天使が舞い降りる朝

今朝、娘はふと目を覚まし、

「まま 毎日よく頑張ったね 今日は土曜日だね えらかったね」と優しい声でささやき、

私を優しく抱きしめて、そして、もう一度眠りにつきました。


昨夜、一緒の蒲団に寝てよかった。

素敵な朝でした。



【箸】

悲しみや苦しみがあるからこそ、それが自分の輝きになる、磨くとそれらが、美しい模様になる。何もなければ、輝かないのです。


紅葉の想い出

今年は、この紅葉の時期に外に出る機会が多く、紅葉ってきれいだなぁと思っておりました。

「紅葉を見るためにでかけたことはないなぁ。紅葉はきれいだなぁ」と、想っていたのです。

桜は見に出かけたことがあるけれど、紅葉はないなぁと。

奈良でも京都でも、そして、家の近くでも今年はたくさん紅葉を見ることができました。

きれいだなぁ。今まで、どうして見てこなかったのかなぁ…と。


先日、初めて行く場所の紅葉を、二日続けてみました。

「昨日も見て、今日も見ることができたなぁ。よかったなぁ」と、思った瞬間思い出したのです。


私、紅葉見に行ったことあるやん。

正暦寺の紅葉も、大山崎の美術館の紅葉も…。


あんなに感動したのに、あの紅葉を見たことを忘れていたなんて…。


忘れるって、忘れて思い出さなければそれはそれでいいんですけど、思い出してしまったときに、ショックを受けますね。

こんなことを忘れてしまったなんて…。と。


あんなにきれいな紅葉をみたことを忘れていたなんて。


今年の紅葉も忘れちゃうのでしょうか?



でも、私、こんなはずじゃなかった とは、思っていないのです。

というのも、昔から、見る映画で、記憶をなくす映画を見る確率が高く、なぜ、私はこのような類の映画ばかりをみるのか?と思っておりました。

映画が好きで、よく見るというわけではなく、たまたま見る映画が、そのような映画。

そして、知人に勧められた映画も、そのような映画。

私、将来、記憶をなくすのかなぁと、なんとなく思っておりました。

なので、あ〜やっぱりね。という気がしているのです。


ここに記録をしておいたら、それを読めば思い出すでしょうか?


秘密保護法っていうのが、できたとか?

それは、ブログなどで自分の想いを綴るという、言論の自由もなくなるということだよ。と友人が教えてくれました。

ここにこうして、自分が思ったことを記していける日も、終わるということですね。

いろんなことができるようになったけど、いろんなことができなくなる。

そんな世の中になっていくらしいです。


100日修行師匠に再会

今日は、私に100日修行を教えてくれた、シンギングリン演奏家の白井貴之さんにお会いしました。

ブログ更新205日で連投ストップして、終わった〜〜と思った次の日にお会いできるとは、修行は終了だよお疲れさまと言われている気がしました。

100日修行をスタートするくらいの時にお会いして以来ですから、200日は確実にお会いしていなかったのですが、お久しぶりに拝見したお姿は、無駄なものをそぎ落とされたように、以前よりますます引き締まっていらっしゃるような気がしました。

今日は、シンギングリンを使っての瞑想会でした。いろんな本を読んでも、瞑想はいいと書いてあることが多いので、瞑想ってどうやるんだろうとおもって興味がありました。

リンが共鳴する音を聞きながら目を閉じ、その時にどんな感情が浮かんでくるかを、ただ感じるだけだとおっしゃいました。
そうか、何を思い浮かべるか、浮かべないか、それは瞑想が始まってみないと分からないのだな。とおもい、目を閉じました。

私は、いろんな思いが浮かんできました。

その時間、実際に体験していないけれど、思い描くことは体験していることとあまり大差ないのではないか?ということ。想いの世界は自由だということ。私しか、今、この想いを持っていないのだということ。喜びも悲しみもいろんな思いは、自分の思い通りになるということ。悲しもうと思えば悲しめるし、喜ぼうと思えば喜べるし、どうとでもなるな、面白いな。と思っておりました。

そして、最後に思ったのは、「自分を使って遊ぼう」と。

何がしたいの?これが好きなの?あ〜そうなの?じゃぁ好きなことやりなさい。

これからは、自分と対話して自分を相手に遊ぼうっと。ってなことを思いました。


ところで、余談ではありますが、この瞑想に入るまでの師匠の話に密かに大うけしておりまして、必死で、笑いをこらえておりました。

人間は、ハミングをすると、体が自分で調律してくれるらしく、師匠は電車に乗っていて、電車の揺れを感じながら体を揺らし(全身貧乏ゆすり状態)そして、ハミングもしているそう。

「誰も気が付いてませんよ」と師匠はサラッとおっしゃいましたが、師匠!それは、みなみて見ぬふりをしているのですよ。と、一同が突っ込みを入れました。

しかし、師匠は、「そうかなぁ。気が付いてないと思うんだけど…。」というお顔。

師匠は、人の胸元を見ただけで、暗い感じ とか 明るくなったね とか、おっしゃるのに、自分の姿を人が見て見ぬふりをしているということに関しては全く気付かれていない。

私は、ここがツボにはまってしまい、こらえるのに必死。

師匠は、私が笑いをこらえていたのがわかっていたのでしょうか?


そんなこともありながら、瞑想に入り、あっという間に20分という時が立ちました。

時間をとても短く感じました。

リンの音が、私の体にどう影響したのかは、わかりませんし、音が高くなったとか低くなったとかも全く分かりませんでした。

ひたすら、私は、自分の湧き出る思いと遊んでいたという感じでしょうか?

これが、瞑想ができたとは言わないかもしれませんが、私はとても楽しい時間でした。


今度、師匠にお会いできる時には、私も、もう少し、いや、めいっぱい無駄なものをそぎ落としてお会いしたいと思います。

ありがとうございました。



【十二単】

【8年ぶり】


おわりました〜〜

昨日、連続ブログ更新が終わりました!!

数えてみたら、205日。

昼間、た〜〜ぷり時間はありました。


勤労感謝の日だから、お休みいただいたのでしょうか?(笑)

ブログ更新って、勤労か?(笑)


でも、春から続けてきたことが、終わりましたね。


筋トレは続けるとして、これからは、違うことをしましょう。


みなさま 長い間、ありがとうございました〜〜m(__)m



千日ブログ。千日ならず。205日で終了。仙人は程遠い。


【パントマイム】

今日もありがとう

今日も、いいことありました。

今日も神様、願いをかなえてくれました。

私の願った通りになりました。

ありがとう。

ありがとう。

また今日も。


こんな時間になりました。

いよいよ、連投記録が危うくなってきましたね。


今日も素敵な一日でした。

その事を書こうと思ったら、PC繋がらず。

繋げられず。

スマホがなかったら、アウト。


『独身貴族』みてますか?

泣けますね。

今日は、北川景子さんをみたあと、鏡をみないようにしましたよ。

自分の姿をみて、泣いたのではありません。

ストーリーで、泣けたのです。


すぐ泣けるのは、更年期らしい。

今日は、JUJU の曲をバックに、母に捨てられた子猿が自分と同じ背丈のリラックマを、母親がわりに抱いている後ろ姿をみて、泣けました。

一日二回も、泣きました。


何もないより、いいなあと思います。

更年期もいいですね。

生きている感じがします。

皆さんは、今日、涙しましたか?

手作り化粧水のお話

少し前から、手作り化粧水を使っておりました。

それは、友人が作ってくれたもの。

これからは、自分でつくろうと、材料を買いそろえました。


しかし、材料がそろう前に、作ってもらった化粧水がなくなってしまいました。

私は、普段、お化粧をする人ではないですが、まあ化粧水ぐらいはつけていました。

女の人は、いつから化粧水なしではお肌が突っ張るようになったのでしょう?

子どもの時なんて、何にもしなかったのに、今じゃ、何か塗らないと、お肌が砂漠化してしまうのです。

それでも、何とかなるだろうと、

家にある、水をつけて、その辺にあるクリームをぬったり、何にも塗らなかったりする日が、一週間ほど続きました。

私の肌には、なにか吹き出物のようなものができました。

肌の質感が変わったというような感じはしませんでしたが、いい状態とはもちろん思いませんでした。


そして、いよいよ材料がそろい、化粧水を作って、お風呂上がりにたっぷりとぬってみました。

すると、私のお肌は、今まで、水分不足の脱水症状の状態だったようで、どんどんどんどん水分が吸収されていきました。

面白くて、どんどん塗り、最後には、コットンをぼとぼとに化粧水で湿らせてほっぺにぺったりと張り付けました。

自分でつくった化粧水。

ほんのちょっとの水と、ほんのちょっとのグリセリンと、ほんのちょっとの精油たちで、出来上がったものですから、どんどん、惜しみなく使える気がして、たっぷりとお肌につけてあげました。

不思議なもので、友人に作ってもらった化粧水は、特別の初めての香りだ。という印象を受けていたのですが、今回、自分で作る際、友人に作ってもらった時の精油と同じものを使ったのに、自分の匂い!と、なんだか、慣れ親しんだ匂いだという気がしました。

香りに慣れてきたのでしょうか?

私のお肌は、「今まで、飲まず食わずだったのに、今日はなんと贅沢な!次から次と水分がやってくる!」と大喜びしているようでした。

ほっぺに張り付けたコットンをはがして、肌を触ってみると、

あっ!この感触、知ってる!!と思いました。

それは、

エステをした後の、肌触りだったのです。

吸い付くようなお肌。

ベッドに寝転んで、お肌をきれいにしてもらい、人様に水分補給をしてもらうエステも気持ちがいいですが、自分で化粧水を作ってたっぷり補給し、同じ感触が得られるのも、これまた気持ちよかったです。

吹き出物が、一気に治ることはありませんが、お肌には水分がたっぷり入りました。

化粧水がなくなっても、これからはいつでも自分で作れるので、もう、私の肌が砂漠化することはないでしょう。

人生初の、手作り化粧水のお話でした。



100日修行。今日も達成。


<今日の良かったこと>

朝、庭で草抜きやラベンダーをカットしたりしていたら、赤い南天の実がたくさん捨てられていたのを発見し、それを、すべて救い出したこと。

その時に、お鍋にお湯を沸かすため、ガスをつけたままだったことを思い出すことができ、お鍋も無事だったこと。

炊いたかぼちゃが、甘かったこと。

娘が自転車衝突事故にあったけど、打撲と擦り傷で済んだこと。

お客様が、喜んでくれたこと。

温かいお風呂にはいれたこと。






何かが変わったようです

今日は、ネタが二つほどあるのですが、なぜでしょう…最近、ブログを書かなきゃと思うのを忘れて、こんな時間になってしまいます。

日中は、これ書こう とか 思うんですけどね。

200日を過ぎると、もうどうでもよくなっちゃうものなのでしょうか?不思議な感覚です。

二つのネタ。

両方とも、少々時間がかかりそうなので、今からじゃ間に合いそうもありません。

覚えていたら、また日を改めて。


今日も、いろんなことがあった一日でした。

一番うれしかったのは、娘が突然、

「この家族でよかったわ〜〜」と言ったこと。

その家族の中に、私の亡くなった父も入っておりました。

一番、驚いたことは、娘が突然、学校に行く前に一人で洗面所で泣き出したこと。

2階にいた私は、その泣き声で、すっ飛んでおりました。


人生で、初めてできたことが、二つ。

人生で初めての買い物もしましたね。


いろんなことがありますね。毎日。

明日は、どんな日でしょうか?



一言メッセージ

保温ポット 



小さじ4分の1

ダーツ


100日修行。1分筋トレやりました。

あーいそがし。

今日は、しんどくなくいそがしいです(笑)


どうも、ここ最近、一日の中でいろんな感情が味わえるようになっている。

感情のフルコース。

感情を波というのなら、ものすごい荒波。

私は、プロサーファーです。

いや、もしかして、荒れ狂う波を、空に浮かぶ雲の上に寝っ転がってみていると言った方がいいかもしれません。

「さっきは凪いでいたのに、荒れてきたね〜〜」とかなんとかいって。


とにかく、あ〜〜いそがし。


気になったことを、自分がどう思われるとか、これからお互いの関係がどうなるとか、そんなこと気にせずに、おもったままありのまま言ったら、神様がご褒美をくれました。


思ったことは、やるべし。


あ〜〜今日も私は、私を生きている。



100日修行。1分筋トレできました。

すでに習慣になりつつある。

もうひとつ、何か増やせそう。

私もラジオ体操しよっかな?




「生きること」をやっているのだ

200日目の今日、絶対ご褒美があると思っておきました(笑)

今日は、曽爾高原の「お亀の湯」に行くことになっていました。

それだけでも、ビックプレゼントです。

すると、家を出たら、足元に虹が!!

今まで、一度も見たことない虹でした。

(やっぱりご褒美だ!)

温泉に向かう途中、「888」のナンバーをたくさん見かけました。

なんだろな?と思って考えて、3×8 24 あっ虹やんか!と一人で盛り上がり、また虹を見せてくれたのかなと思っておりました。

良い思いばかりをさせてくれるのかと思っていると、道中、いろんなところからメッセージがやってきて、封印していた感情のようなものも現れました。

あらら?今日は、ご褒美のではないのかな?と思っていまして、よく考えました。


あ〜〜そうか〜〜

良い思いばかりをしに来たのではなかったのだよ。

楽しい うれしい 悲しい 苦しい 切ない 辛い いろんな思いを味わいに来たのだよ。

だから、今日はご褒美の日だから、いろんな感情を味わいつくせるようにしてくれているんだよ。忘れていたことを思い出すように。

それが、生きるということだと。

生きている。というとピンとこないけど、

「生きること」をやってるんだと、思うと、何かピンときた(笑)


「こんな思いしたいと思っていないのに!」を思う。

「こんな人生、望んでいなかったのに」を感じる。

ことを、やりに来た。


私たちは、生きることをやっているのだ。


と、そんなことを感じた、200日目の私でございました。


いろんな感情を味わって、私の手持ちのカードは、なかなかいいものがそろっていると思われます(笑)


というわけで、今日もいろいろな感情を頂き、これからおいしいブルーベリーのビールで乾杯しようと思います。

今日も一日つきまくりでした。

ありがとうございました。



千日ブログ200日目。


朝の筋トレやってますよ(笑)

 

あーしんど。

先ほど、自分の姿をみて、大笑いしました。


大笑いがしばらく止まらず、泣き笑い。


あーよく笑った。


自分のからだが滑稽で笑えるなんて。こんな未来想像してませんでした。

感情が振れたからか、その後は娘に八つ当たりの暴言。

笑ったり怒ったり、あーしんど。




一言メッセージ

水道水

倉○まり


100日修行。早くも楽になってきた筋トレ。

靴がよみがえる

高の原イオンで、靴の修理を断られたことが、納得できなかった私。

絶対直してくれる人がいるはずだと、探しました。

そして、伊勢丹の靴の修理を見つけたので、先日京都まで行ってきたのです。

そして、靴の修理屋さんは、一時間ほどで、2足の見捨てられた靴を直してくださいました。

「劣化です」

「買った方が早い」

そういわれた靴が、買うよりももちろん安い値段でよみがえりました。


あきらめなくてよかった。


どうしても、直してほしい靴があるという方は、伊勢丹の靴の修理屋さんに頼んでみてくださいね。


やっぱり、この日は、ついてたんです。


ついていた一日の、京都での出来事でした。



千日ブログ。199日目。

この200日を振り返ると、昨夜が一番書きたくない日でした。

娘に、明後日で200やねん。というと、やめるにしても200まで続けてからやめたら?と、言われました。

で、昨日は横になりながら、スマホで更新。

明日で200。

私はいったいどこに向かっているのでしょうか?

あーしんど。

先ほど、自分の姿をみて、大笑いしました。


大笑いがしばらく止まらず、泣き笑い。


あーよく笑った。


自分のからだが滑稽で笑えるなんて。こんな未来想像してませんでした。

感情が振れたからか、その後は娘に八つ当たりの暴言。

笑ったり怒ったり、あーしんど。




一言メッセージ

水道水

倉○まり


100日修行。早くも楽になってきた筋トレ。

ついていた一日

今日の私は、ついていた。

朝、起きたとき、どこもなにも痛くない。

ついている。

お風呂に入りたいと思ったときに、入ることができる。

ついている。

水が飲みたいときに、水を飲むことができる。

ついている。

朝、パソコンの前に座ったら、何かをした拍子に、リコーダーがコロコロと転がって、机から落下した。

あっと思ったけど、遅かった。

しかし、リコーダーが床に落ちる音がしなかった。

おかしいなと思い、リコーダーが姿を消した先を見てみると、なんと、椅子と椅子の間に、橋渡しをした格好で、リコーダーが落ちずに、いてくれた。

椅子の上に乗っただけなら、こんなに驚かなかったが、橋渡しをした状態なのが、すごい奇跡だと思い、朝から、誰もいない家で一人、

「すご〜〜い!!」といった。


母と12時に駅で待ち合わせをした。

11時55分くらいに出会い、改札を抜けて時刻表を見ると、12時に京都行の急行がくる。

「お母さん、これ知ってて、12時に待ち合わせしようっていうたん?すごいなぁ」

と言いながら、ホームへ。

それでも、12時ごろという約束だったので、12時過ぎてから出会うかもしれず、お互い少し前につくようにきたんだね〜と言い合い、ついてるなぁと言った。

母が、一番前に乗ろう!というので、進行方向一番前のドアから乗車した。

母は座り、私は立っていた。

母の右隣には、きれいにお化粧をしたかわいい人が座っていた。

桃山御陵前を過ぎたあたりで、電車が警笛を鳴らし減速をした。

なにかな?と線路を見ると、人が立っている。

警笛が鳴っているのに逃げない。

電車は止まらない。

まるで、スローモーションのようだ。

男の人はパイプ椅子のようなものをもっている。

線路に挟まって抜けないようなそんな仕草だ。

右側からもう一人、男の人が入ってきて、腕で着ちゃダメ!と×を表しているが、

電車は急には止れない。

止れないまま、近づく。

パイプいすを持っているおじさんも、バツ印をしたおじさんも、間一髪、左右によけた。

しかし、ひょっとしたら、轢いたんじゃないか?と思うほど、ギリギリ。

電車は、少し先でやっと止まった。

電車って、急ブレーキってできないんですね。

電車が、ブレーキをして、乗客がよろめくほどには止らないんです。

すーっと、静かに進み続ける。

目の前で、見た光景は、まるで映画のワンシーンのようでした。

一番先頭に乗ったから見えた一部始終。

運転手さんが、その後無線のようなもので話しているのを聞いていると、おじさんは台車を持っていたらしい。

たぶん、台車の車輪が線路に挟まって取れなくなったのではないでしょうか?

私も、経験があるのです。

ベビーカーの車輪が線路に挟まって、踏切が閉まりかけたこと。

あの時は、本当に生きた心地がしなかった。

母の隣のきれいな人も、一部始終を見ており、二人で、怖かったね〜〜とその後、今の様子を話し始めると、周りの乗客が、私たちの話に耳を傾けているようだった。

みんなが見ていたわけではなかった。私たちだけが見ていたのである。


対向の電車も一時停止し、安全が確認されて、走り出した。

みな無事のようだった。

「先ほどの停車は、線路内に侵入者がいたために停止しました。電車の到着が3分ほど遅れましたことをお詫びします」とアナウンスが流れた。

私たちは、「たった3分だけでよかったな。もしかしたら、脱線して、今頃身動きが取れなくなっていたかもしれないしね…。」と、何事もなく、たった3分しか遅れなかったことを幸運に思った。

電車を降りるとき、きれいなお姉さんと、

「どうぞ、これからもご無事で」とお互い声をかけ別れた。

何事もなく、京都にたどり着いた。

やっぱり、ついている。

それから、しばらく京都で過ごし、河原町四条に向かうべく、バスに乗った。

バスから降りると、またしても驚いたことに、郵便局の出張屋台のようなブースが設けられていた。

私は、前日、切手を買いたいと思っていたのである。

郵便局に行かずとも、郵便局の方から私のところに出向いてくれたような気がした。

ついている。

河原町四条での目的も達成したが、少々時間が長引き、娘の学校の帰宅時間に間に合いそうになかった。

すると、近所の人が、娘を預かってくれるという。

それも、向こうからメールをくださった。

ついている。

これで、慌てて帰らなくてもよい。

私たちは、地下鉄の各駅停車にのって、ゆっくり座って帰宅した。

帰宅してすぐ、娘を習い事に送っていき、自宅に戻ると、メールが入った。

「蟹が来たよ!」

一年に一度楽しみにしている蟹が、やってきた。

うちの家で、蟹パーティ。

蟹の身を、出してくれて、私は食べるだけという、なんとも贅沢な頂き方。

やっぱりついている。


蟹を堪能し、ワインを堪能し、今、何事もなく、ブログを書いている。

やっぱりついている。


これが、たぶん、毎日の出来事。

毎日、何か変わるけど、毎日つきまくっているのだきっと。

だって、今日も生きていた。

やっぱり ついている。



一言メッセージ

日本人形



100日修行、今日もできたよ。












水分摂取の方法

昨日の、アップルパイの会で、ためになる話を聞きました。

それは、水分摂取の方法。

人は、体重が関係してくるとは思いますが、一日に、約2リットルほどの水分を取った方がいいのだとか。

そのことは知っていたのですが、水分なら何でもいいということではありません。

ビールを2リットル飲むのを目標にしている人はいないと思いますが、私は、お茶やハーブティなどでもいいと思っていたのです。

しかし、お茶であっても、腎臓は、濾すという作業をしなければならず、負担がかかるのだとか。

一番いいのは、白湯。

それを、ちびちび飲むのが一番良いらしいです。

それに、食事中に、水分をいっぱいとるのはよくないのだそうで、それは食物を消化しようとしている胃液が薄まるからだそうです。

なるほど、言われてみれば、そうですね。

私は、普段あまり水分を取るほうではないので、食事の時くらい、しっかりと、飲んでおこうと思っていたのです。

あらら、効果なし。

朝、起きたときと、食事と食事の間に、こまめに水分補給をするのが、体にとっては一番いいみたいです。


一日2リットルの水分を取るのがいいと聞いて、食事中や食後にがばがばとお茶やコーヒーなどを飲んでいてはいけません。

そんなことを、教えてもらった昨日。

人と集まって何かをするって、ためになる話がきけたり、ハードルを下げてもらったり、いいことだらけですね。


いろんなことを教えてくださってありがとうございました。


正しい、水分摂取していきたいと思います^^



100日修行。今朝もできました。





アップルパイの会

本日は、アップルパイの会でございました。

簡単にできますよ〜〜というお声に反応し、簡単な作り方教えてください!とお願いし、快諾していただきました。

なちゅらるハウス ハーモニーさんで、パン教室の先生をされている方で、今日はアップルパイだけでなく、パンらんちも頂けるということでした。

何度もうかがったことのあるお宅なのですが、道に迷い、少々遅れて到着すると、パンもランチも出来上がったところでした。

おからハンバーグも、サラダもスープもおいしく、とにかくパンがやっぱりとてもおいしかったです。

きんぴらパン コーンマヨパン シーチキンマヨパン おまめパン たらふくお昼をごちそうになった後、アップルパイ作りが始まりました。


なんというか、とんでもなく面白いアップルパイ作りでした。

簡単にできるレシピがあるのではなく、ご本人がいろいろと省いて簡単にしておられるのです。

ここは、省かないだろうというところを省き、ここは、もっと簡単に手間なくできるよというところに手間をかけている(笑)

焼いている途中、オーブンを2度もあけ、焼き具合を見る。

ありえん(笑)

焼きが足りない時は、フライパンで焼くらしい。

すごい人でした。

しかし、結果、おいしく焼けたのです!

すごい!ほんとに??って感じです。

生地をまとめて、一度も寝かせることなく、すぐにオーブンに入った、アップルパイちゃん。

え?もう私は、焼かれるのですか?と、パイ生地さんは驚いていたに違いありません。


しかし、このようにして今回おいしく焼き上げるところを見せていただいたことは、ハードルをググッと低くして頂いたということです。

このハードルを下げるという行為が、生きていく中で、なかなか難しいというもの。

しかし、今日は、このハードルが、まったく感じられませんでした。


こうしなければならない。だから、なかなか手が出せないと思う前に、行動を起こしている。そんな感じでした。

共に生徒として参加した友人と、すごいな。すごいな。と言い合い、行動を起こさねばならないね。といい、会は終了いたしました。

本当に簡単アップルパイでございました。

レシピを頂きましたが、このレシピが、こんなに簡単になるなんて!というものでございました。

私にも作れそう!と思わせてくれたアップルパイ作り。

大変勉強になりました。

ありがとうございました。



一言メッセージ

パイシート

パチンコ


パ?ということでしょうか? P?

PP1かな?

地震が起きるのかな?


100日修行。筋トレ1分できました。

友人は、ラジオ体操をやると言っていました。

また別の友人は、腹筋と木工のデザイン画を描くと言っていました。

100日修行再び

今日は、友人が誕生日だからランチをプレゼントということで、ごちそうしてもらいました。

そして、話は、100日修行。

第1回100日修行を一緒に始めた友人ですが、この友人は達成ならず。

リベンジ?ということで、もう一度やろうということになりました。

私は、もう辞め時を逃してしまい、もうすぐ200日になるので、ブログ更新は修行になりません。

もう、日常。生活の一部。

この友人が、日常的に毎日しているのは、日の出を拝むことだそう。

毎日朝日が昇るときに、世界平和を祈っているらしい。

すばらしい。

私とは大違いである。

世界の平和を祈るより、自分の心の平和がなかなかやってこない私は、ベクトルが常に自分に向かっている。



「毎日日の出に拝んでいるなんて、すごいやん」というと、これはもう日常で生活の一部で修行にならず。

そやねんな。日常になったら修行じゃないのよね。


友人は、第1回目はヨガをすることでした。目的は体を柔らかくしたいからということで、今回は、ヨガをするのではなく、何か決まった形を一つだけでも行うことにすれば?ということになりました。

それならできそうだと。

私はじゃぁどうしようか…。と考えていると、

100日後、どうなっていたい?と友人が聞いてきたので、考えてみると、

過去最高の体重を更新しそうな勢いなので、そこは何としても阻止したいというのが、私の今の願い。

今まで。臨月の体重になった〜〜と言っていたのですが、臨月を通り越し、出産当日の体重なのです。

あんなに重かった、出産当日。お腹を抱えて歩くのが、大変だったはずなのに、今、いつ生まれるかわからないお腹をずっと抱えているということなのです。

恐ろしや〜〜人間どこまで太れるのでしょうか?

というわけで、私は、朝起きたら、お布団の中で、1分の筋トレをすることに決定。

これなら、毎日できそうです。

それを、ブログに記録するというのはどうでしょうか?

ブログに記録するならば、忘れていた!と思ったときに一分頑張れば間に合います。


ではでは、100日修行再び。

目指すは、修行が日常に変わること。

すると、なんらかの飛躍があるはず。たぶん。

こうして、少しずつ毎日の日課が増えていくといいなぁ。




100日修行。一日目。今日は先ほど1分がんばりました。

できたできた。

今日は11月11日。

今日から何か始めるといいらしいですよ。できれば11時11分に、何かを始めるといいかも。

これを読んだ方で、何か始めようと思っている方。

ぜひ、11時11分に、何かを始めてみてください。

100日後は、2月18日です!






洗濯機さんありがとう

長年、文句も言わず、ほぼ毎日働き続けた洗濯機。

1年ほど前から、水が漏れ続けておりました。

水が漏れているのは、中だけかと思っておりましたが、

今回、洗濯機を取り外して驚きました。

下からも、少しずつ漏れていたようで、防水プレートといいましょうか、そちらに埃と水がまじりあい、まあ大変なことになっておりました。

3年ほど前、一度、洗濯機を動かして、防水プレートを拭いたことがあったのですが、それから一度も動かすことなく、そして、少しずつ水が漏れ続け、埃がたまり…まぁ大変な状態でした。

娘も、これは大変だと、一番汚い排水溝の部分を自ら率先して洗ってくれました。


今朝は、最後のお仕事をこなす洗濯機さんに、「今までありがとう」と声をかけました。


今までの洗濯機さんが、去った後、ドラム式洗濯機君がやってきました。

私は、ドラム式の何がいいのかわからず、今までの形の洗濯機でいいのではないか?と思っておりました。

ところが、乾燥もできる。と聞いて、それはいいかもと思ったのでした。


今年の春、大阪で東北のがれきが焼却処分され、その間は、ずっと部屋干しをしておりました。

まさか、洗濯物が外で干せない日が来るなんて、思ってもみませんでした。


また、そういうことが起こるかもしれません。

と、思い、あまりドラム式の良さのようなものは期待せず、ドラム式が家にやっ来ました。


試運転ということで、少量の洗濯物を入れてスタートをしました。


水がたまるという感じは全くありません。

大丈夫?これでいいの?

そういいながら、娘とドラム式の窓に頭をつけて、中を覗いておりました。

しばらくして、動き始めました。

最初は重さをはかるらしい。

そして、回り始めました。

水がいつの間にか少量入っており、洗濯物が濡れていました。

すると、驚いたことに、洗濯物が2時の方向まで上がったかと思うと、べちゃりと下まで落ちます。

今度は10時の方向まで上がり、べちゃり。

上がっては落ち、また上がっては落ちを繰り返す。

こ、これって…。

まるで、人間の手で洗濯するように、持ち上げて叩き落とす動作を再現しているかのようなのです。

「すごいな!人間がしてるみたいや!」

ふたりでずっと、覗き込みながら、次はどうなる?これからどうする?とわくわくしながら見ていました。

私が少し、その場を離れようとすると、

「まま!まま!一緒に見よう」と腕をつかまれました。

私は、来客がありましたので、途中でその場を離れましたが、娘は、

「ここで勉強する!」といって、小さな台を持ち込んで、勉強を始めました。

乾燥までしてもらうには、2時間かかるのです。

お客さんが来られたので、娘を呼びに行きましたが、勉強の切りがいいところまではここですると言って、出てきませんでした。

お昼ご飯を一緒に食べ、しばらくすると、洗濯ができあがったようで、娘は洗濯機のところまで行きました。

「まま!できてるで」と呼ばれました。

洗濯は、乾燥され、それもしわにならずにふわふわに乾いています。

いったいどうやって乾かしてくれているのか。

また、今度、じっと見ておかねばなりません。

娘は洗濯物を取り出し、

「すぐたためるな」と言って、タオルをたたんでくれました。

あまりに嬉しかったのか、お客さんにタオルをもっていって、こんなになりました。と見せたほどです。


ドラム式に期待していませんでしたが、面白いですね、ドラム式。

人間が洗濯物を洗うような動きを再現するなんて、驚きました。

今までの洗濯機は、どうやって、洗濯していたのかと思うほどです。


娘が座っていた座布団が、汚れていました。

私が、「洗濯しなあかんな」というと、娘は「わーい 洗濯する!」と大喜び。

これから、しばらくは、洗濯大好き娘になっていろんなものを洗ってくれるでしょうか?


一番、洗ってほしいものは、あなたの靴下なんですけど、靴下も手洗いしなくてもきれいになるかな?



洗濯機さん、今までお世話になりました。

ドラム式君が着た途端、ドラム式君の働きに心を奪われてしまいました。

でも、私は、あなたの今までの働きを忘れませんよ。

長い間、ありがとうございました。

お疲れ様でした。















44

昭和44年11月6日に生まれ、今年44歳。

44は、「4あわせ」ということで、幸せらしいのです。

それが、2つもあるこということで、とんでもなく幸せなのです。


44年で、44歳になった皆様。あと、12月生まれまでは、そういうことになりますが、その皆様は幸せが、2つもある状態ということで、大変めでたい。

私も、44になったとたん、とっても嬉しいことが毎日起こっておりまして、これは神様、44になって、なんか本気出してきたな という感じを受けていたのですが、どうやら、本当らしい(笑)

44年生まれで、44歳になった人を、思いっきり楽しませようとする作戦らしいです。

どおりで、毎日、なんかいいことある訳です。


というわけで、44年生まれの方、大いに、44歳のこの1年を楽しんでください。


今日も素敵な1日をありがとうございました。

しふぉんけーき屋さん

昨日は、食品衛生責任者の講習会がありました。

お店から、一人従業員が出席すればいいのですが、うちの場合、私しかいませんので、私が出席することになります。

たまたまかもしれませんが、若い人がいなくて、70人くらい、殆ど年配の方々が集まっていました。

この辺の地域の人は、若くてお店をやっている人が少ないのでしょうか?

そうでもないですよね?

たまたまかな?


昨日の今日ですが、今日はシフォンケーキ屋さんとして、たくさんのケーキを焼いておりました。

久しぶりに、ケーキの匂いが充満しております。

特に、記憶をなくすことなく、ハプニングなく焼き上げることができました。

よかった。よかった。


夕方、帰宅した娘が、

「うわ〜ケーキの匂い、いっぱいや」といい、

「フレーフレーまま!」と言った後、運動会の応援合戦のように笛を吹いて、応援してくれました。

こんなに応援してもらったのは、初めてです。

専属の応援団を従えて、たくさんのケーキが焼きあがりました。


明日、たくさんの人が、喜んでくれるといいなぁと思います。



今日も一日ありがとうございました。



千日ブログ。191日目。


もう修行じゃなくなっております。日課です。

続けるのに難しいことをしないと、修行じゃないですよね?

スクワットも、回数を増やして続けております。

これも、修行じゃないね。

なにしよ。修行。


別に修行しなくてもいいのか^^




記憶障害と生きる

44歳になって、いいことありました。

生協の配達のお兄さんと初めてお会いしましたが、イケメンでした。

これから、毎週楽しみにしよっと(笑)


それから、いいこと思いついたんです。

忘れるから、怖くてできなかった純水つくりですが、今日はいいこと思いつきまして、

水の蛇口をひねってから、タイマーをセットするのではなく、タイマーをセットしてから、蛇口をひねるのです!!

あ〜〜こんな簡単なことが、どうして思いつかなかったのか。

そしたら、もし、水道の蛇口をひねり忘れたとしても、水があふれていろんなものが水没することがありません。

タイマーがなるだけですから。


私は、なんて、かしこいんでしょうか。

44歳は、なかなかいいスタートです。


記憶障害でも、ひらめきはあるんですね(笑)


みなさんも、記憶障害ではないとしても、うっかり物忘れをしてしまう方、わたしが思いついた方法をどうぞ、お試しください。

何のためにタイマーを鳴らしたっけ?とおもうまでは、使えます。この方法。



一言メッセージ

お寺の和尚さん

結着肉

ごちそうさまでした。

今日は、私の誕生日なので、親戚の人が集まって、料亭でご飯食べ大会が行われました。

というのは冗談ですが、親戚が結婚されたので、披露宴によんでいただきました。

いや〜〜素晴らしいごちそうでございました。

鮑を目の前で焼いて食べたのは初めてでした。

海老のお刺身もぷりぷり。思わず、夏の民宿Aコースを思い出しました(笑)

マツタケの土瓶蒸しもいい香り。

今までマツタケがいい香りなんてあまり感じたことはありませんでしたが、44歳の乙女はマツタケの香りがよいと感じましたよ。

今日は夕方歯医者に行かねばならないことは覚えていたのですが、何の遠慮もなしにお酒を頂いてしまいましたので、車で向かわなければならない歯医者には行けませんでした。これくらいのうっかりはありますよね?ない?

夜は、娘が張り切って、私にサーモンのお寿司を握ってくれました。

ケーキも頂き、お土産の赤飯も頂き、今日はごちそうをいっぱいいただく日でした。

どうもごちそうさまでした。


今日のキーワードは、兄弟が一緒に。です。

結婚された奥様が双子を妊娠されたそうで、兄弟が一緒にできるんだなぁと思っておりましたら、今日、夜の9時ごろに、私の兄弟が同時にLINEでメッセージをくれました。

驚きました。

兄弟が一緒に。なにかのメッセージのようですよ。


それでは、みなさん、おやすみなさい。お腹いっぱいで寝ます。

生きてきたんだね

ある人が言いました。

「生きてきたんだね」

体の防衛本能で、記憶障害はやってきた。

そういわれれば、ここのところ、とっても元気。

ゆる〜〜い感じで、いい感じです。


ある人が言いました。

「ありのままでいい」

そうですね。

記憶障害も神様がくれたプレゼントなのでしょう。

ただ、少々、日常生活に支障をきたすのが難点。

娘が切なくて泣いてしまうような物忘れはしたくないです。


忘れないようにカレンダーに書いているんですが、「カレンダーを見る」ということを忘れるんです。今日も忘れて、大慌て。

「カレンダーを見る」と、パソコン画面に張り付けておいたらいいですね。

今、思いつきました。

さっそく、そうしましょう(笑)


というわけで、今日で、43歳最後です。

まるまる44年生きてきたんです。

生きてきたんですね〜〜

えらいね。私。


そういえば、今やってるキムタクのドラマで、

「人間は、生きているだけでいいけれど、物は、役割を果たさなかったら、処分される」というセリフがありました。

生きてるだけでいいって、いいですね。


えらかったね。

生きてきたんだね。


ここに来てくれた皆様も、えらかったね。

生きてきたんだね。







まーのわーる誕生

今日は、ボランティア演奏会の練習日。

そうです、練習日&料理日(笑)

料理教室で習ってきたものを再現。

今日は、ハンバーグお子様ランチの再現でした。

今日もおいしくできました。

いつも料理がメインになっているので、今日は練習してから料理を作り、そして、仕上げの練習をするというタイムスケジュールを決めて活動しました。

演奏曲は、10曲。

タイトルは『世界名曲旅行』

世界のいろんな国のいろんな曲を順番に演奏します。

日本の曲から始まり、ドイツ イタリア フランス オーストリア イギリス アメリカそして、最後にまた日本に戻ってくるという構成。

クリスマス時期なので、クリスマスの曲も入れて考えました。

リコーダーと鍵盤ハーモニカとピアノで演奏します。


今日は、曲目が決まり、パートも決まり、プログラムをどのようにしようか?という話になり、私たちの名前は何にしようか?ということになりました。

何がいいかな?

子どもたちは同い年、ひつじ年の10歳。

親は虎と酉。共通点ないなぁ…

名前は、わたる かおる のぞみ まや

う〜〜ん 何がいい?

と、みんなであーだこーだ言い合っておりました。

すると、娘が

『まーのわーる』といいました。

まや のぞみ わたる かおる

みんなが入ってる!!

それになんとなくかっこいいやん(笑)

というわけで、私たち4人のユニット名は

「まーのわーる」に決まりました。


12月の18日と28日に、デイサービスにお邪魔して演奏します。

ちなみに、ピアノ担当のわたるくんは、先日行われた、スタインウェイコンクールin JAPANの西宮地区大会で、奨励賞を受賞するほどの腕前です。

私が、わたるくんのピアノに聞きほれていますと、娘がやきもちを焼きます。そこで私は、娘のリコーダーは、わたるくんのピアノに負けず劣らず、上手だと、言い聞かせております。

というわけで、すばらしいわたるくんのピアノ、すばらしい娘のリコーダー、そして親たちが、リコーダーと鍵盤ハーモニカでお手伝いするというユニットで、演奏をおこないます。

うちでも演奏して!!という方がいらっしゃいましたら、お知らせください。

よろこんで出張いたします♪











忘却

娘が先日、くもんで二つ目のキーホルダーをもらいました。

国語に続いて、算数も小学校の過程を終了したのです。

それはちゃんと覚えています。

娘が、車の中で、

「ほら、またこれもらった!」とキーホルダーが張り付けてある、固い紙を見せてくれました。ちょっと賞状っぽくなってるのです。

それが、記憶になかったのです。

「前は、キーホルダーだけやったなぁ」というと、

「前も、これにはいってたやん」と言われ、

「でも、ままにはみせてくれてないやろ?」と言ったのですが

「見せたって!!何で忘れたん?ほんまにわすれたん?」といって泣き出してしまいました。

「キーホルダーは覚えてるんやけど、これはほんとに記憶がないねん」というと

娘は泣きながら、

「のんちゃんのことも忘れてしまうんか!!」と言いました。


でも、本当に、まったく覚えていないことは、私が忘れたんじゃなく、相手が勘違いしてるんじゃないかと思えます。

でも、泣くぐらいだから、ほんとに私が忘れたんかなぁ?のんちゃんの勘違いじゃないのかな?

今でもそう思っています。


子どもが、泣き出すような物忘れはしたくないものです。

15年前の今日

15年前の今日。

私は子どもを亡くしました。

人生で初めて、おなかに赤ちゃんがやってきてくれたのに、その子は子宮に到達せず、途中で休憩したかったのか、卵管でストップ。そのまましばらく大きくなってしまったのでした。

今の医学で、何とかならないものなのか?とお医者さんに言いましたが、その辺の組織自体が変わってしまうらしいですね。だから、赤ちゃんだけではなく、卵管もとってしまわないといけないということになりました。

そのあかちゃんは、まだ生きており、生きているのに取り出されなければならず、かわいそうなことをしました。


最近知ったことですが、こういう役割をした赤ちゃんは、一度の人生を経験したとカウントされるのだとか。いろんな事情で、生まれ出てこなかった赤ちゃんは、大きな役割を果たし、そして、次の人生にすすんでいるそうです。

その時は知りませんでしたが、私も、今になって、15年前のこの時期に、こういう経験をしたということが、その後の人生に大きくつながっていたということを知り、どんなことでもその時にはわからなくても、時間がたつとつじつまが合うようになっているのだなぁと思います。

悲しくて、悲しくてどうしようもない出来事も、その経験があるからこそ、次の出来事につながっているのだなぁと思います。

まったく、そのころは知りえなかった人が、同じ時期に自分のはじめての子をなくす経験をしており、同じときに、同じ悲しみを味わっていたんだと思うと、その経験が大切でありがたいことのように思えてきます。

その時は、なんで、自分がこんな目に遭うんだろうなぁと思っていました。

子どもができないだけでなく、一度はできて生まれなかったって、そんなことわざわざ経験させてくれんでもいいのになぁと、思っていました。


あれから、15年か。

どうして、15年前だと覚えているかというと、

手術の後、痛くて「いたいいたい」と言っていたら、

看護婦さんが「29歳でしょ!!」と私を怒ったのです。

29歳でも痛いもんは痛いねん

私は、何日かたって、不満をぶつけ、看護婦長さんが謝りに来たけれど、本人は来ませんでした。

そういえば、私、このころから、鎧を着始めたのかもしれません。

なんやねん!私に文句あるんか!!と、思い始めてた。

こんな目に遭うのも、なんでやねん!と思ったし、周りのすべてに、腹が立っていましたね。

それも、これも、今につながる道だとは、その時には気が付きません。


そんなことを思い出す、今日。

あの子は、今頃、もうどこかで生まれているでしょうか。



毎月、月命日には、お参りしていたのに、その月命日も忘れてしまっておりました。

今日は、命日。

思い出してよかったです。

私がお参りに行かなくなったころに、生まれてるかもしれませんねどこかで。

そうかも。

そうだったら、いいのにな。







あなたが笑顔になるのなら

「まま、前は、ひこにゃんもってきてたやろ」

昨日、娘に言われ、思い出した。

2年前のマラソン大会。

なにか、ふっと笑顔になる応援をしたいと思い、応援旗でも作っとけばよかったと思ったけど、時間がなく、何かないかな?と考えて、ひこにゃんのぬいぐるみをジャケットの中に入れて、もっていき、娘が走るときにジャケットの胸から、ひこにゃんを出して、応援したのだ。

そうそう、そうやった。

去年は何も、もっていかなかった。

けれど、娘はやはり、ひこにゃんのことを覚えており、そのことを口に出した。ということは、今年も何かもっていかねばなるまい。

そう思い、今日のマラソン大会に、ひこにゃんよりもインパクトがあるであろう、ダッフィーとシェリーメイの2体のぬいぐるみを抱えていった。

2体のぬいぐるみは、なかなかの大きさがあるので、ジャケットの中には隠れない。

ディズニーランドでは恥ずかしくないのに、どうして、地元では恥ずかしいのか。

まあ良い、娘が一瞬でも笑ってくれる方が大事である。

私は、ぬいぐるみを抱えて、小学校に向かった。

(とうとうあの人、おかしくならはったんちゃう?)と思われるかもしれないが、実際、もうおかしくなってるんだから気にすることもない。真実だ。

小学校からスタートして、しばらく行ったところで、私は待ち構えた。

そこには、他の応援の保護者はいなかった。

ここは応援の穴場スポットだな。と良い場所を発見して気分がよかった。

子どもたちが走ってくる間、見上げると、きれいなグラデーションに紅葉した木が私を見下ろしている。

思わず、「あーきれい」と口からこぼれた。

どんなに辛くても、苦しくても、きれいなものを見て、きれいと感じることができるのが、人間の強さらしい。

美しさが時には、余計に悲しかったりするけれど。


さあ、走ってきた。

子どもたちの目が、輝いた。

ニコッと思わず、笑みをこぼしながら走る。


ぬいぐるみの効果は絶大だ。


男の子も女の子も、ぬいぐるみを目で確認すると、ニコッと笑う。

え?という顔をする子もいた。


中間ぐらいの順位で、娘が登場した。

娘は、にやけ、「もう〜まま〜またやってくれたな」という顔をしているように思えた。


最後くらいに走ってきた子は、

「あっ!のんちゃんのおかあさん! 人形持ってる!!」と、叫びながら走って行った。

大うけである。


ひこにゃんの時は、ジャケットに隠れるので、隠して、娘だけにわかるように見せたが、今回は、殆どの子が、見たであろう。

全員が走り去ったら、今度は、位置を変える。

ゴールの方へ、向かった。

歩きながら思った。

人を笑顔にさせるというのは、素晴らしいことだなぁと。

お笑いの人ってすごい仕事してるなぁ。

もし私が、お笑い芸人だったら、もっと派手に応援することができるかもしれないなぁ。

あの人、芸人さんだからね。と許してくれるだろう。

そんなことを考えていた。


他のお母さんからの、見て見ぬふりをする視線を何となく感じながら、ゴール付近の最後のカーブに位置した。


ゴール近くの応援では、どの子ももう、必死になっており、私も他のお母さんたちと同じ場所にいたため、目立つように応援できず、ぬいぐるみに気が付いて笑顔を見せる子はいなかった。

唯一、うちの娘が近づいた時には、ぬいぐるみ2体を、頭上に掲げ、「がんばれ!のんちゃん!」と、声をかけると、娘は、こちらを確認するや否や、急にスピードを上げ、目の前のランナーを抜かし、ゴールへ向かって加速していった。

すごいぞ!ダッフィーパワー。


来年は、最後のマラソン大会。

ダッフィーに勝るものを用意しないとな。


今頃、クラスの子どもたちは、娘に何か声をかけているだろう。

今日、帰ってきた娘が、私にどんな声をかけるか楽しみである。

喜ぶか、怒るか。どっちだろう。

母がおかしいせいで、娘がクラスで浮いたりしないことだけが心配である。

今日の結果で、来年の応援グッズを決めようと思う。


覚えていたらね。



一言メッセージ

譜面台



今日もやばかった。マラソンの応援を忘れるところでした。

10時半にスタートで、10時には家を出ようと思っていたのに、気が付いたら、10時過ぎていた。慌てて出ました。時間が気になっていたけど、用事をしていて遅れたのとはわけが違う。ボケボケ日記を始められそうです。

亜麻仁油、一気飲みしなあかんかな(笑)

Profile

image
摩耶
京田辺在住です。

New Entries

Comment

Categories

Archives(1460)

Link

Search

Free