話し方

我が家では、朝、主人が出勤するとき、手をパチンと合わせて、

「いってらっしゃい」の 挨拶をしている。

右手と右手 あわせて パチン

娘が一回。 私が一回。

しかし、今朝、

主人が、「行ってくるよ〜〜」といったら、

娘が、コタツに入ったまま、たまごっち を 触りながら、

主人の顔もみず、「うん」と答えた。

私は、娘に、「その挨拶の仕方はなに?」と、少々強い口調で言った。

娘は すぐにたまごっちを おいて

いつもどおり、パチン と手を合わせて、いってらっしゃいの挨拶をした。



5分ほどたって・・・・


「まま さっきの いいかた いやなきもちした」

といい始めた。

私は、「ちゃんと挨拶してなかったからやん」 と いったら、

娘は、そうじゃないんだ ということを 言葉を捜して、話してくれた。

自分の態度がわるかった。

そんなことは、娘は、わかっているのだ。

娘が 言いたいことは、私の話し方に 問題があるということなのだ。

そのことを、言葉を捜しながら、話してくれる。

「この・・・きもちがな・・・・いやなきもちになるねん・・・・」


「ままの 言い方がきついから、その言い方はやめてといってるんやな。

  ままが悪かったわ。

  もっと、優しく、『そんな挨拶の仕方は おかしいよ』といったら、

  よかったんやな。ごめんな。」と、謝った。


娘は、自分が注意された内容は、間違っていないが 言い方に問題があると、指摘してくれたのだ。

5歳の娘に 教えられる毎日。

話し方は 大事です。

2009/01/20(Tue) 12:57:30 | 日記
Tittle: Name:

Profile

image
摩耶
京田辺在住です。

New Entries

Comment

Categories

Archives(1460)

Link

Search

Free