折紙

娘は、折紙を綺麗に折りたいらしい。

折り方を、教えてくれ と、いうので、教えるが、きっちり、折り目をつけるということをしないので、だんだんずれて、最後の仕上がりが、美しくない。

美しくないことに、気が付かなければいいのに、そこに、気が付いて、

「きれいにおれへん!!」と、イライラする。

私は、思わず、

「綺麗におらへんから おれへんのや!綺麗に折ったら、綺麗に折れる。自分がしたようになるんや。綺麗に折ったのに、綺麗じゃないなんてことはない。」と、

わかるような、わからんような、早口言葉か?と思うような、説明をした。

説明をしながら、どこかから、

「自分の今は、自分がしてきた結果で、してきていないことは、結果として現れない。」と、自分に誰かがいっているような気がした。

娘にいっているようで、その言葉、そのままお返しします。という感じだ。

そうおもったら、少々、娘に丁寧におしえてやろうという気になり、

「きっちり、おって、指で折り目を押さえていくんやで・・・」と、いいながら、折ってやった。

「ほらな。綺麗に折ったら、綺麗になるやろ?」と、私はいった。

(はい。そのとおりです・・・)と、私が、心の中で、返事をした。
2009/01/31(Sat) 00:18:15 | 日記
Tittle: Name:

Profile

image
摩耶
京田辺在住です。

New Entries

Comment

Categories

Archives(1462)

Link

Search

Free