毎日届くギフト

私が、へとへとに疲れて帰ってきた日。

今から米を炊くのか…と、米がある有難さ、水がある有難さ、炊く道具がある有難さにまったく感謝もせず、米を炊かなければならないと思っていた時、今すぐ食べられるものを、いろんな方からいただき、ありがたき幸せを感じた日から、どこかの誰かにしていただいたことを意識してみた。

サンタさんありがとう。

そう思い、暮らしてみると、私の周りには何人ものサンタさんが、ひっきりなしにやってきて、私にいろんなものを届けてくれていることを改めて認識した。

サンタさん〜♪と言い出してから、改めて、私はいつもなにかをいただいて生きているということを感じている今日この頃。

先日は、温泉に連れて行ってもらい(私が連れて行きましたが料金をだしてくれるという結果に)次の日は、晩御飯を食べにおいでと言ってもらうという。

また、最近気になっている、陶器作家さんの連絡先を教えてもらったり、これも自分ではたどり着かなかったことで、すごいギフトが来たと思います。

そして『インナーピース』という初めて聞く言葉を教えてもらったり、けれどそれは、つい最近私が知り合いに話していたことだったりして、あ〜このことをインナーピースというのかと知りました。


これは、たった一人の、サンタさんの仕業ではなさそうで、おんくろだなうの神様とタッグを組んでいるに違いないと思う今日この頃。


改めて意識しなければ、こんなありがたい行為の数々を、『日常』にしてしまい、それほど意識していなかったような気がしてそちらに驚く今日この頃。

「今日空いてる?お茶しない?」と言ってもらえることも、ありがたき幸せで、素晴らしいギフトだ。

帰る家があることも、私が自分が思うことができるということも、私がしたいことに何の制約もないということも、すべてギフトだ。

きっと、自分が気が付いていないだけで、今までずっとギフトを受け取ってきているのだとおもう。ただ、それが自分にとっては当たり前すぎて、『日常』になっているだけで。

私にとっては、『夫婦喧嘩をする』というのは美しい行為で、あこがれの一つだ。

夫婦喧嘩をしてみたかった。

意見交流と言おうか、意見のぶつけ合いと言おうか。

そういうことも、日常でやっている方々には、何を言ってるのだろうと思われるかもしれないが、それがとても美しいクリエイティブな行為だということにぜひ、気が付いていただきたい。

そういうことができるのもギフトだ。


この世は、贈り物だらけで成り立っているのか。


悲しい出来事もギフトにさえ思えてくる。

こんなに悲しい思いを経験することができたなんて。

たぶん、人生に良い悪いは無くて、魂をどれだけ震わせたかということなんだと思う。

とてもうれしいこともとても悲しいことも、魂の震えるふり幅みたいなものは同じなような気がする。

一番、つまらんのは、魂が揺さぶられない状態だと思う今日この頃。

魂を揺さぶられながら、そこで、しっかり立って自分を見つめることができたら、心は平和だ。


さあ 今日のギフトも、しっかり受け取りましょう。

あなたのところにも、きっと毎日届いています。

今の瞬間も。

のんちゃん レベルの違いを実感する の巻き

みなさま お久しぶりでございます。

フルタイムで働くというのは、なんと疲れるのでしょうか。

家に帰りつくのが、夜八時。

八時まで残業をしているのではありません。

5時過ぎには帰宅するのですが、家に足を踏みいれる間もなく、娘の習い事への送迎がまっており、習い事をしている時間に、外での用事を済ませ、そして娘を連れて帰宅する。

すると、八時になるのでございます。

帰ると、ありがたいことに娘がお風呂掃除をしていてくれるので、私はご飯を温める。

朝につくっていたものを温めるのです。

私が使ったお弁当箱を、娘が出してくれて、お水につけてくれたりして、お互い協力しあって帰宅後の時間を過ごし、そして、夕食。

9時にお風呂に入るのを目指しております。

10時にはお布団に入ってほしいですが、なかなか。

娘は風呂から上がってから、学校の宿題をしたりするので、なかなか、10時には布団に入れない状態です。

私は、お風呂で必ず眠ってしまい、そして、上がってきてから、夜の部がスタートするというような毎日を過ごしております。

情けないことに、疲れていると、娘にあたるということも久々に体験し、娘が小さいころのイライラしていた状態を思い出しました。

あの頃の私、疲れていたんだなぁと、今になって思っております。

ご苦労様でした。あの頃の私。


と、これは前置き。


いろいろありまして、去年5月から通っておりました、個別指導塾を退会し、くもんと寺子屋だけで、行こうと思っておりました矢先、友人が通っている、駅で二駅のところにある塾の無料体験があるというので、行ってきました。

まず1回目は試験を受けて、説明を受けたのですが、娘は試験問題が難しかったということで、テンションダダ下がりで、通う気はなくなったようでした。

それでも体験授業は受けてみたいといい、先日の金曜日に体験してきました。

娘の授業が終わるころ迎えに行き、先日案内をしてくれた先生に、

私が送ってこれないので、通わせるのは難しいということを伝え、

娘がよっぽど、今受けている授業が気に入り、自分一人でも電車に乗って通いたいと言い出さない限り、入塾はしないと思います。ということを伝えておりました。

そんな話をしてしばらくして、娘が教室から出てきました。

「どうやった?」

「難しかった〜〜〜」

「ほな どうする?やめとこか」

「やりたい!」

「はぁ???」

驚きました。


娘が教室から出てきたら、お礼を申し上げて、失礼する予定でした。

「??難しかったんやろ?やりたいの?まま送ってこれへんねんで。自分で電車に乗ってこなあかんねんで?」

「うん」

「それでも、きたいの?」

「うん」

どうしても理由がわからず、なぜ行きたいのか、問いただしました。

すると、今日は、ここの塾生と体験の子を合わせて、10人の生徒が授業を受け、グループに分かれて子ども同士で考える時間があったらしい。
その時、塾生はものすごく賢かったらしい。

「あのな…なんていうのかな??レベル??レベルっていうのかな?それが全然ちがってな」と話してくれました。

「だから、のんちゃん、ここにきたらできるようになるかなとおもうねん」


天晴れです。


この理由に天晴れ。


この日、もし万が一、どんでん返しがあって、塾に通いたいというかもしれないからということで、申込書に必要事項を書いていったのですが、まさか本当にどんでん返しがあるなんて!


帰りの車の中で、娘のその意欲をものすごく褒めて褒めて褒めたおし、

「京都大学に行くことが目的じゃないねん。そうやって目指して頑張るというのが素晴らしいねん。実際行けるかどうかなんて、わからんやん。でも目指して頑張るのは決して無駄にはならへん。のんちゃんはもうそれができてるなぁ。すごいなぁ」と褒めたおし(笑)

家に帰っても、褒めたおしたので、娘の心ウキウキも最高潮に達し、

「ドラム叩くわ!」と言い出す始末。

今まで自分から家で練習したことなんて殆どありません。


なんということでしょう〜〜


娘のドラムは、驚くほど上達しており、アレンジしてうわ〜〜〜〜っと叩くではありませんか!!

なんやそれ!!!!!

そんなん叩けるようにいつのまになってたんや!!!!

と、ここでも、ものすごく褒めて褒めて褒めたおし。


娘は最高に褒められる夜を過ごすこととなりました。


かわいいのは、

「まま 抱っこ」

そういって抱き付いてきて、私に頭を撫でてもらって喜んでおりました。


次の日の朝、起きてくるなり

「のんちゃん 昨日、すごかった?」といい、にっこり笑顔を見せてくれました。



こどもって、褒めて褒めて褒めたおすと他のことも頑張れる生き物なんですね。

自信がなかったドラムを叩いて見せようと思うのですから、すごいことです。


レベルという言葉もはっきり知らなかったような娘ですが、自分のレベルを思い知らされ、それでもわかるようになりたいと思える意欲に脱帽でした。


中学の制服を採寸した日の記念ブログでございました。





Profile

image
摩耶
京田辺在住です。

New Entries

Comment

Categories

Archives(1460)

Link

Search

Free