12歳になった娘

2003年2月16日。13時31分。

3日間の陣痛の末、生まれてきてくれた娘ちゃん。

私の第一声は「はじめまして〜」でした。

あれから、12年。


一人っ子で12歳になった娘さん。

【おぼこい】という言葉がぴったりな娘に成長しているようにおもいます。

いまだに、父親とお風呂に入り、抱っこされてお布団に寝かされるという生活をしており、これはいつまでやるんやろ?と私は少々冷ややかに見ております。

私自身は小さい家に暮らしており、幼いときなんて自分の部屋がもらえるなんて夢のまた夢でしたが、娘に至っては3年生の頃に部屋を設えましたが、特に部屋で過ごすことはなく、一応ここが部屋ですよという状態になっておりました。

12歳になったから、もう中学生だからというくくりで、けじめをつけさせるということはせず、こうなったら、どこまで、甘えちゃんで過ごすのか見てみたいという気持ちが私のなかでいつしか芽生えておりました。


12歳記念旅行の鈴鹿サーキット。ここ3年ほどは毎年鈴鹿なのですが、今年はもうすぐ着くというときになって、

「兄弟もいないのに、こんな大きい人が来てるかな?」と言い出しました。

一人っ子なのに。小さい子のお付きで来てるわけじゃないのに…という意味なのです。

ひえ〜〜そんなん思うんか!!自分で行きたいと言い出しておいて(笑)

去年には聞かれなかった言葉です。


そして、数日後には突然。

「ままぁ のんちゃん 中学生になったら、自分の部屋で寝るようにするわ」

お〜〜こんな感じで?急に?こんな風に宣言して一人で寝るようになるのか〜

そう宣言してから、間もなく、私が帰宅するといつもの部屋に娘の姿がなく、どこに行ったのか?今日は塾も何もないはずなのにと思っていると、2階から物音が聞こえてきて、降りてくる娘。

なんと2階の自分の部屋で勉強していたというのです。

なんとなんと。

トイレに行くのが怖いと言って、室内用小さい三輪車にのってトイレまでの廊下をすっ飛ばしていっていた娘が、2階でひとりで勉強?

アメージング✨


また、今まで塾の送り迎えをさせていただいておりましたが、そちらの方も自分で自転車や電車で行ってくれるようになりました。

アメージング✨


小学校を卒業するとき、記念に旅行に行こう!と前から言っていたのに、子供会のボーリングと重なったと言って母親をふる12歳。

娘は確実に親と一緒じゃなくてもいいという世界に突入しています。


こうやって、だんだん親の元を離れていくのですね。


もう、私と一緒に寝て

「まま シンデレラのお話して〜」と言われることはないんやろなぁ…と思っていたら、つい先日、一緒に寝る機会があり、「シンデレラのお話して〜」と言われました。

毎日毎晩言われていた時は、また?たまには違うお話はあかんのかい?と思っていましたが、もう、言われることもないと思っているとうれしいものでした。

しかし、以前と違うのは、お話をはじめてすぐにお互いが眠ってしまったこと。

いつも舞踏会に行くあたりまではお話できていたのに、今回は舞踏会の案内も受けとらない間に夢の中へ。

お互い昔よりも疲れております(笑)


またいつかお布団に入ってお話をしてほしいと言ってくれる日があるでしょうか?

終わりが近づいていると思うと、またかよ!と思う気持ちがなく、何度でもお話をしてあげるよという気持ちになるから不思議です。

いつが最後になるかわかりませんが、もうこの間が最後だったかもしれないですが、今度もしお話をせがまれたら、シンデレラが王子様と幸せになるまで、お話してあげようと思います。

【子どもにお話をせがまれるという幸せ】を私に経験させてくれた娘さん。

【塾に送って〜と言われる幸せ】

【トイレついてきて〜と言われる幸せ】

いろんな幸せを私に経験させてくれた娘さん。

今度は、また別の幸せ頂戴ね(笑)

毎日届くギフト

私が、へとへとに疲れて帰ってきた日。

今から米を炊くのか…と、米がある有難さ、水がある有難さ、炊く道具がある有難さにまったく感謝もせず、米を炊かなければならないと思っていた時、今すぐ食べられるものを、いろんな方からいただき、ありがたき幸せを感じた日から、どこかの誰かにしていただいたことを意識してみた。

サンタさんありがとう。

そう思い、暮らしてみると、私の周りには何人ものサンタさんが、ひっきりなしにやってきて、私にいろんなものを届けてくれていることを改めて認識した。

サンタさん〜♪と言い出してから、改めて、私はいつもなにかをいただいて生きているということを感じている今日この頃。

先日は、温泉に連れて行ってもらい(私が連れて行きましたが料金をだしてくれるという結果に)次の日は、晩御飯を食べにおいでと言ってもらうという。

また、最近気になっている、陶器作家さんの連絡先を教えてもらったり、これも自分ではたどり着かなかったことで、すごいギフトが来たと思います。

そして『インナーピース』という初めて聞く言葉を教えてもらったり、けれどそれは、つい最近私が知り合いに話していたことだったりして、あ〜このことをインナーピースというのかと知りました。


これは、たった一人の、サンタさんの仕業ではなさそうで、おんくろだなうの神様とタッグを組んでいるに違いないと思う今日この頃。


改めて意識しなければ、こんなありがたい行為の数々を、『日常』にしてしまい、それほど意識していなかったような気がしてそちらに驚く今日この頃。

「今日空いてる?お茶しない?」と言ってもらえることも、ありがたき幸せで、素晴らしいギフトだ。

帰る家があることも、私が自分が思うことができるということも、私がしたいことに何の制約もないということも、すべてギフトだ。

きっと、自分が気が付いていないだけで、今までずっとギフトを受け取ってきているのだとおもう。ただ、それが自分にとっては当たり前すぎて、『日常』になっているだけで。

私にとっては、『夫婦喧嘩をする』というのは美しい行為で、あこがれの一つだ。

夫婦喧嘩をしてみたかった。

意見交流と言おうか、意見のぶつけ合いと言おうか。

そういうことも、日常でやっている方々には、何を言ってるのだろうと思われるかもしれないが、それがとても美しいクリエイティブな行為だということにぜひ、気が付いていただきたい。

そういうことができるのもギフトだ。


この世は、贈り物だらけで成り立っているのか。


悲しい出来事もギフトにさえ思えてくる。

こんなに悲しい思いを経験することができたなんて。

たぶん、人生に良い悪いは無くて、魂をどれだけ震わせたかということなんだと思う。

とてもうれしいこともとても悲しいことも、魂の震えるふり幅みたいなものは同じなような気がする。

一番、つまらんのは、魂が揺さぶられない状態だと思う今日この頃。

魂を揺さぶられながら、そこで、しっかり立って自分を見つめることができたら、心は平和だ。


さあ 今日のギフトも、しっかり受け取りましょう。

あなたのところにも、きっと毎日届いています。

今の瞬間も。

のんちゃん レベルの違いを実感する の巻き

みなさま お久しぶりでございます。

フルタイムで働くというのは、なんと疲れるのでしょうか。

家に帰りつくのが、夜八時。

八時まで残業をしているのではありません。

5時過ぎには帰宅するのですが、家に足を踏みいれる間もなく、娘の習い事への送迎がまっており、習い事をしている時間に、外での用事を済ませ、そして娘を連れて帰宅する。

すると、八時になるのでございます。

帰ると、ありがたいことに娘がお風呂掃除をしていてくれるので、私はご飯を温める。

朝につくっていたものを温めるのです。

私が使ったお弁当箱を、娘が出してくれて、お水につけてくれたりして、お互い協力しあって帰宅後の時間を過ごし、そして、夕食。

9時にお風呂に入るのを目指しております。

10時にはお布団に入ってほしいですが、なかなか。

娘は風呂から上がってから、学校の宿題をしたりするので、なかなか、10時には布団に入れない状態です。

私は、お風呂で必ず眠ってしまい、そして、上がってきてから、夜の部がスタートするというような毎日を過ごしております。

情けないことに、疲れていると、娘にあたるということも久々に体験し、娘が小さいころのイライラしていた状態を思い出しました。

あの頃の私、疲れていたんだなぁと、今になって思っております。

ご苦労様でした。あの頃の私。


と、これは前置き。


いろいろありまして、去年5月から通っておりました、個別指導塾を退会し、くもんと寺子屋だけで、行こうと思っておりました矢先、友人が通っている、駅で二駅のところにある塾の無料体験があるというので、行ってきました。

まず1回目は試験を受けて、説明を受けたのですが、娘は試験問題が難しかったということで、テンションダダ下がりで、通う気はなくなったようでした。

それでも体験授業は受けてみたいといい、先日の金曜日に体験してきました。

娘の授業が終わるころ迎えに行き、先日案内をしてくれた先生に、

私が送ってこれないので、通わせるのは難しいということを伝え、

娘がよっぽど、今受けている授業が気に入り、自分一人でも電車に乗って通いたいと言い出さない限り、入塾はしないと思います。ということを伝えておりました。

そんな話をしてしばらくして、娘が教室から出てきました。

「どうやった?」

「難しかった〜〜〜」

「ほな どうする?やめとこか」

「やりたい!」

「はぁ???」

驚きました。


娘が教室から出てきたら、お礼を申し上げて、失礼する予定でした。

「??難しかったんやろ?やりたいの?まま送ってこれへんねんで。自分で電車に乗ってこなあかんねんで?」

「うん」

「それでも、きたいの?」

「うん」

どうしても理由がわからず、なぜ行きたいのか、問いただしました。

すると、今日は、ここの塾生と体験の子を合わせて、10人の生徒が授業を受け、グループに分かれて子ども同士で考える時間があったらしい。
その時、塾生はものすごく賢かったらしい。

「あのな…なんていうのかな??レベル??レベルっていうのかな?それが全然ちがってな」と話してくれました。

「だから、のんちゃん、ここにきたらできるようになるかなとおもうねん」


天晴れです。


この理由に天晴れ。


この日、もし万が一、どんでん返しがあって、塾に通いたいというかもしれないからということで、申込書に必要事項を書いていったのですが、まさか本当にどんでん返しがあるなんて!


帰りの車の中で、娘のその意欲をものすごく褒めて褒めて褒めたおし、

「京都大学に行くことが目的じゃないねん。そうやって目指して頑張るというのが素晴らしいねん。実際行けるかどうかなんて、わからんやん。でも目指して頑張るのは決して無駄にはならへん。のんちゃんはもうそれができてるなぁ。すごいなぁ」と褒めたおし(笑)

家に帰っても、褒めたおしたので、娘の心ウキウキも最高潮に達し、

「ドラム叩くわ!」と言い出す始末。

今まで自分から家で練習したことなんて殆どありません。


なんということでしょう〜〜


娘のドラムは、驚くほど上達しており、アレンジしてうわ〜〜〜〜っと叩くではありませんか!!

なんやそれ!!!!!

そんなん叩けるようにいつのまになってたんや!!!!

と、ここでも、ものすごく褒めて褒めて褒めたおし。


娘は最高に褒められる夜を過ごすこととなりました。


かわいいのは、

「まま 抱っこ」

そういって抱き付いてきて、私に頭を撫でてもらって喜んでおりました。


次の日の朝、起きてくるなり

「のんちゃん 昨日、すごかった?」といい、にっこり笑顔を見せてくれました。



こどもって、褒めて褒めて褒めたおすと他のことも頑張れる生き物なんですね。

自信がなかったドラムを叩いて見せようと思うのですから、すごいことです。


レベルという言葉もはっきり知らなかったような娘ですが、自分のレベルを思い知らされ、それでもわかるようになりたいと思える意欲に脱帽でした。


中学の制服を採寸した日の記念ブログでございました。





ままの感情ありがとっ!

なんだかなぁ…という出来事があった。

娘が通う個別指導塾の冬期講習に申し込んだのだが、時間割をもらえず、冬休みが終了するということに。

いったいいつになったら時間割をくれるのかと、電話をするも正月休みに入っており、もう、冬休みが終わるという日になって、謝罪されたがこれを後の祭りと言わずなんというのか。

教室の担当の先生にメールを送っても、メールの返信が来ないので、本部あてに送るようになっているクレームのハガキを送った。

そんなことがあったとき、友人が通う塾が2月から新しい学年のスタートになるという話を耳にし、タイミングがいいので説明会に参加した。

娘は実力テストを受ける。

私は説明を聞く。

説明の時、アンケートがあり、志望高校を書くところがあったので、堀川高校と城南高校と書いておいた。

目指すのはどこだっていい。

説明してくれるはずの担当の先生が、前の時間の説明が長引いているとかで、私を待たせる時間が申し訳ないと思われたのか、説明担当ではない先生が、間を持たせるために簡単な説明をはじめてくれた。要するにつなぎ。

ところが、この先生が、志望高校の部分を目にすると、鼻で笑った。

今の笑いは、どういう意味ですか?と、口から出そうになったが、グッと堪えた。

担当の先生が来られた、その先生は志望校のところで、笑わなかった。

事務の女の人も笑わなかった。


約一時間の試験を終えた娘が、部屋に戻ってくると疲れ切った表情だった。

そして、テストの点数が、国数ともに、50点前後。

いったい何点満点ですか?と思わず聞いた。

しかし「入塾していただけます」ということだった。

いったい、何点だったら、入塾できないのだろう。

これでも、できているらしい。

まあ、一人でも入塾させる方が塾にとってはいいものね。


娘は試験が難しくて、あまりいい印象を持たなかったみたい。

塾の体験をしたわけではないけれど(笑)

私も、さっきの鼻で笑ったのがどうも気になる。

馬鹿にされたわけではないのだけれど(笑)


家路に向かう車の中で、どうや?通いたいか?というと、特に通いたいと思わないのだそう。無料体験だけ1回行くという。


帰宅して、例の冬期講習すっぽかし塾の本部から連絡が来た。

一月分の月謝が戻ってくるのなら今すぐ辞めさせたいことを伝えると、戻ってくるのだそうで、娘に確認してみたら、やめてもいいということで、本人もそんなに未練はない様子。

祝塾卒業。

そして、試験を受けた塾も通う気はないということで、結局一つ塾を辞めるという状態になりました。


すると、娘は、

「ままの感情ありがとっ!」と。

私が、怒らなければ、そのまま塾に通い続けていたけど、私の棘の先っちょにひっかかったものだから、今回塾を辞めることになった。

それが娘にとってはうれしいことだったのです。

自分から行きたいと言って通っていたけど、やめたかったんかね?


まあ、私の棘に感謝されるとは思ってなかったので、驚きました。


私が私の感情を素直に出すことで、娘を喜ばせることになったとは!

無理したわけではなく、素直に出しただけのなので、私のありのままを「よし」と言ってもらえたようで、嬉しかった。


「感情ありがとう」

なんとすごい言葉なんだろう。


こんな言葉を、私は誰かに届けることがあるだろうか?












Profile

image
摩耶
京田辺在住です。

New Entries

Comment

Categories

Archives(1460)

Link

Search

Counter

1326608