

私 この言葉に反応して そうか ミキサーは 簡単。

単純な私は 早速 ずいぶんと眠っていたミキサーを出してきました。

 
そしたら なんだか ミキサーがくさくて、使うときに洗えば 大丈夫なんですけど 洗って伏せておくとまた なんかくさくて・・・・

へんだなぁ・・・と 思ってたんですよね。

そうおもって よくよく見ると 分解して洗うべし の部分を ずっと 分解したことがないことに気がついてね。

お? ここって はずれるんちゃうか?と 思い始めたわけです。

ミキサーの底の部分です。

絶対 これ 分解するんやな したことなかったな・・・・・ということは・・・・(恐)


それで 分解しようとするんですけど びくともしない。

回らない。

ネットで調べてみると やっぱり 分解できそう。



主人に 「ここはずれるはずやし 回して」と お願いするも 回らず。


え〜〜〜〜 どうしよう・・・・と 何日か 過ぎておりました。


その間 ミキサーは使っていました。


知人が 「洗うだけだから 簡単」 といった一言で 毎朝 豆乳ドリンクを作るのが楽しい楽しい。

ちゃんと 洗いたい ぜったい 外れるはず。

でも どうしても 硬くて外れません。


昨日 電気屋さんに別の用事で いきましたが そのときも ミキサーのコーナーを見てみると いろんなミキサーが おいてあって 私が 外れるんではないか?と 思ったところを回してみると 簡単に外れます。

あ〜〜〜〜やっぱりぃ ここはずして 洗うんよねぇ〜〜〜



そして 今日。

台所の洗い物をしているときに、ふと 「類推」という言葉が浮かんだのです。

夏休みになって 娘が 教育テレビをみていて 私も一緒にみていたら この 類推 という言葉を教えてくれました。


ひとつの物事をいろんな視点から見てみる。


そして 解決の糸口を探す というような意味で 問題を解いていく考え方のようなものです。

この類推する力が優れていると いろんな問題が解けるんだそうで・・・・


「類推」か・・・・

ミキサーを眺めながら 考えていてね。

ここって 瓶のふたのようになっているよなぁ・・・・

瓶のふたって 開かなくなると 暖めて あけたりするなぁ・・・・

ということは ここにお湯をかけてみたら 開くかも!


そうおもって ちょうどお茶のお湯を沸かしていたので そのお湯を かけてみたのです。

そして 回してみると・・・・・



あいた!!




なんと 簡単に 開いたのです。



お〜〜〜〜〜類推したら 問題がとけた!!


そんな感じ。



私って偉いなぁ できたな あけられたな よく気がついたな えらいぞ!!

と 

久々に 自画自賛した一日でした(笑)

8月の新しいこと

『8月から 新しいことを ひと月に ひとつずつ はじめたら?』と だれかにいわれた気がして(誰?(笑) 

はじめました フラフープ。


はじめは1分回すのが精一杯。

しかし やればやるほど うまくなるもので 3分。5分。と記録を伸ばし、今日は18分も連続でまわせるようになりました(笑)

一日に40分は 回そうと目標を決めています。

その目標達成に 欠かせないアイテムが

『キッチンタイマー』

キッチンタイマーを 40分にあわせます。

スタートすると同時に回し始めますが フープを落としてしまったり 中断しなければいけないときにとめます。

すると

自分が まだ やり残している時間というのが 確実にそこに残りますので それを0にするために また やってしまうのです。


いまのところ 続いております。


汗は 半端なく 流れます。

ぱそこんちゃん 2

ぱそこんちゃんが 復活したあと 今までのようにつかえるようにするために 必要なものをインストールします。

インストールした後 必要なデーターを復元?します。

そんなやり方も わかりません。

もう一度 弟が来てくれました。

めでたく データを取り出せるようになり ご依頼いただいていた 名刺の製作にかかれることになりました。

お待たせしていた方々 近々 納品させていただきます。

もうしばらく お待ちくださいませm(__)m

今 ここの 仲間

今 ここの仲間。

今 向き合っている人との つながりを 大事にしよう。

あなたは 今 ここで 生きているのだから。

リンクてすと

http://www.google.co.jp/
http://www.google.co.jp/

千葉へ行っておりました

8月4日の夜から千葉の妹宅へ 行っておりました。

今回の旅は 急に決まり 行ってまいりました。



4月に 会った 姪が 驚きの成長を見せていた。 7月に3歳になったばかりの姪。

かわいくてたまらなかった。


別れるとき 私たちは 車を発進。

姪は 姪の祖父母と母に連れられて 階段を上った。

お互いが 正反対へ 道を進んだのだが 姪は 手を引かれながら 何度も振り返った。

3人の大人は 話をしながら 階段をのぼる。

私たちのほうを振り返っていたのは 姪だけ。

階段を上りきると もう振り返らなかった。

その姿を 思い出すと なぜだか今 涙が出る。

姪は どんな気持ちで 何度も振り返ったのだろうか?




近かったら 毎日 抱きしめたい 姪である。


 


頂き続き

8月1日。

工務店さんの企画で 木工教室が行われたので 参加してきました。

参加費無料。お弁当つき。

おいしかった。

たのしかった。

大工さんに教わりながら 木工作業 ものすごく勉強になりました。



今日 8月3日

京田辺にある チェーンの工場 椿本チェインの 見学工場が抽選であたり、

(540組中 40組に入ったんだって)(≧▽≦)ゞ

工場見学のあと お昼ごはんがついてきた。

それも バイキング 好きなだけどうぞだ。

小学校高学年のお兄ちゃんなんか 何度もおかわりしていた。

こちらも 参加費無料。


ただで 食べ物をいただけるなんて ありがたい。


2度あることは 3度あるか?

期待した時点で 可能性が消えた気がする。

流れ的には

1日 3日 ときたので 5日かな?

千葉に旅行に行っている。

あっ ディズニーランドにいるはず。

「これ食べてください。」なんて ミッキーちゃんが もってきてくれる?

んなわけないか(笑)

言葉の力?

今日 驚く体験をしました。

毎日 夕方に 犬の散歩をしています。

毎日といっても この4月くらいからで 犬は娘が生まれる1年前から買い始めていたので8年の付き合いですが、この8年 いろいろあって 世話は ほとんど 義父がしてくれていました。

野小屋で飼っています。

私の なんの 心境の変化かわかりませんが 4月ごろから 散歩に連れて行くようになりました。

私が おすわり!というと 座るときもある。くらいの 関係です(笑)

先日は 綱が手から離れてしまって その先に 人が歩いておられたので やばい!と おもって

「サスケ!サスケ!」と 呼ぶと 戻ってきてくれました。

サスケは 女の子で 娘が生まれる前に 自ら子犬を出産し、

(お産というものは 本来一人で すべて できるのじゃ)というのを 示してくれました。

なぜ サスケという名前かというと 顔の片側の目の周りが茶色くて 眼帯のようなものをしているように見えて、昔のアニメで猿飛びサスケ というのが私も主人も頭に浮かんで それでサスケにしたのです。


それはさておき 

今日 起こった不思議なこと。

散歩中 サスケが 娘のほうに 寄っていったので 娘が 泣いてしまいました。

娘は あまりサスケに慣れていないので 近寄られるのは いやなのです。

娘の機嫌が もともとあまりよくなかったこともあり 泣き出してしまいました。

なので 私が 

「もう!サスケ!! のんちゃんが ないたやんか」と 言葉を発したのです。

すると

するとです。

サスケが あぜ道から田んぼのほうに転がって落ちていったのです。

ええ??

なに???

綱が足にひっかかったん?

そう思いました。


でも 引っかかってません。


綱を引っ張ってみると サスケは 後ろ足が 麻痺したように 立ち上がりません。

(うわっ 急に病気になったんか?犬って こんな風におかしくなるの?)

「どうしたん?サスケ サスケ おいで!!」

そういうと サスケは よろよろと 立ち上がり 道に戻ってきました。


そして 普通に 歩き出しました。


・・・・・。



今の なんやったん?


こら!!サスケ!!って 大きい声を出したわけでもないのに・・・・


サスケは 娘を泣かせてしまったのが わかったん?

まさかね・・・・・


娘が泣いて 私に怒られるとおもったん?


信じられないような 出来事でした。


もしかして 私の言葉に 恐れおののき 腰が立たないくらいおびえたのだとしたら、

私に怒られる回数の多い 娘は どれだけ ダメージを受けているんだろうか・・・と おそろしくなりました。


これって 言葉の力?

ほんとに どうして こういう現象が おきたのでしょうか?


なんか おそろしいな 言葉って と 思いました。

Profile

image
摩耶
京田辺在住です。

New Entries

Comment

Categories

Archives(1460)

Link

Search

Free