おはようございます

今日も 朝陽がみれました。

ありがとうございます。

あと一日待てれば・・・・

自ら命を絶つ人が います

もう 今の世に 希望が持てなくなって 命を絶ってしまうのでしょうか?


たとえ今日が 本当に暗闇の中で どうしようもなくても

あと一日 待ってみてください

明日には 信じられないくらい 事態が好転する可能性があるのです

自分の力 だけでは どうしようもない と 考えがちかもしれません

でも 自分の力ではないことが 自分以外のところで 動いていて 

明るい光が差し込む可能性は 充分にあるんです


今はただ 事態が好転するかもしれないという 想像ができていないだけで 

考え方を広げると たくさんの可能性があります


諦めないでください

せめてあと一日

朝日が昇るのを みてください

今日とはちがう明日が 待っています

ラヴ・ラプソディ  〜平原綾香〜

愛してる あなたを

つないだ手は あたたかい

抱えている悲しみに 立ち止まってしまうとき

いつだって あなたが手を引いてくれる


愛してる あなたと 遠く広がる 海を見てる

弱いときは 強さを しあわせなら 微笑を

いつだって 私のそばにいてほしい


答えは 自分の中にある

あなたがそっと 教えてくれた

「必ず乗り越えて行けるさ 心に光があるから」


ありのままの 私を 愛してくれる人がいる

ありがとう 出会ったその日からずっと


抱きしめて 何度でも

そう いつだって 繋がってる


愛することは 生きること

感じること 信じること

怖れない あなたは私の光だから


愛してる あなたを いつでも  mm・・・・

後からくる感情

災害が起こったすぐは 大変で、 悲しいという気持ちよりも やらなければならないことに気持ちが向いて 泣けないのではないだろうか?

でも 被災してしばらくすると なんともいえない悲しみに包まれる。

悲しいとき 泣ければいいけれど、今 集団で生活している人たちは 一体どこで泣いているのだろうと思った。

また 泣いちゃいけない なんて おもって 泣くのを我慢している人いないかなぁと 考えた。

ひとりになれる場所があって そこへ自分の足でいければいいけれど 体が自由に動かなくて一人になることもできない人もいるんじゃないかな?


どうか 泣きたいだけ 泣いてもいい場所が あって そこで 思いっきり泣けるといいなぁと 思いました。


空を飛べるよ

今までよりも よい生活が 待っています。

自分で これは 無理だろうと 諦めさえしなければ

自分が思うとおりの 生き方ができる。


変化するとき 多少の痛みは伴いますが、

きっと さなぎから 蝶に変化するときのあおむしは、自分がどうなってしまうのだろうと思いながらさなぎになり そして このままで 一生を終わるのかと思っていたら 蝶になる。

ずっと あおむしのままでは いられないし ずっと さなぎのままでもいられなくて、でも変化するときは ちょっとドキドキして もしかして ちょっと 痛いかもしれなくて・・・。

それでも 必ず さなぎになり 蝶になる。

さなぎのときは 身動きも取れなくて 外の世界とも通じることができないけれど 体の中では確実に変化をつづけ、準備が整ったら まったく別の姿で外の世界に飛び出せます。

今までは 空を飛ぶことができるなんて 考えもしなかった。

自分が空を飛ぶなんて。

でも さなぎのときを乗り越えたら 空を飛べる蝶になります。

蝶になったら 一緒に 今までいったことのない花畑にいきましょう。

大丈夫 

今を乗り越えたら 

必ず蝶になれるよ。

もしもの想定

もしも、被災したら…

ということを 話し合っておられることと思います。

もしも、電話やメールが使えなかったら、どういう連絡方法をとるのかを考えるとします。

それをいくつかのパターンを考えるようにしてください。

方法はひとつではなく、この方法も こっちの方法もある という風に。

いくつも、想定できるだけしておいた方がいいと思います。

大地震

5月19日(木) 大地震発生。

この日から数えるよ。

無事を確認してください。



自分本位の思いやりでした

私は 今まで自分が思いやりがないとは 思っていなかった。

周りの人のことを傷つけようと思ったこともない。


でも このたび ひとつ気がついた。


私の思いやりは いつも 自分が基本。

私は 気にしないことだから 相手もこんなことでは気にしないだろう。

そういうふうに考えていたようだ。


相手の性格を理解して その人に必要な言葉を話す。


そういうことができていない と 3年ほど前に ある人に教えてもらったけど、それが 今やっとわかる。

私は いつも 自分本位だったのだ。

自分中心の 思いやり

そんなん 思いやりと違います。


そのことが やっと やっと わかりました。

これからは かかわる人をちゃんとみて ちゃんと感じて 過ごしていきたいと 思いました。


本当に 思いやりのある人になりたいと おもいます。

『愛してる』

弟が初めて 飲みに誘ってくれました。

父が死んでから 弟と接する時間が増え いろいろな話をするようになりました。

今まで したくてもできなかった父との思い出話も 父が死んだらできるようになるんですね。

弟が覚えていること 二人が覚えていること いろんな思い出があります。

それぞれの角度で 親をみていたのです。あたりまえですが・・・・。


父が弟と会わせてくれているような気がします。


このたび 相続放棄という手続きをとり どこかに訳のわからない借金などがあった場合 負の財産として相続してしまうので、それを避けるために 兄弟3人で相続放棄の手続きをしたのでした。

父のことが 一件落着したとおもったら、今度は 私に相談事ができ、そのことをチラッと弟に話したので、今回 弟が飲みに誘ってくれたというわけです。



京都で待ち合わせ。

弟は父と一度来たことがあるという居酒屋さんに連れて行ってくれました。

これもなんだか 嬉しい。

 父が近くにいるような気がします。

弟は 私とは正反対の気質の持ち主で 何事も冷静沈着。全体を見通して物事をしゃべるという、私とは似ても似つかない弟。

いろいろと話しを聞いてくれながら 自分の意見もきっちりと話してくれます。

弟は 「私たち兄弟は 父親に愛された時間が短かったというのが今の性格を作っているとおもう」といいました。

私は それはそれで いい と思いました。

今の性格になるべくして なっている。

そのために 父は父をやってくれていたとおもうのです。

それに 父とかかわる時間も短く 弟にとっては あまりいい思い出もないようですが、それでも このように立派な大人になっている。 人は成長するのです。

今 弟は 家庭を持ち 二人の子どもにも恵まれています。

父親が どんな人であっても 息子は立派に育つんだなぁと 弟を見ていると思います。

弟は 最後にこういってくれました。

「姉ちゃんが 毒薬を撒き散らすなんてことをする以外は 何があっても味方やで。」

そして

「姉ちゃんのこと 愛してる」と。


つい3ヶ月前。

父が私の前に突然現れて 

「まやちゃん 愛してるで〜〜」と言ってくれたときのことを 思い出しました。

私に 愛してるといった次の日、

父が他界してしまったので 弟も他界してしまわないかと不安になりました。


『愛してる』


なんて素敵な言葉なんでしょう。


「生きているうちに 愛している人に 愛しているといっておいた方がいいよね。」と 言い合いました。

私に 愛していると 言ってくれる人が この世に 存在する。

それだけで ただそれだけで 生きていて良かったと 思える。

人間は この世に 愛を探しにきたのかな?と 思います。

愛する人に 会いたい

愛し合いたい

そうおもって 生まれる。

でも そのことなんて 忘れて 生まれてきて そして 

愛し合える相手を探すのです。


そうだとしたら 私は 愛し合える人に出会えて 幸せです。


弟は 母のことも 妹のことも愛してると いいました。

愛してると宣言するなんて すごいなぁと 思いました。


私も愛していると 言える間に いっぱい言いたいと 思いました。



選ぶ世界

ひとりでいるとき 一人の世界

二人でいるとき 二人の世界

仲間といるとき 仲間との世界

私達は その瞬間 瞬間で いろんな世界を渡り歩いているのかもしれないと ふと 思った

同じ世界にいきたくても 生きられない場合もあるし

この今の 大変な状況を 共有している私達は わざわざ この世界に生きるために ここに来たともいえる

だから 怖がる必要はない

わざわざ 自分で選んできた世界

ここから どうしようか

これから どう生きようか

そのことを考えて 自分が どう生きていこうか決めて そして 生きていくということをしに 今 ここにいるんだから

自分で生きる

自分を生きる

そのために 今 ここにいる


今日 出会う人 

今 言葉を交わす人

それは その瞬間 生きている世界が 同じになる

そして また ひとりになったら ひとりの世界

みんな 自分だけの世界を 生きていて 一緒の世界で生きたいと思う人とだけ その瞬間同じ世界に生きられるんじゃないだろうか?

たとえば 二人で一緒にいたとしても 一方が 話をしていて もう一方が別のことを考えている。

同じ場所にいても 別のことを考えていたら その瞬間は 同じ世界には住んでいないと思う。

ということは 同じ場所に居なくても 同じ意識を持っている人は 同じ世界に住んでいるということになるのか。

とにかく 自分が住む世界は 自分で選んでいて そして 一緒の世界で生きていきたいと思う人とは 一緒に生きられる。

その場合 お互いが そう願わないことには 生きられないと思うけど。

インターネットをつなぐのと 同じことかな?

どこにでも 繋ぐことはできるけど 自分で繋がないことには 繋がらない。

自分で選んでいる。

無条件の愛

見返りなんて 求めているつもりではないのに

いつの間にか 求めていた自分に気がつく

見返りを求めないなら なにも苦しくないのに

求める心があるから 苦しくなる

相手に 何かをしてもらうために 生きているのではなく

自分が相手に どれだけ してあげられるかで生きることができれば

こんなに幸せなことはない

これが 無条件の愛なのか

無私の愛というものなのだろうか?

庭にて

昨日 庭の整理をして そして夕方から 自宅でバーベキューをしました。

知り合いの息子さんが 帰省しており その知り合い家族と息子さんの友人とうちの家族でバーベキュー。

娘はこの息子さんが大好き。

「まだ?まだきはらへんの?」と 心待ちにしておりました。

庭を整理していたら 娘が庭に出てきました。

そして レモンバームが もりもりと茂っている様子をみて、いいました。

「これ なにかできたらいいのにな」

私も そう思っていたのです。

よもぎは同じように もりもり茂っていて てんぷらにして食べられます。

レモンバームは お茶にするとか ケーキに添えるとか それくらいしか活用したことがなく、でも これを食べられれば 何も食べるものがないときに助かるだろうし、それにどんどんすごく増えるし 活用できたら いいんだけどなぁ・・・と 思っていました。

そしてしばらくして 知り合い家族がやってきて、この場所で バーベキューを始めました。

ご主人に、

「このレモンバーム なにかにつかえへんかなぁ?」と聞いてみました。

この知り合いのお宅の庭には たくさんのハーブが植えられているので、なにかご存じないかな?と思ったのです。

話しながら そうだ、よもぎとおなじく てんぷらにしてみてはどうか?と思いつきました。

やったことなかったけど やってみたら おいしいかもしれない。

毒草ではないから 大丈夫だよね。

そうおもって 新芽の部分の葉っぱをつんで やってみました。

なんと 食べられました。

無味無臭な感じではありますが、いけます 食べられます。

葉っぱがしっかりとしているので 食べ応えがありました。

どうして今まで してみなかったんだろう?

よもぎと一緒にこれからは レモンバームもてんぷらにすることにします。



今日 出かけるときに外に出た際 整理した庭をみて 娘が 水をかけてくれました。

「ホースで かけようか?」と娘は言いましたが 私は 「ためている水にして」 といい、ためている雨水を柄杓ですくってかけてくれました。

水をかけながら「これ何?」むすめは ねぎを知りませんでした。

ずっと そこにあっても 意識しないとみていないし、知らないものなんですね。

そういえば、昨日バーベキューのとき、知り合いのご主人は 麦を引き抜いてしまいました。

植木鉢に植えられていたわけでもない麦は 麦にみえなかったらしく、なんにも考えないで抜いちゃったらしいのです。

意識してみないと 雑草に みえたんですね。

同じようなこと 私もしているのかもしれないなぁと 思いました。

大事なものを ちゃんと 見極めなさいと いうことかもしれません。








昨日、野草のてんぷらをいただいたら、急に庭の様子が気になった。

この庭に野草がびっしり生えていたら 毎日野草のてんぷらがたらふく食べられる。

そう思って庭の整理をし始めたら、雑草にまぎれてカモミールがあちこちから生えてきている事に気がついた。

カモミールは 見ていても可愛くて 匂いも甘くて つんですぐお茶にもできるし たくさん生えてきてくれて嬉しい植物だ。

種から育てた ももいちごも とっても小さな葉っぱになったけど、まだ生きてくれています。

からすのえんどうをみて ふと おもいました。

そういえば 去年 これもてんぷらにしたんだった・・・・

けれど、どの部分をつんで てんぷらにしたのか 忘れてしまいました。

どうして 忘れてしまうのか・・・・

からすのえんどうを食したことさえ 忘れていました。

たんぽぽも 生えてくれているし 

私が今 雑草と おもって抜いているのも もしかして 全部食べれるのかも・・・・。

食べれる野草マップ作れるかも。





春のごちそう

今年も 春をいただきました。

うど

ユキノシタ

よもぎ

たらの芽

大葉


自然の中で てんぷらにしていただこうと さあ 揚げよう としたとき

「ちゃんと 洗った?」と チェックが入りました。

私は 乾いたままのほうが てんぷらに都合がいいので 洗わずに揚げようとしていたのです。

生で食べるのではなく、てんぷらにするんだから、油で消毒になるんじゃないのかな?と思いましたが、野草はよく洗う方がいいそうで、水でよく洗って 水分をふき取ってから てんぷらにしました。

食べられる野草を発見しても 綺麗な水がないと 安心して食べることができないんだなぁと思いました。

この場所には 川が流れていましたが 川の水も 飲まない方がいい水らしく、ここでも、【ろ過】するものがないと水があっても飲めないのか・・・・と 思いました。

私達は いつのまに 流れる川の水も飲めないほど この地球を汚してしまったんでしょうか? 



野草のほかにも いろいろな食材を 用意しました。

レンコン

アスパラ

しいたけ

えび

いか



ししゃも

とまと

ベーコン

たまねぎ

ズッキーニ




野草を食した後の れんこんには すごく強い力 のようなものを感じました。

根菜の力でしょうか?

また アスパラやズッキーニは 野草にはない 甘みがありました。


でも 私が この日 一番おいしいと思ったのは うど でした。

うどは 葉も茎も どこも捨てるところがなく、すべていただけます。

去年も うどを 食べてみましたが 去年より おいしいと感じました。

うどに 慣れてきたのでしょうか?(笑)

春の味を堪能した後 山を散策しながら 去年 野草を教えてもらいながら摘んだことを思い出しました。

見渡しても どれが食べられて どれが食べられないのか はっきりわかりませんでした。

いたどりは 特徴的なのですぐにわかりますが、

これぜんまい?と おもうのは シダだったり、ギシギシ?とおもうものも 確信がもてず・・・。

よもぎも よもぎにそっくりで毒性のあるものもあるから 気をつけないといけないと 教えてもらいました。

いざとなったら 何でも食べてみたらいいわ と 思っていましたが、毒のものもあるので気をつけないといけないんですね。

去年 採取したよもぎを 植木鉢にうえて 今年それが増えて もう2回もてんぷらにして食べました。

よもぎの横には 今 麦が 生えています。

去年 植えた麦が こぼれて 生えてきたのです。

種まきをしなくても 種は 育つ時期に ちゃんと芽を出すんですね。


春のごちそう 

来年も食べられるといいなぁと 思いました。

どうぞ捨ててください

明日からゴールデンウィークという日

娘が突然買い物の帰りに私にこういった。

「ままぁ きょう いやなことがあってん」

どんなことが嫌だったのか?とたずねると、

担任の先生が 「算数の教科書に丸がついてない人は 丸をするので、もってきなさい」 と

いったのに 娘は もって行きそびれて そのまま 帰ってきてしまった。というのだ。

だから 先生が 怒っていないだろうか?と 心配らしい。

どうして 先生のところに 教科書をもっていかなかったのか?と 聞いたが もっていきづらかったかららしく、娘は 算数が苦手なので できないことを 怒られるとでも思ったようだった。

私に 一言 「いやなことがあった」と いってから そこから ずっと 娘は 自分の心の中にあったことを 吐き出し始めた。

こういうふうに 謝ればいいかなぁ と 謝る言葉をかんがえていってみたり、

でも 先生 怒らはるかなぁ といってみたり。

私は その度に

「ままやったら 正直に いってくれたら そのことをまず すごいなぁと ほめるとおもうけどなぁ」というと

娘は

「先生は そんなことでは ほめはらへんと思う」

と なかなか シビアに おとなをみているようだった。

そして 結局 今度学校に いったら あやまるということに 決めかけたが それなら 休みの間中ずっと気にしていないといけないということで、娘は 今電話をかける という結論に達した。

そうか それなら 今 解決するなぁ と 電話を掛ける。

娘は ひとりで 暗い部屋にいき、そこで 先生と 話した。

話し始める瞬間から 泣き始めた。

泣きながら 一生懸命 話していた。

娘は 話の最後に「ごめんなさい・・・ごめんなさい。」と 謝っていた。

先生は 私に

「ここまで いわせてしまって すみませんでした。」と いわれました。

電話を切って 娘を 抱きしめました。

娘は まだ それから しばらく 泣き続けました。

「がんばって よく いえたなぁ。よかったなぁ 電話 かけて」と いいました。

それから しばらくして泣き止んで なんども なんども

「よかったぁ いってよかった すっきりしたぁ」と娘はいいました。

ご飯を食べた後も 寝る前も そして次の日 起きてからも

「すっきりしたぁ〜〜いってよかったぁ」を連発しておりました。

本当に 言ってくれてよかったと 思いました。

「嫌なことが あってん」と 言ってくれないままだったら 

娘は 心の中に この想いをためたまま 悶々としていたでしょう。

吐き出せてよかった。と 本当に 思いました。

今 娘は 3年生ですが これから 大きくなっても 心の中を吐き出せる相手でいたいなぁとおもいました。

そういえば・・・ 

今の職場の仲間たちが 先日 うちに 遊びに来てくれました。

その皆さんも 今日は いっぱい 吐き出せた といって かえっていきました。

私は ゴミ箱かもしれません。

みんなのゴミ箱になれれば うれしいです。

被災者からの希望

被災者の方から 

「娯楽がないので 本などがほしい」という希望が届きました。

友人が 炊き出しにいかれるので、そのときに 届けてもらうことになりました。

おうちで眠っている 

単行本 小説 漫画 絵本 など ありましたら ご協力いただけませんでしょうか?


ご協力いただける方 ご一報ください。

Profile

image
摩耶
京田辺在住です。

New Entries

Comment

Categories

Archives(1460)

Link

Search

Free